飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

フィル・ミケルソンというゴルファー

フィル・ミケルソンと言えば、巧みなウェッジですね。それよりも、誰も思いつかないような奇策を練るというのもフィル・ミケルソンですね。ドライバー2本入れたり、スプーンを2本入れたりとか。勝つための準備、マネジメントをしっかりと考えていることが窺えます。

スポンサーリンク
 
 

フィル・ミケルソン

  • 1970年6月16日 生まれ
  • 身長191センチ
  • アメリカ出身
  • 左打ち
  • オフィシャルサイト:philmickelson.com

 

背が高くて、ゴルファーというよりはプロレスラーか格闘家のような体格をしています。ですが、とても優しい人という印象があります。テレビの画面に映し出されている雰囲気だけでも、なぜか優しい人なんだろうなというのを感じますので、不思議ですね。

そして、親日家であるということから、カタコトの日本語を話したりもします。以前に全英オープンか全米オープンか忘れましたが、ホールが隣接しているで隣同士のホールの選手同士が接近しなければいけないようなところにボールが行ってしまったとき傍に居たのが石川遼選手。フィル・ミケルソンに オサキニドゾ(おさきにどうぞ)とカタコトの日本語で話しかけられたとか。

愛妻家であることでも知られていますね。とても家族想いな人です。試合に出れば、自宅に戻れない日が続きます。予選落ちをすると早めに自宅に帰るようですが、奥さんは予選落ちが好きなのだそうです。きっと、フィル・ミケルソンが早く家に帰ってくるからだと思います。

フィル・ミケルソンのショットで有名なのはロブショット(フロップショット)ですね。迫力があるというか、殆どフルスイングに近い感じでボールを上げてきます。フィル・ミケルソンのロブショット(フロップショット)が思う存分に見られる動画を見つけました。

Phil Mickelson Flop Shot Challenge

 

スポンサーリンク
 

 

ティーショット用のスプーン

ドライビング・スプーンなるものを最初に使い出したのはフィル・ミケルソンでしたね。キャロウェイの300ヤード飛ぶというスプーンを使用していました。ティーショットでスプーンを頻繁に使うどころか、スプーンを2本入れていましたからね。

その名もフランケンウッドと呼ばれていました。 Franken(フランケン)と Phil Mickelson(フィルミケルソン)を融合させて、Phranken Wood と 名付けたようです。

スポンサーリンク
 

やっぱりプロゴルファーでも、460ccの大きなヘッドは扱い難いのだろうなと思います。いや、逆にプロだからかもしれませんね。スプーンを当たり前のようにティーショットで使う、そしてティーショット専用のスプーンを流行させたのはフィル・ミケルソンでしょうね。フィル・ミケルソンは、優しくてナイスガイな選手です。

今年のマスターズ2015にも参戦をしますが、どのようなラウンドをするのか楽しみですね。

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン