飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド 2017年 M1、M2シリーズ 発表

更新:

2017年モデルM1シリーズ、M2シリーズの紹介です。前作2016年モデルと同様にカーボンを採用しており、低重心+低スピン+弾き感強めなドライバーとなっています。

テーラーメイド M1シリーズ 2017年モデル

M1シリーズは、フェアウェイウッド、ユーティリティ(ハイブリット)の方にも、移動式ウェイトが搭載されています。前作よりもカーボン使用量を増やして、更に低重心となっているようです。主にはソール側のトゥ側周辺にカーボンを採用しているとのことです。ドライバーのヘッド体積は、460cc と 440cc があるとのこと。

 

テーラーメイド M1 440 ドライバー 2017年モデル

ロフト角

  • 9.5度

装着シャフト

  • TM1-117
  • ATTAS Punch6

TM1-117 シャフトスペック

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 バランス 調子
S 4.1 57 312 D2 中調子

 

テーラーメイド M1 460 ドライバー 2017年モデル

ロフト角

  • 9.5度
  • 10.5度

装着シャフト

  • TM1-117
  • ATTAS Punch6

TM1-117 シャフトスペック

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 バランス 調子
S 4.1 57 312 D2 中調子
SR 4.5 55 310 D2 中調子

 

テーラーメイド M2シリーズ 2017年モデル

M2シリーズの方は、M1シリーズに比べると非常にシンプルな印象です。ドライバーは、後方にウェイトが配置されていますので、重心深度が深いのかもしれません。フェアウェイウッドは、ウェイトがフェース寄りとなっていますので、浅重心でスピン量が少ない弾道が打てそうです。ドライバーのヘッド体積は460ccとのこと。

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル

M2ドライバー2017年モデルは、全体的なバランスが良く、誰が打っても飛距離アップを感じさせてくれる優秀なドライバーです。

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン