飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

夏ラフからのアプローチ

梅雨明けしてさらに暑くなりそうですね。夏ゴルフ真っ只中ですね。夏はボールが良く飛んでくれるので飛距離が伸びてしまったと勘違いしてしまうこともありますね。いつも同じコースでゴルフをしていると、冬と夏の飛距離差というものが顕著にあらわれてきます。

そして、夏ゴルフの天敵はやっぱり深いラフでしょうか。特にグリーン周りのアプローチはミスをしてしまうことが多くなります。アプローチのミスというよりは、ラフに食われてしまってショートしてしまうということが多いですね。ナイスアプローチだと思ったのに・・・ショートした・・・ということが増えます。ならば、最初からラフにボールを打ち込むなということになりますが、なかなかそういう訳にはいかないのがゴルフですね。

ラフといっても芝生の密度が濃いだけだから、なんとかなると軽く考えていたりなんかすると、パー狙いがあっという間にダブルボギーになってしまうので大変です。

ゴルフ書籍でボギー狙いで90台出すとか、90切りを目指すという書籍がありますが、ボギー狙いということは、ボギーオンをするわけです。ボギーオンとなる3打目のアプローチ、または4打目のアプローチが必要になる可能性が高くなります。もちろん、場合によっては100ヤード前後のショットでボギーオンをさせることもあると思います。スコアメイクのキーポイントとなるアプローチがラフに捉まってしまって、思うように寄せきれないなんて事もあります。

ラフからのアプローチは厄介ですね。

そもそも、グリーンを狙うというか、カップを狙ってアプローチをすることが多いはずですから、距離感が合わなかったら、次のパッティングにも影響をしてきます。

夏ラフからのアプローチというのは、芝生の抵抗を如何に把握して、チカラ加減を調整できるかがポイントのように感じます。これは、技術とかじゃなくて感性の問題でしょうね。

練習場では練習できないのも夏ラフからのアプローチなのかもしれませんね。練習場には芝生がありませんから、芝生の抵抗無しでナイスなアプローチをしていても、ゴルフ場のラフからのアプローチに通用するのかどうかということを考えなければいけないんだなと思いますした。

ラフにボールが捉まっている場合というのは、打ち方も大切ですが、ボールの沈み方を見極めるのがもっとも大切なんだと思います。ボールが浮いておりボールの頭が見える場合、ボールが半分沈んでいる場合、ボールが完全に完全に沈んでしまってボールに直接コンタクトが出来ない場合・・・ボールの沈み方を見極めるのがポイントになるのだろうとは思うのですが、実際の現場ではそんなことを忘れてしまっていることもあります。

夏の深いラフからのアプローチは難しい・・・とか言いながらも冬になると、冬の枯れた芝生からのアプローチは難しい・・・どちらにしろ難しいのですが、結局は自分が下手なんだということに落ち着きつつあります。やはり、練習あるのみですね。

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン