飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ゴルフが上手い人 と 下手な人の違い

ゴルフが上手い人 と 下手な人の違い、それは努力をしているのかしてないのか。練習をしているのかしてないのか。それだけの違いです。ホームコースの先輩が朝早くからアプローチ練習場で、カチン・・・トントン・・・ウェッジでボールをヒットさせる心地よい音を出しながら、練習をしていました。11月に入れば、さすがに山の早朝は肌寒いです。セーターが必要なくらいですね。アプローチ練習場に人が増えてきたら、さっさと切り上げてドライビングレンジへ移動。ドライビングレンジの打席が埋まってきたら、切り上げてパターの練習。

黙々と、淡々と練習をする先輩の姿を遠目に見ていて思ったのが、ゴルフが上手い人は練習をしているんだなということに気付かされました。それほど、練習はしてないよと言いながらも、けっこう練習していたりするものです。ゴルフが上手い人は、上手いからこそ練習をしているのだと思います。

練習しているのか?どうか?

ゴルフが上手い人 と 下手な人の違いはとても簡単で、ゴルフの練習をしているのか、練習してないかの違いだけなのだろうと思います。ゴルフが上手い人 というのは、ゴルフが上手くなるために練習をしているということです。それも、自発的に。しかも、ゴルフというスポーツが身近なものであるかのように。

学生時代を思い起こしてみると・・・勉強ができる人というのは学校で勉強して、帰宅後も勉強しているという人が多かったように感じます。学校でも勉強、家でも勉強・・・だから勉強ができる人になれたのだろうと思います。

スポーツができる人というのは部活やサークルでスポーツをして、帰宅後もランニングしたりしているという人が多いはずです。ですから、スポーツができる人になれたわけです。

勉強ができる人は、学校でも家でも勉強をしているということです。
スポーツが出来る人は、学校でも家でもスポーツをしているということです。

つまりは、時間の許す限り、努力をしているということですね。

ゴルフも努力が必要

職場でゴルフの練習することはできません。もしかしたら職場で練習できる人も居るかもしれませんが・・・帰宅してからゴルフ練習をすることはできます。つまり、ゴルフが上手い人は帰宅してから練習をしているということです。

そもそも、仕事を終えて、帰宅してから、もういちど出掛けるというのは結構億劫だったりもします。もう、家で横になっていたいと思ったりもします。そこを、勇気を出して、自分に言い聞かせてゴルフ練習に行くわけです。仕事を終えて、帰宅して、もういちど出かけるという辛さを乗り越えなければいけません。

特に最近は、寒くなってきましたからなのか、帰宅後にゴルフ練習場へ行くと、夏よりも練習している人が少ないです。きっと、寒いから練習しないのだろうと思います。または、身体が冷えてしまって、良いショットが出来ないから練習できないと考えているからなのかもしれませんし、日中に練習をしてるのかもしれません。平日の昼間に仕事をしているサラリーマンとしては、仕事を終えた夜が自由時間ですから、平日の練習時間を確保するのは夜になってしまいます。

ゴルフが上手い人というのは、仕事を終えて帰宅してからも練習をしている人が多いです。練習するための時間を確保することも上手だったりもします。ゴルフ練習場へ行けば、コストが掛かりますから、コストの掛からないような練習方法を考えるというのも必要かもしれません。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

自発的な努力が必要

ということを考えていくと、ゴルフ上達するために必要なのは、ゴルフ技術とかスイング理論などよりも、自発的に練習をしているのかどうかという点でしょうね。そして、練習をするための時間を確保ができるかどいうか・・・。

寒い日でも、仕事を終えて練習をするということは、それだけモチベーションが掛かっている訳ですから、どのような練習をすれば良いのか、自分のショットの良し悪しなどを判断する規準というのも、自ら見つけている場合が多いです。

練習をするということは努力をしているということです。努力をしているということは、勉強もしているということになりますね。

努力とは、心身を労してつとめる こと。
労なくして得るものなし と言います。

練習の仕方を間違えてしまうと、労多くして功少なし ということになってしまいますが・・・。

 

先読みして、準備できている人

ゴルフ技術じゃないところで、ゴルフが上手い人の特長としては、先読みができているという点ですね。この先、どのようなことがあるのかということを考えて、事前準備がしっかりしていると言った方が判りやすいかもしれません。

例えば、コースガイドやコースマップを事前に見て、どのようなホールがあるのかチェックしていたり、ヤーデージは、グリーンエッジまでなのか、グリーンセンターまでの表示なのかを把握していたります。

その他、本日のグリーンのスピードを確認するだけではなく、ピンポジションをスコアカードに書き留めているという人も居ます。そして、グリーンを狙うショットの時には、ピンは奥だったっけ? 手前だったけ? など悩むこともありませんし、誰かに聞く必要もありません。たった、それだけでもストレスを減らすことができます。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
難しいクラブの特長とミスショットの頻度
views 219
最近のラウンドで気付いたことは、難しいクラブの特長です。難しいクラブの特長は、大雑把に分類すると、ロフト角が大きいクラブか、ロフト角が小さい...
アイアン で ティーショット
views 1081
更新:2018年06月14日 ティーショットはドライバーで打たなければいけないとか、ドライバーでティーショットをしないのは邪道だとか言われ...
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波
views 261
前半が悪くて 後半は好調なゴルフ | 大波小波 調子が悪いと感じるゴルフ 前半が悪くても諦めない 前半が悪くて、後半は良いスコ...
ゴルフ と 単眼鏡
views 111
2018/06/01更新 ゴルフというスポーツは視力が悪くなってくると、とてもストレスを感じますね。自分が打ったボールがどこへ行ったのか判...
ミラーニューロン | ゴルフで人の真似するなー!
views 1
人の真似をするのはダメだとか言われるかもしれません。とくに自分の真似をされると、ちょっと嫌な気持ちになったりすることもあります。ですが、真似...
ゴルフはダイバーシティ(多様性)が高いスポーツ
views 3
昨今、お仕事関連など、ビジネス間の話題でもダイバーシティという言葉をよく耳にするようになってきました。ダイバーシティ経営、ダイバーシティマネ...
2018年 新年あけましておめでとうございます
views 4
とうとう、2018年となりました。2017年は、ありがとうございました。2017年は、ブログには書きませんでしたが、春頃から体調が ...
ドライバーの飛距離の勘違い そんなに飛ぶと思ってるの?
views 6337
2018/07/05 更新 自分の本当のドライバーの飛距離を知るというのは、とても大切ですよね。とくにはドライバーに関してのお話ですが、練...
素振り用練習器具と素振りのコツ
views 47
更新:2018年07月11日 ゴルフスイングをつくったり、ゴルフスイングを強化するために、様々なトレーニング機器があります。こちらでは、素...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ