飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パトリックリードというゴルファー

2018年 マスターズ優勝

The Mastersさん(@themasters)がシェアした投稿


全てが良い方向に向かっていた感じがしますね。最終日、7番PAR4 PAMPASのセカンドショットでは、グリーンの傾斜をゆっくりとボールが転がり戻って、数十センチにつけます。

12番パー3 GOLDEN BELL では、数メートルのパッティングをカップインさせてバーディー。

13番 パー5 AZALEAでは、クリークにボールが落ちるかどうかギリギリのところで止まっていてくれたり。17番PAR4 NANDINAでは、グリーン脇から数十ヤードという距離をパターで転がしていきます。ボールか勢いが強くて、カップを越てしまいます。パターが得意なんでしょうね。

めちゃくちゃ飛ぶという感じではありませんが、正確なアイアンショットと感度の良いパッティングが奏功したように感じます。クラブ契約はフリーとのことですが、キャロウェイを使用しています。

セッティング
http://www.goteamreed.com/
パトリックリードのサイトにクラブセッティングが紹介されています。

 

パトリック・リード

パトリック・リードというゴルファーが登場したのは、いつ頃だったのかはっきりと記憶にはありません。ですが、最近の試合では確実に上位で名前を見かけるようになりました。名前を見るだけではなく、優勝をしたりもしています。

パトリック・リードの特長としては、左足が移動をするという不思議なゴルフスイングです。通常であれば、右足で蹴って身体に溜めたパワーを左足で食い止めるようにするのですが、パトリック・リードの場合は左足が少し移動するというか、回転するかのように後方へ動きます。シューズのソールが磨り減るのが早そうですね(笑)

左足が後方へ移動するということは、体が開きますので、左へのひっかけを防ぐことが出来ます。また、左足が移動できるというのは、あまり左足にチカラを入れていないと考えられます。つまり、右足体重のまま。右足を軸にしたスイングのように感じます。また、インパクト時の手さばきがとても上手な選手だなと思います。ドライバーのショットでは左足が移動しますが、アイアンショットでは左足が移動しないというのも特徴的ですね。

パトリック・リードのドライバーは短尺です。

昨今、ドライバーの長さといえば45インチ前後が主流となっていますが、パトリック・リードのドライバーは43インチのようです。短尺ドライバーです。43インチというと・・・スプーンと同じくらいか、今時のスプーンよりも短いくらいじゃないですかね。一般的なドライバーが45インチですから、43インチというと約5センチ程短いということになりますね。ドライバー自体のバランスはどのようになっているのでしょうか?興味ありますね。

やはりドライバーはシャフトが短いほうがジャストミートしやすいのでしょうね。シャフトが短いということは飛距離は落ちるけど、ミート率は高まるという感じがしますが、パトリック・リードの場合はシャフトを43インチにしたことによって飛距離が伸びたと言っていますので、すごいですね。

一時期、ドライバーのシャフトは長尺が流行した時期がありました。そして、またスタンダードなシャフトの長さとなりました。これからは短尺ドライバーが流行するかもしれませんね。ティーショット用のスプーンとかドライビングウッドとかの人気が高まる意味もわかりますね。やはりシャフトが短いほうが打ちやすいのだろうと思います。

ちなみにキャディーを務めていたのは、パトリック・リードの奥さんで、とてもキュートな女性です。お互いを支えあっているという雰囲気があります。

http://www.goteamreed.com/ というサイトも運営しているみたいですね。使用クラブ、セッティングに関しても上記URLサイトにて紹介されています。

これからが楽しみな選手ですね。

見た目は、なんか丸山茂樹さんに似ているような、スマイルが素敵ですね。

 

Patrick Reed’s 365-yard tee shot at the Memorial Tournament

パトリック・リードのティーショットです。左足が移動するという特徴的なスイングですね。

 

パトリック・リード プロフィール

  • 生年月日 1990年8月5日生まれ 24歳
  • アメリカ出身
  • 身長: 183 cm

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン