飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

プロギア RS E ドライバー 2019年モデル 試打・評価

プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。

 

プロギア RS E ドライバー

RS E の E は Easy の意味だそうです。簡単、優しいという意味が含まれており、実際に簡単にボール初速アップできますし、つかまったボールを打ちやすいです。今までのRSシリーズとは、基本的な構造は似ていますが、RS E ドライバーは、強烈なドローバイヤスが入っており、かなりボールが捕まるモデルとなっています。

プロギア RS E ドライバー 発売日

2019年4月19日発売

打ってみた感想

  • フェースの弾きが良い
  • 打点がズレても強く弾く
  • 今までのRSシリーズの中でもっとも捉まる
スポンサーリンク

プロギア RS E ドライバーに向いてるゴルファー

基本的にスライスが多いゴルファーに向いています。カット打ちになってしまって、ドライバーの本当の反発力が活かせてないというゴルファーに向いています。

  • スライス減らしたい人
  • 直進性の高いボールを打ちたい人
  • カット打ちになりやすい人

プロギア RS E ドライバー 基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度
  • 装着シャフト:RS E 専用 Speeder EVOLUTION for PRGR(S・SR・R)
  • 重心角:34度
  • 重心距離:44.5ミリ
  • 長さ:45.5インチ

装着シャフト Speeder EVOLUTION for PRGR

シャフトはオリジナルのスピーダーが装着されており、シャフト運動を使えればヘッドを加速させることができます。

 

プロギア RS E ドライバー 試打動画

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル
今後はYouTubeの方にもチカラを入れていこうと思っていますのでチャンネル登録をお願いします。
ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル

 

プロギア RS E ドライバー 試打してみた感想

プロギア独特のカップフェースとなっており、とてもシンプルなヘッドとなっています。余分な凹凸などが取り払われた感じがして、スッキリ感があります。ヘッドを見るだけでも弾きそうなイメージが伝わってきます。ヘッドの後ろ側にウェイトを配置しており、重心深度が深くなっています。

ヘッドクラウンの色はガンメタっぽい、グレーとなっています。

重心角が大きい

実際に打ってみると、フェースの弾きが本当に良いです。また、重心角が大きい(34度)のでヘッドローテーションがしやすいです。もともと重心距離が44.5ミリと長くなっており、ヘッドローテーションのし難さを大きい重心角で中和している感じです。

スポンサーリンク

シャフトが中調子となっており、手元がしっかりとしていますので、シャフトの剛性でボールが捕まり具合を調整されている感じがします。もちろん捉まったボールが打てるし、簡単にドローボールが打てるのですが、逆にスライスも打ちやすい感じがしました。それは、重心距離が長いこととシャフト運動と重なって、そのようなヘッド挙動になりやすい感じがします。

フェースアングル

フェースアングルは、0度(スクエア)となっているので、フェース面をスクエアに合わせて構えやすいです。やや、フェースを開いて打っても、ドローバイヤスが効いているので、ストレートボールが打てます。何もしなくてもヘッドローテーションしてくれる感じです。

やや、バックスピン量が多い感じ

低スピンが打ちやすい構造になっているものの、ややバックスピン量が入りやすい感じがします。ある程度、バックスピン量が無ければボールに揚力を与えられませんし、気になるほどのスピン量ではありません。実は反発が高くなるとボールスピードが速くなるので、自ずとバックスピン量は増えやすい傾向に合ったりもします。

プロギア RS E ドライバーは、今までのRSシリーズではスライスで悩んでいたゴルファー、ボールが上がり難かったゴルファーに向いているドライバーです。まさしく、イージーなドライバーです。

プロギア RS E ドライバー購入

有賀園ゴルフオンラインAGOにて購入予約可能です。
55,080円(税込)にて販売中です。

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン