飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

スクエアな構えからドローとフェードを打つ

中部銀次郎さんの書籍 もっと深く、もっと楽しく の中に出てくるのは、どのような弾道もスクエアに構えて打つということが大切だと書かれています。例えば、ドローボールを打つときにはクローズスタンスにする、フェードボールを打つにはオープンスタンスにするというのはよくある話ですが、スタンスを変えたり、スタンスを意識するのではなく、ボールの見る場所を変えるだけで弾道を変えることが出来るということが、書籍 もっと深く、もっと楽しく のなかで書き綴っています。

ボールを見る位置を変える?

書籍の中ではドローを打つ場合にはボールのどこを見る、フェードを打つ場合はボールのどこを見るということは細かく説明されていません。ですが、あるていどゴルフクラブを振り回すことができるゴルファーであれば、なんとなく判るかもしれないですね。スタンスを変えてドローを打つ、フェードを打つのではなく、スタンスを変えずにボールの見る場所を変えてドローを打つ、フェードを打つという考えは、とても興味深いです。というよりも、基本的にスイング軌道とフェース面の合わせ方なんでしょうね。

書籍 もっと深く、もっと楽しく にはこのように書かれています。

  • フェードを打ちたい時には、ボールのいちばん手前を見る。体に最も近いところを見る。
  • ドローを打つ場合には、ボールの向こう側を見る。体に遠いところを見る。
  • 高いボールを打つ場合には、ボールの右端を見る。
  • 低いボールを打つ場合には、ボールの左端を見る。

スクエアな構えからはドローもフェードもどちらも打てるということ。しかも、ストレートボールを打つのと同じスイングで打てるとのこと。本当に打てるのかは分かりません。ただ、人間というのは目で見た方向へ動く、目で見た方向に動作をしやすいという特質があるらしいので、見た方向に向かってスイングをすることが出来るのかもしれません。

ボールの見る場所を変えるというのは、目で見た方向に向かってクラブヘッド(シャフト)が通る道筋なんだと思います。つまり、ボールの見る場所を変えることで、クラブヘッド(シャフト)が通る道筋を変えているということになります。スイング軌道が変わるということですね。そして、見る場所を変えることで、スイングの最下点も変化するのだろうと思います。

これは、以前に私が感じたことなのですが、ドローとかフェードの話ではなくて、ドライバーショットをするときに、ドライバーのヘッドをボールの直ぐ後ろに合わせてアドレスをしていた時期がありました。今でも、そういったアドレスをすることがあります。この場合、視線はボールかボールに当たるかどうかくらいに置かれたクラブヘッドを見ていました。そしてスイングをすると、テンプラに近い状態になってしまうことがありました。つまり目で見たところがスイングの最下点となってしまい、クラブがボールのしたに潜ってしまったのだろうと思います。

最近は、クラブヘッドをスタンスの真ん中あたりに置いて、ボールは左足の方に置いておくというアドレスにしました。そうすることで、スイングの最下点がスタンスの真ん中あたりとなりアッパーブローでボールを捉えられることが出来る。

中部銀次郎さんの言う、ボールの見る位置を変えてドロー、フェードを打ち分けるというのは、自分の目で見たところをクラブヘッド(シャフト)が通るだけではなく、スイングの最下点をも変化させているように感じます。

構えがスクエアだからこそ、適切なドロー、適切なフェードが打てる。それは、中部銀次郎さんの考えのなかではスクエアなドロー、スクエアなフェードという考えがあったのかもしない。ボールを曲げるのだけどスクエアな構え。だから、スクエアなドローとフェードが打てる。

本当は難しく考えずに真っ直ぐ打てるのが最も良いですからね。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン