飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

リョーマ マキシマ ドライバー | Ryoma MAXIMA TYPE-D

リョーマゴルフといえば、ビートたけしさん、木村拓哉さんがアンバサダーを務めているということもあり知名度が高いです。

 

リョーマ マキシマ ドライバー TYPE-D

リョーマゴルフのフラグシップモデル マキシマ TYPE-D ドライバーです。TYPE-Dとは、ドローバイヤスが入っており、捉まりが良いもでるという意味です。リョーマゴルフのドライバーヘッドは本当に弾くし、本当にヘッドが撓んで飛ばすことができます。リョーマゴルフ独特の低スピンで棒球で飛ばすことができます。

ディープフェース+ディープバック

ヘッド形状も低スピンが打ちやすいディープフェース+ディープバックとなっています。シャローヘッドが主流となってきた現代では珍しいヘッド形状です。ヘッドの重心設計でバックスピン量を減らしたボールが打てる構造となっており、ある程度のパワーが無いとボールに揚力を与えるのが難しいです。

 

弾きの良いフェース

フェースは弾きが良さそうな設計となっており、スイートエリアがとても広いです。昨今、フェースの弾きは反発係数を高めてボールスピードを速くしようとしていますが、リョーマゴルフはもともと反発係数の高いモデルを作っていましたので、フェースの弾きが強いモデルをつくるのは、とても得意なメーカーです。

スポンサーリンク

標準装着シャフトに関して

フェースは弾きが良さそうな設計となっており、スイートエリアがとても広いです。昨今、フェースの弾きは反発係数を高めてボールスピードを速くしようとしていますが、リョーマゴルフはもともと反発係数の高いモデルを作っていましたので、フェースの弾きが強いモデルをつくるのは、とても得意なメーカーです。

その他のシャフトもあります。

 

ルール適合を見極めるには

リョーマゴルフの場合、ヘッドに CONFORMING TO R&A/USGA SLE RULE と記載されています。
SLEルール適合という意味です。

スポンサーリンク

 

基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ライ角:60.25度
  • ロフト角:9.5度、10.5度、11.5度
  • SLEルール適合

 

TourAD M2-D シャフトスペック

長さは45.25インチ、中調子となっています。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 バランス
6S 63 3.9 315 D2
5S 55 4.4 307 D2
SR 48 4.6 296 D1.5
R 45 4.9 294 D1
R2 44 5.2 293 D1

 

リョーマ マキシマ ドライバー TYPE-D 中古購入

リョーマゴルフマキシマ TYPE-D | TourAD M2-D5(S)
リョーマゴルフマキシマ TYPE-D | TourAD M2-D5(SR)
リョーマゴルフマキシマ TYPE-D | TourAD M2-D5(R)
中古一覧

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン