飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

リッキー・ファウラー の ヘッドスピード・飛距離・ミート率など

 

2019年 リッキー・ファウラーの飛距離、ヘッドスピード、ミート率など

2019年のSTATSです。ミート率が高くなっており、コンスタントに1.5前後のミート率をマークしています。それに比例して、ボールスピードが速くなっています。2018年のデータと比較をすると、わずかですが飛距離アップしてきています。

  • DRIVING DISTANCE:302.9
  • CLUB HEAD SPEED:115.64
  • SMASH FACTOR:1.504
  • 平均飛距離:302.9ヤード
  • ヘッドスピード:51.69m/s
  • ミート率:1.504
  • ボールスピード:77.74m/s

 

2018年 リッキー・ファウラーの飛距離、ヘッドスピード、ミート率など

短いシャフトのドライバーを使っている、リッキー・ファウラーのドライビングディスタンスは、以下の通りとなります。身長も高くありませんし、体重があるわけではありませんが、とても飛ばす選手です。短尺ドライバーを使っているからなのか、ミート率が高くて、効率の良いスイングをしていることが伺えます。

  • DRIVING DISTANCE:295.6
  • CLUB HEAD SPEED:116.03mph
  • SMASH FACTOR:1.497

マイル(mph)からメートル毎秒(m/s)に変換して、ボールスピードを計算すると、以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス:295.6ヤード
  • ヘッドスピード:51.87m/s
  • ミート率:1.497
  • ボールスピード:77.64m/s
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン