飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフは自業自得

ゴルフというスポーツは自業自得とい言葉がよく似合うと思います。自業自得ということ、あまり良いイメージがありません。ちょっと暗いというか、良くないことをしてしまったとか、責任を取れみたいな感じがしてしまいます。

ゴルフというスポーツは何があっても自分の責任です。ティーショットでOBしてしまっても、アイアンでダフってしまっても、スリーパットしてしまっても全て自分の責任です。誰かがアドバイスをしてくれるわけではありませんし、誰かが邪魔をするということもありません。自分が思った通りにボールを打ってしまった結果です。それが、思い通りのボールが打てなかった結果だとも言えます。だからこそ、ゴルフというスポーツは、自業自得という言葉が似合います。

自業自得は昔からある諺ですね。元々は仏教用語からきています。
自ら行ったことの報いは自ら受ける。

スポンサーリンク
 

 

自業自得は悪いこと?

自業自得は、自分の行った報いも自分自身が得るということは、良いことも悪いことも自分に返ってくるということです。報いは、自分自身に返ってくる、はね返ってくるという意味です。ですから、良いことも悪いことも返ってきます。悪い行いをして良い報いがあるとは考えられません。やはり、良い行いをすれば自分自身に良い報いがあると信じたいです。というよりも、そうあるべきです。ゴルフも同じことが言えるのだと思います。ゴルフで良い行いが出来るのだろうか?

私は出来ると考えています。 とても簡単です。 同伴者のボールが林に入ってしまったら探してあげたり、どこにボールが飛んでいったのかを見てあげたり、お互い邪魔にならない程度に会話をしたり・・・ルール上の問題もありますので、同伴者にしてあげられることには限りがあります。

中部銀次郎さんの言葉で、同伴競技者にロストボールをさせるのは恥という言葉もあります。その意味、よくわかります。ボールが見つからなければ探さなければいけません。1人で探すより数人で探したほうが早いに決まってます。見つかれば、嬉しいですし、林の中に打ち込んだ同伴者の気持ちも落ち着きます。そうなれば、自分の気持ちも落ち着くので結果的には自分のゴルフリズムを崩さなくても良いということになります。まさに、自業自得であると考えています。自分がしたことの行いが自分のゴルフの良いリズムを保つ結果にもなるということですね。

 

もうひとつの自業自得

良い行いをすれば良い報いが返ってくるということは、ミスショットをした時は、良い行いではなかった? いや、良いショットではなかったから、思わぬところにボールが飛んでいってしまうのかもしれない。自分では良いショットを打ったつもりなのに・・・それは、きっとショットを打つときに良からぬことを考えていからなのかもしれません。または、既にミスをしていて、確実にパーを獲らなきゃいけないとか、絶対にグリーンに乗せてやるとか、そういった無謀な思いがあったかなのかもしれません。それは、出来もしないことに挑戦をするという思い上がった心。良くない心だったから、良くない報いがあったとしか考えられません。クリーンな心でショットをすることなんて、どれほど難しいことか。

自業自得の報いは、悪いことばかりではなく、良いことも返ってくるという意味があります。時折、ミスショットをしてもラッキーなキックを貰ったり、木の枝に当たってフェアウェイに返ってきたりと結果オーライな人を見かけますが、もしかしたら日頃の行いが良いのかもしれませんね。

自分のラウンドのことを想い起こしてみると、イライラしたり、ムシャクシャしているときにこそ、ミスショットは連発をしてしまいます。バンカーに入れば、またバンカーに入ってしまうということも連続したりします。そういった良くない気持ちが負の連鎖を起こすのだろうと思います。

 

上級者の自業自得

ゴルフがお上手な人たちのラウンドを見ていると、自業自得ということをよく理解しているのかなと思うことがあります。ミスショットをしても、リカバリーをするのが上手だし、ティーショットを曲げてもセカンドショットでは確実にフェアウェイに戻してきます。ミスショットをしたことは自分の責任であり、自分がやったこと。自分がやったことだからこそ、次は何をすべきなのか整理がついているようにも感じます。それは、ミスをしたからこそ次のショットは慎重な自分でショットが出来るということを知っているのだと思います。上級者ですから、ラウンドをしながらスイングを調整することも出来るだろうとは思いますが、ミスショットをしたときに自分のなかに得たものがあったのだろうと思います。これもミスをしたという自分の行いが自分に返ってきた、自業自得といえます。そういった鋭い感覚を持っている人こそが上級者になれるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

自業自得。

全ての責任は自分にある。
全て自分が背負う。

それは、誰かが肩代わりしてくれるとか、そういったことは一切ない。
だから、自分で責任をとらなければいけない。
だから、ゴルフは楽しいかもしれない。

自業自得とはゴルフにぴったりな言葉。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学