飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

リッキー・ファウラー の ヘッドスピード・飛距離・ミート率など

 

2019年 リッキー・ファウラーの飛距離、ヘッドスピード、ミート率など

2019年のSTATSです。ミート率が高くなっており、コンスタントに1.5前後のミート率をマークしています。それに比例して、ボールスピードが速くなっています。2018年のデータと比較をすると、わずかですが飛距離アップしてきています。

  • DRIVING DISTANCE:302.9
  • CLUB HEAD SPEED:115.64
  • SMASH FACTOR:1.504
  • 平均飛距離:302.9ヤード
  • ヘッドスピード:51.69m/s
  • ミート率:1.504
  • ボールスピード:77.74m/s

 

2018年 リッキー・ファウラーの飛距離、ヘッドスピード、ミート率など

短いシャフトのドライバーを使っている、リッキー・ファウラーのドライビングディスタンスは、以下の通りとなります。身長も高くありませんし、体重があるわけではありませんが、とても飛ばす選手です。短尺ドライバーを使っているからなのか、ミート率が高くて、効率の良いスイングをしていることが伺えます。

  • DRIVING DISTANCE:295.6
  • CLUB HEAD SPEED:116.03mph
  • SMASH FACTOR:1.497

マイル(mph)からメートル毎秒(m/s)に変換して、ボールスピードを計算すると、以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス:295.6ヤード
  • ヘッドスピード:51.87m/s
  • ミート率:1.497
  • ボールスピード:77.64m/s

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン