飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

フィル・ミケルソンのトラブルショット TOP10

PGATOURのYoutubeチャンネルにフィル・ミケルソンのトラブルショット集動画がアップされていましたのでシェアします。PGAツアーが選んだフィル・ミケルソンのトラブルショット、脱出劇 TOP10という感じの動画です。フィル・ミケルソンは多彩なショットをしてきますから、どのような状況下でも適切な判断をして、確実に脱出をしてきます。見習うべき点が多いですね。しかし、フィル・ミケルソンが見せているのはスーパーショットばかりですから、私には凄すぎてただ驚愕するだけでした。

Phil Mickelson’s top-10 great escapes on the PGA TOUR

 

#10 WGCキャデラック選手権 2015年 / 木の根元から脱出

ボールを曲げてしまって木の根元へ行ってしまいました。前方は池があるのでボールを大きく曲げてフェアウェイに持ってきました。動画でも大きくボールを曲げているのが判るほどです。相当、スピンを掛けたショットをしたということが判ります。

 

#9 ドイツバンク選手権 2013年 / ラフからグリーンへ

ラフといっても殆ど荒地の様な状況です。グリーンは見えるところにありますから、とても難しい状況です。思い切りクラブを振りますが、まるでバンカーショットの様に砂煙が上がります。ボールはしっかりとバックスピンが入ってカップに向かって戻ってきます。

 

#8 ドイツバンク選手権 2013年 / 茂みの中から脱出

PAR3のホールだった記憶がありますが、大きくボールを曲げてしまって茂みの中へ。右打ちのスタイルでなんとか脱出をしました。動画の中には映っていませんが林の中から脱出をするのに3打くらい要するという大変なトラブルだった記憶があります。

 

#7 WGCキャデラック選手権 2013年 / コンクリートの上から

グリーンは見えていますが、ボールはなんとコンクリートの上。カート道でしょうか。ウェッジで綺麗にボールだけを拾い上げています。そしてワンパット。素晴らしいです。

 

#6 フェデックス・セントジュード・クラシック 2014年 / 深いラフから

ボールがグリーンを越えてしまいギャラリーの方へ。深いラフからのロブショットでしっかりとグリーンにボールを運んできます。しかも池があるというのに躊躇しない素晴らしいロブショットです。フィル・ミケルソンのロブショットはフルスイングに近いですね。

 

#5 バイロン・ネルソン選手権 2012年 / 木の下からの脱出

木の枝にボールが当たらないように、木の枝を潜るように低いボールで脱出をします。しかも、脱出するだけではなくグリーンにボールを運ぶことが出来ました。そしてワンパットで決めてきます。見事です。

 

#4 ザ・メモリアルトーナメント 2006年 / バンカーから

とんでもない深いバンカー。そして目玉となった状況からの脱出。しかし、バンカーから直接カップインをするというミラクルショットを魅せてくれます。

 

#3 プレイヤーズ選手権 2007年 バンカーから

木の枝すり抜けるかのように、木々の枝の隙間をボールが抜けていきます。

 

#2 ザ・バークレイズ 2014年 / 観客席から

ボールがなんと観客席に飛び込んでしまいました。ライは人工マットの様な感じですが、とても難しいショットですね。確か2日連続、観客席にボールを飛ばしてしまった記憶があります。救済措置を受けて深いラフにボールを置くよりは、こちらの方が打ちやすかったのでしょうか。

 

#1 クラウンプラザ・インビテーショナル 2008年 / 林の中から

ボールが林の中に飛び込んでしまいましたが、ボールを高く上げて脱出をしつつもグリーンを捉えてきます。そしてワンパット。さすがに2008年の映像ですから、フィル・ミケルソンが若いですね?

 

やっぱり、フィル・ミケルソンは凄いですね。年齢は40歳を越えてきましたが、まだまだ現役として活躍するぞという意気込みを感じますね。ウェッジの扱い方がとても上手だと思います。まるでプロレスラーの様な体格ですがデリケートなアプローチショットが得意なんでしょうね。何かの雑誌で読んだことがあるのですがフィル・ミケルソンはアプローチはカップをオーバーして5ヤードくらい戻るのが良いとか独特な感覚を持っていることを知りました。

スライス用のドライバー、フック用のドライバー2本を使い分けたり、スプーンを2本使用するなど、考え方が個性的というか、良いゴルフをするためには既成概念には捉われない自由な発想をするゴルファーだと思います。

これからの活躍が楽しみです

その他、よく読まれている記事

キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフスイングのテイクバック始動の順番... アドレスをしてテイクバックをするときには、身体のどこから動かすのか?どのような順番でテイクバックをしたら良いのか判らなく...
パターヘッド形状の種類と特徴 最近のラウンドで3パットが多く、18ホールで40パット以上となることが増えてきました。パット数が多いと、ショットが良くて...
キャロウェイ EPIC FLASH | 2019年2月1日発売... 更新:2019年01月10日 EPIC FLASH STAR ドライバー試打しました。 キャロウェイ EPIC ...
ゴルフスイング物理学 | 小澤康祐 ゴルフスイング理論の書籍というのは、冒頭にベン・ホーガン、レッドベターのことが紹介されつつ、そこから進化した事柄が書かれ...
テーラーメイド 2019年モデル | M5ドライバー、M6ドライバー... 更新:2019年01月11日 テーラーメイドが2019年モデルをリリースするようです。 2019年1月11日に詳...
2019年 明けましておめでとうございます... 無事に2019年を迎えることができました。 ありがとうございます。 2019年 本年もよろしくお願いいたしま...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... 更新:2019年01月17日 ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。...
ゴルフトレーニングで飛距離アップ 更新:2019年1月1日 ゴルフトレーニングで飛距離アップ 2018年11月からパーソナルトレーニングを...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン