飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

素振りをするときは何か目標を作る | ハーヴィー・ぺニック


ハーヴィー・ぺニックの書籍に書かれていた内容ですが、素振りをするときは目標を作ると良いと書かれています。殆どのアマチュアゴルファーはショットする前に素振りを2?3回することが多い。

とても綺麗なスイングで素振りをする。だが、実際にショットをすると素振りとは全く違うスイングになってしまう。

実際のスイングが素振りとは全く違うスイングになってしまうという理由としては、ボールを目の前にしてスイングをすると慎重さや緊張が重なり合って身体がスムーズに動かないということが挙げられます。また、ハーヴィー・ぺニックが言うには、素振りをするときには何かを打とうとしてゴルフクラブを振っていないからと言っています。

目標をつくって素振りをするというのは、素振りをする地面に草とか小枝とかを見つけて、それを目標にして素振りをすると良いということです。目標の無い素振りは、肩のチカラを抜くだけの単なる動作になってしまいスイングじゃないということが言いたいのだろうと思います。実際のゴルフスイングはボールを目標としてスイングをするのだから、素振りもボールの替わりとなるような目標物を見つけて、そこを狙って打つことが良いということ。

目標を作らない素振りは、フェースをスクエアにする必要性が無いということと、ゴルフクラブが何かに触れることが無いから、ボールを打つための練習にはならないと書かれています。

なるほど。

常に、ボールを打つことを想定して素振りをすることが良いんだと思います。そして、フェース面を意識して、素振りをするための目標物を決めて、それを目掛けて振るというのが良いということですね。

振るだけの動作、振って何かにヒットさせようとする動作では、まったく動きが変わってきますし、振るという意識も変わってきます。

効果的な素振りの練習としては、とてもヒントになる内容ですね。

私が最も気になっているのは、素振りは空気を切る音が大きくて凄いスピードでクラブを振っているんだなと思いながらも、実際にティーショットをすると素振りよりも優しく、ゆっくりと打っているような気がします。やはり、慎重さというものが身体に影響をしているのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン