飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パターもカーボンシャフトが 当たり前の時代

以前より、パター用のカーボンシャフトは在りました。最近、私のホームコースでも使用している諸先輩方を見かけます。打たせて貰ったのですが、打感がマイルドな感じがしました。

 

パターもカーボンシャフトが 当たり前の時代

カーボンシャフトを装着したパターの打感はマイルで、心地よいのですが、物足りなさを感じるという人も居るかもしれませんね。ホームコースの先輩が使用していたパター専用のカーボンシャフトはUSモデルのシャフトのようです。

私は、今までは、カーボンシャフトのパターというのは、シャフトの撓りが効いてしまって、左にボールが転がるんじゃないかという不安もあったりして、使ってもないのに、どうかなという印象でした。

スポンサーリンク  

アイアンでも、カーボンとスチールの差というのは顕著にでます。カーボンシャフトのアイアンの方が、マイルドな感じがしますし、飛距離が少し伸びるように感じます。ただ、シャフトの撓りが強くなると左へ引っかけてしまう恐れがあったりします。

スチールシャフトのアイアンは、カーボンシャフトに比べて、トルクがしっかりしており、ブレないというのがメリットです。ですから、狙ったショットが正確に打てます。

カーボンシャフトのパターも同じような感じなのだろうと思っていました。ですが、試しに打ってみたところなかなか良い感触でした。ただ、慣れるにはある程度の練習が必要でしょうね。

ただ、パターの打ち急ぎで、右手にチカラが入ってしまって、パターでダフったりとか、強く左へ転がりだすことを防ぐことができそうな感じがしました。急激に加わるチカラをカーボンシャフトが緩衝材の役割を果たしてくれて、軽減させてくれるように感じました。

スポンサーリンク
 

パターのカーボンシャフトは評判良い

スチールシャフトに比べて、打感がマイルドになります。若干、シャフトのトルクにより打点がズレるような感じがしますが、最近のパターは、慣性モーメントが効いているので、それほど気になりません。

葭葉ルミがカーボンシャフトのパターを使用

ちなみに、葭葉ルミがカーボンシャフトのパターを使用しているとのことです。シャフトは、三菱レイヨン ディアマナ パター P135

 

フジクラ MC Putter

フジクラからは、パター専用シャフトが登場しました。スチールシャフトよりもトルクがあり、微妙な振動や無駄な動きを吸収してくれます。硬さは、HARD と SOFT の2種類があります。

 

三菱レイヨン ディアマナ パター P135


※GDOギアカタログ

三菱レイヨン から パター専用のシャフトが登場するようです。
発売日:2017/04 / 定価:¥26,000 (税込 ¥28,080)

シャフト フレックス:Flex 1.0
シャフト重量 : 142

シャフト フレックス:Flex 2.0
シャフト重量 : 141

 

池田勇太選手もカーボンシャフトのパターを使用

池田勇太選手もカーボンシャフトのパターを使用していました

冷静に考えてみると、ゴルフクラブの進化というのは、シャフトの進化でもあると思います。460ccという大きなヘッドを振りまわせるほどの剛性を持つシャフトがあるからこそ、飛ぶドライバーが誕生したといえます。アイアンクラブもカーボンシャフトが増えてきました。次は、パターの時代なのかもしれません。シャフトの進化があるからこそ、良いゴルフクラブが作れる? と言えるかもしれません。

ゴルフクラブはシャフトで良し悪しが決まることが多いですから、パターにカーボンシャフトを装着するというのは、良い結果をもたらしてくれる可能性はありますね。

 

デシャンボー カーボンシャフトのパターを使用

個性的なゴルファーとして有名なゴルファー、ブライソン・デシャンボーもカーボンシャフトを装着したパターを使用してました。彼は、本当に独特な感性を持っています。Matrix製のカーボンシャフトを装着していたようです。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン