飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ジョーダン・スピース 練習ラウンド スローモーション動画

フェデックスカップ プレーオフ最終戦 ツアー選手権で優勝をして 年間王者となったジョーダン・スピースですが、彼の練習ラウンドのときのスローモーション動画を見つけましたのでシェアします。

それほど長い時間の動画ではありませんが、ジョーダン・スピースの独特なグリップと個性的な腕の使い方をじっくりと見ることが出来ます。グリップや腕の使い方だけではなく、左足の使い方も特徴的だと思います。

Jordan Spieth slo-mo clips during his practice round at the TOUR Championship

ジョーダン・スピースのグリップ(握り方)

グリップ(握り方)が独特ですね。ジョーダン・スピースは左利きということで、左腕(左手)が強いです。通常のインターロッキングであれば右腕(右手)の自由を制御しようと考えるのですが、ジョーダン・スピースの場合は逆です。左腕(左手)の自由を制御しようとしているため、このような変則的なグリップ(握り方)になっているようです。不思議ですね。

ドライバー スイング

やはり体幹が強いんでしょうね。しっかりと捻転していますね。動画を見るとわかるのですがコックが少なくて、肩だけでクラブを上げているようです。トップではシャフトを左手、右手で支えるというか、グリップ(握り方)にシャフトの圧を感じるのですが、ジョーダン・スピースの場合は完全に左手だけでシャフトを支えているように見えますね。胸は右を向いたままでクラブを下ろしてくるという姿勢が綺麗ですね。今の私はこの形が甘いのでスライスが多発するんだろうなと思います。この姿勢で既に顔が飛球線を向くという・・・完全にヘッドアップですね。

体重移動をあまりしていないのか、それとも最初から左足側に軸の意識を持っているからなのか、その場で回転をするという感じですね。左足の捲れているのが気になりますけど。ジョーダン・スピースのスイングを見ていると胸が右へ向いて、左に向くという動作に肩と腕が連なっているだけという感じがしますね。クラブのフェース面を真っ直ぐにしてスイングをしようとしているのが判ります。現代的なドライバーには、ピッタリなスイングかもしれないですね。

最近はドライバーのスライスで悩んでいますが、ジョーダン・スピースのスイングを分析をすることで、現代的なデカヘッドのドライバーを取り扱う方法のヒントが見つけられそうな感じがします。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン