飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド 2017年 M1、M2シリーズ

更新:

2017年モデルM1シリーズ、M2シリーズの紹介です。前作2016年モデルと同様にカーボンを採用しており、低重心+低スピン+弾き感強めなドライバーとなっています。

テーラーメイド M1シリーズ 2017年モデル

M1シリーズは、フェアウェイウッド、ユーティリティ(ハイブリット)の方にも、移動式ウェイトが搭載されています。前作よりもカーボン使用量を増やして、更に低重心となっているようです。主にはソール側のトゥ側周辺にカーボンを採用しているとのことです。ドライバーのヘッド体積は、460cc と 440cc があるとのこと。

 

テーラーメイド M1 440 ドライバー 2017年モデル

ロフト角

  • 9.5度

装着シャフト

  • TM1-117
  • ATTAS Punch6

TM1-117 シャフトスペック

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 バランス 調子
S 4.1 57 312 D2 中調子

 

テーラーメイド M1 460 ドライバー 2017年モデル

ロフト角

  • 9.5度
  • 10.5度

装着シャフト

  • TM1-117
  • ATTAS Punch6

TM1-117 シャフトスペック

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 バランス 調子
S 4.1 57 312 D2 中調子
SR 4.5 55 310 D2 中調子

 

テーラーメイド M2シリーズ 2017年モデル

M2シリーズの方は、M1シリーズに比べると非常にシンプルな印象です。ドライバーは、後方にウェイトが配置されていますので、重心深度が深いのかもしれません。フェアウェイウッドは、ウェイトがフェース寄りとなっていますので、浅重心でスピン量が少ない弾道が打てそうです。ドライバーのヘッド体積は460ccとのこと。

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル

M2ドライバー2017年モデルは、全体的なバランスが良く、誰が打っても飛距離アップを感じさせてくれる優秀なドライバーです。

 

関連記事

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン