飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイドの古いドライバー打ち比べ

更新:

テーラーメイド バーナー スーパー ファスト、ジェットスピード、SLDR S ドライバーを打ち比べてみたのでレビューを紹介します。

 

テーラーメイド の ドライバー打ち比べ

今までにテーラーメイドのドライバーを何種類か打ったことがありますので、その感想まとめです。けっこう昔のドライバーもあったりしますが、テーラーメイドのドライバーの歴史を知ることも出来ますね。

テーラーメイドのゴルフクラブは中古ショップなどでは種類が豊富ですから良いですね。自分が使い慣れたドライバーの予備ドライバーを見つけるにも色々な指標を元に探すことが出来ます。

バーナーシリーズ

今までに色々なドライバーを打ってみましたが、最も飛ぶなと感じたのがバーナーシリーズ の バーナースーパーファスト 2.0J RED と ジェットスピード ドライバーです。理由としてはシャフトが長尺でデカヘッドが重いからです。やっぱり、シャフトは長い方が飛ぶとは思いますが、インパクトにバラつきがあるというのが難点ですね。フェースの真ん中にヒットしたり、トゥ側にヒットしたりと、打点にバラつきがあります。ですが、長尺でデカヘッドはやっぱりヘッドスピードが速くなった感じがするのと、ボールに与える衝撃というかエネルギーが大きいように感じます。

写真の手前の白いヘッドから・・・バーナー スーパーファスト 2.0J ドライバー RED、ジェットスピード・ドライバー、SLDR S ドライバーです。

 

スポンサーリンク  

バーナー スーパーファスト 2.0J ドライバー RED


写真:GDOギアカタログ

けっこう良いシャフトが挿してあるんですよね。フブキです。フレックスは S でも R でも、シャフトにはかなり撓りを感じます。しかも先調子となっており、ヘッド側が大きく撓ります。だからこそ、ボールを上げやすいと思うのですが、シャフトの撓りが大きいので不安になる人も居るかもしれませんね。

スライスしやすい?

このドライバーは、ちょっと変わった特徴がありまして、ゆったりと振ると良い当たりが出ます。強く振りに行くとスライスしか出ません。もしかしたら、シャフトが柔らかすぎて撓り戻っていないのかもしれません。それと、長尺シャフトの宿命なのですが、フラットな構えとなっているので、それもスライスを誘発する原因になっているのかも。

ヘッドはシャロータイプで白色のヘッドが大きく見えるので、460cc以上あるように感じます。

  • シャフト:BURNER SUPERFAST FUBUKI 50
  • ロフト:10.5°
  • フレックス:R
  • シャフト長さ:46.25インチ

 

 

ジェットスピード ドライバー


写真:GDOギアカタログ

バーナー スーパーファスト 2.0J ドライバー RED と 殆ど変わりません。ジェットスピードの方がモデルとしては新しいので、革新的な仕組みが取り入れられているとは思うのですが・・・バーナー スーパーファスト 2.0J ドライバー RED と 変わりませんね。少しだけスピン量が少なくなったのかなという感じです。

  • シャフト:TM1-214
  • ロフト:10.5°
  • フレックス:R
  • シャフト長さ:46.25インチ

 

 

SLDR S ドライバー


写真:GDOギアカタログ

SLDRドライバーの後に登場した SLDR S ドライバーは白ヘッドでカジュアル感がありますね。ソール側にはドロー・フェードの弾道調整機能が取り付けられています。ウェイトをスライドさせるタイプです。SLDRドライバーよりもボールは上がりやすくなっているので、ロフトアップはしなくても良いのではと思ってしまうほどボールが上がりやすいです。ロフトアップをして逆に飛距離を損してしまっているような気が・・・。私が打ったのはロフト11°ですが、一般的な男性であればロフト10°が良いと思います。

飛距離はアレですが、とても打ちやすいドライバーだと思います。全体的なバランスが良いんでしょうね。私の場合はウェイトを2目盛り分ドローにして真っ直ぐに飛ぶという感じですので、捉まりが良いドライバーではないでしょうね。一発の飛びは無いものの大きなミスもしないという安定したショットが打てるドライバーだと思いますし、とても構えやすさを感じました。

  • ロフト:11°
  • シャフト:TM1-414
  • フレックス:R
  • シャフト長さ:45.5インチ

 

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン