飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

スリクソン Z585 ドライバー | ゴルフ試打レポ

スリクソン渾身の優しく飛ばせる Z585ドライバーを打ちましたので、その感想を書きます。ドライバー選びの参考にしてください。

 

2年に1度のリニューアルで進化した

2年に1度ニューモデルを発表するというスリクソン、2018年に発表したニューモデルは、ゼロから作り直すということで、ゼロスリクソンというキャッチを使用して宣伝してました。その通り、本当にゼロから作り直したというのを感じます。今までのスリクソンと比較して、とても打ちやすくなってますし、優しく高弾道が打てます。

試打したスペック

MiyazakiMahanaフレックスRを打ちましたが、全体的に重さを感じました。それは、最近の私が軽いドライバーばかりを使っていたからかもしれません。ですが、実際に振ってみると、とても振りやすいです。飛球線方向に向けてフォロースルーを作りやすいです。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度
  • シャフト:Miyazaki Mahana
  • フレックス:R

スリクソン Z585 ドライバー 試打動画

ヘッドにカーボンを採用

ヘッドクラウンにカーボンを採用しており、低重心化を図り、低スピンが打ちやすい構造となっています。併せて、ゼクシオテンドライバーに採用しているカップフェースを取り入れており、コンポジット系ドライバーでありながら、心地よい打音と打感を実現しています。

Ti51AFカップフェース

軽くて、強硬度な素材を使用しており、本当に弾きの良いフェースとなっています。今までのスリクソンのドライバーの中で最も弾きが良いと感じました。フェースの弾きだけではなく、スイートエリアがとても広いです。今までのスリクソンのドライバーでは考えられないほどにスイートエリアが広がっています。それだけで、優しくなったというのが判ります。

シャフトが中調子

インターナショナルフレックス・コードを採用しており試打したのは 4323です。

インターナショナルフレックスコードからすると、手元が硬めで真ん中が最も柔らかくなっていますが、先端は手元よりも柔らかくなっています。ですので、中先調子っぽい感じになっています。

クラブ総重量が約300グラムで重さを感じましたが、軽く振ることができました。シャフトが中調子となっていますが、実際に使ってみると先調子に感じます。ワッグルするとヘッドがとても動きます。そのシャフト運動により、ヘッドが返りやすく、ヘッドが上を向きやすい挙動となっており、捉まるし、高弾道が打てるという感じです。トルクが少な目のシャフトが好きな人にとっては、頼りなさを感じるかもしれませんし、ヘッドが動き過ぎるように感じることもあります。

超高弾道が打てる

ワッグルするとヘッドが大きく揺れるので、シャフトに対して頼りなさを感じるかもしれません。ただ、シャフトとドライバーヘッドの相性が良くできており、インパクトではヘッドが上を向く感じの動きとなるので、低スピンでありながらも超高弾道が打てるという設計になっています。

スポンサーリンク  

グリップ

グリップの重さは約60グラムとなっており、肉厚な感じがしました。滑り難く、手の平でしっかりと握れるのが好感触です。グリップが微妙に太い感じがしました。手が小さい人は少しだけ握り難さを感じるかもしれません。スイングバランスがD2ということですが、グリップの重さで釣り合っているような印象がありました。

Miyazaki Mahana シャフトスペック

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 バランス
S 51.5グラム 5.0 約302グラム D2
SR 50グラム 5.0 約300グラム D2
R 48.5グラム 5.0 約297グラム D2

 

スリクソン Z585 ドライバー 購入

関連記事

関連記事

ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
手元が浮いてしまうゴルフスイング ゴルフラウンド中で最も危険な行為は手元が浮いてしまうスイングだと思います。人それぞれ考え方が異なるかもしれませんが、私の場合は手元が浮いてしまうことで、多くのミ...
右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ... ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、...
池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング... 池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング 体重移動と2軸スイング 池田勇太のドライビングパフォーマンス アドレス・テイクバック ...
タイガー・ウッズ P7 TW アイアン | 2019年5月24日発売... タイガー・ウッズ レプリカモデル アイアン登場! 2019年 マスターズで優勝をして、完全復活を果たしたタイガー・ウッズのシグネチャーモデルともいえる、テーラー...
インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング... 現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題と...
アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 タイガー・ウッズ 優勝時のセッティング テーラーメイド...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンで左1軸なスイングという点です。1プレーンなスイングが個性的過ぎて、そちらに意識が向...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン