飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

1人でゴルフに行くという楽しさと気軽さ

1人でゴルフに行くという気楽さは何とも言えない気持ちよさがありますね。もちろん、ゴルフ仲間、友人知人ともゴルフへ行くのですが、どうしてもゴルフに対する真剣さというものが稀薄になってしまうように感じてしまいます。友人たちとゴルフへ行くことも好きですし、楽しいのです。色々と談笑しながらゴルフをするのも楽しいと思います。

でも、楽しくてもスコアには繋がらないんですよね。

ゴルフ仲間が増えるのも嬉しいですし、ゴルフ仲間は貴重な存在なのですが、楽しいゴルフをすることも良いのですが、私は良いスコアを出せるゴルフをしたいんですよね。そういった同じ気持ちを持ったゴルファーが自然と集まってくれると良いのですが、なかなかそういうわけにはいかないんですよね。

特に7月、8月くらいになると、お休みが増えてきますから、ゴルフのお誘いも頂くのですが、どうしようかな?と悩んでしまうことがあります。また、いつも通りのゴルフをするのかなとか思ってしまいます。

好きなゴルフなのに、ゴルフへ行くことで悩んでいたら、どうにもなりません。

1人でゴルフへ行くなんて寂しいんじゃないの?と言う人も居るかもしれませんが、仲良しチームを作ろうと思っているわけじゃないですから。真剣にゴルフがしたいだけなんですよね。

自分より上手な人とゴルフがしたいとか、そういうった考えではないんです。とりあえず、ゴルフは真剣にやろうよという考えです。いつも変わらないゴルフばっかりしていると、こちらも疲れてきます。お仕事でも同じですよね。なかなか、うまくいかないと判っていながらも同じことばっかりして、同じミスをしてしまうというような人も居ますからね。つまり成長が無いんですよね。

とりあえずホームコースに1人で行けば、誰かと組み合わせにしてくれて、ゴルフは出来ますから。初対面の人だったりすると、ほど良い緊張感があったりなかして、けっこう良いゴルフが出来たりなんかするんですよね。最初の3ホールくらいは、お互いの実力がどれくらいなのかを探り合っているような感じでラウンドが進んでいきますからね。

それが、けっこう楽しかったりもします。気心知れている仲間同士だと、グリーン上でふざけたりするという人も居ますけど、初対面だからこそ、おふざけもなくゴルフが出来たりします。

会員権を購入して、自分のホームコースがあると、気軽に1人でゴルフに行けるという強烈なメリットがあります。最近は、1人予約とかもありますので、ゴルフ会員権を購入しなくても1人でゴルフに行くことが出来ます。ですが、会員権を購入して自分のホームコースがあるのであれば、ホームコースのゴルフ場の他のメンバーさん達と組み合わせをしてくれますので、初対面の人と組み合わせになったとしても、同じゴルフ場の会員である、メンバーであるという小さな共通点から、気さくにゴルフをすることが出来ます。

一緒にラウンドをする人の中で相性が悪いとか、嫌な人だなと感じるような人は今までに数人くらいしか出会ったことがありませんね。1人は、とてもせっかちな人。短気なのかしりませんが、なんか急いでゴルフをする人が居ましたね。打つのも早かったですね。アドレスをしたと思ったら、直ぐに打っていましたから。

あとは、直ぐに教えようとしてくる人ですね。腕にチカラが入っているんじゃないのかとか、肩の入れ具合がもうすこし入っていると良いとか、色々とアドバイスをしてくるような人です。攻撃(口撃)してきているのかなと思いましたが、そういった習性を持ったゴルファーのようです。教えてくるような人とか、アドバイスなどをしてくるような人には、私はレッスンを受けているので、スイングがおかしくなっちゃうので、止めて下さいと言えば大丈夫です。

レッスンを受けているからと言えば、色々な人の意見を聞くのではなく、1人の先生について習っているということの重要性を判ってくれるはずです。判らない人も居るかもしれませんけど。

ゴルフというスポーツは突き詰めていくと、孤独な一匹狼みたいになってしまうのかもしれないですね。中部銀次郎さんの書籍にも、中部銀次郎というゴルファーは仲間と楽しくゴルフをすることが少なかったというようなことが書かれていた記憶があります。

自分が上達をして競技でレベルアップをしていけば、CクラスからBクラス、そしてAクラスへと上がっていきますから、常に自分を取り巻く環境や共にゴルフをする人というのは変化してきます。

1人でゴルフに行って、色々な人達とゴルフをするというのも、自分のゴルフ上達には必要ですね。他の人のラウンドを見ることで、新しい発見もあるだろうし、真似したくないなというようなこともあります。

ゴルファーとして様々な感覚が磨かれるし、立ち振る舞いも勉強になります。

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン