飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パターもカーボンシャフトが 当たり前の時代

更新:

以前より、パター用のカーボンシャフトは在りました。最近、私のホームコースでも使用している諸先輩方を見かけます。打たせて貰ったのですが、打感がマイルドな感じがしました。

 

パターもカーボンシャフトが 当たり前の時代

カーボンシャフトを装着したパターの打感はマイルで、心地よいのですが、物足りなさを感じるという人も居るかもしれませんね。ホームコースの先輩が使用していたパター専用のカーボンシャフトはUSモデルのシャフトのようです。

私は、今までは、カーボンシャフトのパターというのは、シャフトの撓りが効いてしまって、左にボールが転がるんじゃないかという不安もあったりして、使ってもないのに、どうかなという印象でした。

スポンサーリンク  

アイアンでも、カーボンとスチールの差というのは顕著にでます。カーボンシャフトのアイアンの方が、マイルドな感じがしますし、飛距離が少し伸びるように感じます。ただ、シャフトの撓りが強くなると左へ引っかけてしまう恐れがあったりします。

スチールシャフトのアイアンは、カーボンシャフトに比べて、トルクがしっかりしており、ブレないというのがメリットです。ですから、狙ったショットが正確に打てます。

カーボンシャフトのパターも同じような感じなのだろうと思っていました。ですが、試しに打ってみたところなかなか良い感触でした。ただ、慣れるにはある程度の練習が必要でしょうね。

ただ、パターの打ち急ぎで、右手にチカラが入ってしまって、パターでダフったりとか、強く左へ転がりだすことを防ぐことができそうな感じがしました。急激に加わるチカラをカーボンシャフトが緩衝材の役割を果たしてくれて、軽減させてくれるように感じました。

スポンサーリンク
 

パターのカーボンシャフトは評判良い

スチールシャフトに比べて、打感がマイルドになります。若干、シャフトのトルクにより打点がズレるような感じがしますが、最近のパターは、慣性モーメントが効いているので、それほど気になりません。

葭葉ルミがカーボンシャフトのパターを使用

ちなみに、葭葉ルミがカーボンシャフトのパターを使用しているとのことです。シャフトは、三菱レイヨン ディアマナ パター P135

 

フジクラ MC Putter

フジクラからは、パター専用シャフトが登場しました。スチールシャフトよりもトルクがあり、微妙な振動や無駄な動きを吸収してくれます。硬さは、HARD と SOFT の2種類があります。

 

三菱レイヨン ディアマナ パター P135


※GDOギアカタログ

三菱レイヨン から パター専用のシャフトが登場するようです。
発売日:2017/04 / 定価:¥26,000 (税込 ¥28,080)

シャフト フレックス:Flex 1.0
シャフト重量 : 142

シャフト フレックス:Flex 2.0
シャフト重量 : 141

 

池田勇太選手もカーボンシャフトのパターを使用

池田勇太選手もカーボンシャフトのパターを使用していました

冷静に考えてみると、ゴルフクラブの進化というのは、シャフトの進化でもあると思います。460ccという大きなヘッドを振りまわせるほどの剛性を持つシャフトがあるからこそ、飛ぶドライバーが誕生したといえます。アイアンクラブもカーボンシャフトが増えてきました。次は、パターの時代なのかもしれません。シャフトの進化があるからこそ、良いゴルフクラブが作れる? と言えるかもしれません。

ゴルフクラブはシャフトで良し悪しが決まることが多いですから、パターにカーボンシャフトを装着するというのは、良い結果をもたらしてくれる可能性はありますね。

 

デシャンボー カーボンシャフトのパターを使用

個性的なゴルファーとして有名なゴルファー、ブライソン・デシャンボーもカーボンシャフトを装着したパターを使用してました。彼は、本当に独特な感性を持っています。Matrix製のカーボンシャフトを装着していたようです。

 

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
テーラーメイドM6アイアン、M6フェアウェイウッド打ちました... M6ドライバーに続いて、M6アイアン、M6フェアウェイウッドを打ちましたので紹介します。 テーラーメイドM6ア...
ゴルフスイングでバンプさせるコツ 更新:2019年03月03日 ゴルフスイングは下半身先行、腰の回転が必要と言われていますが、この意味を間違えると身...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン