飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

自分の打ち方のクセを見つける

自分の打ち方のクセを見つけると、ゴルフ場で同じミスを繰り返すことを防げるのではないかと考え、練習場で立て続けにボールを打ち続けていくうちに、少しずつ打ち方が変わってきます。

打ち方が変わってくるなんてことは、あり得ないのですが、少しずつアドレスが変わってきたり、グリップが変わってきたりすることがあります。常に同じ動作、同じスイングができないのは、打つごとにアドレス、グリップ、ボールの位置が異なるからなのだろうと思います。

自分の打ち方のクセを考えてみました。

(1) ボールの置く位置が左足側寄りになっていく

ドライバーの場合は、ティーアップしたボールを左足側に置くことは普通です。ですが、アイアンでもボールを左足側に置いてしまう傾向があります。左足側にボールが置かれていると打ち難いという人もいるかもしれません。私の場合は、左足側にボールを置いた方が窮屈な感じがしないから、打ちやすく感じてしまいます。

アイアンショットでボールが左足側に置かれているということは、ドライバーと同じ様にアッパーで打つような感覚となってしまいトップボールというミスショットを連発してしまいます。または、ボールの手前でスイングの最下点を迎えて、おもいっきりダフってしまうということがあります。

ボールの位置というのは、常に適切な位置にしなければ、良いスイングができても、クラブがボールにコンタクトし難くなってしまいます。

 

(2) 左肩はアゴの下に入れようとしているが、右肩が回転してない

最近、気付いたのですが、左肩はアゴの下に入れようとしているのですが、右肩が回転していないことが多いです。両肩が水平に回転をすれば、左肩がアゴに入った時には、右肩は首の後ろ(後頭部)の辺りまで回転してくることになります。

左肩をアゴの下に入れることばかり考えていると、右肩の回転が少なくなってしまって、大した捻転ができていないことが多いように感じました。

右肩が首の後ろ(後頭部)の辺りまで回転してくると、自然と背中に負荷が掛かっているような感覚を憶えます。つまり、肩甲骨が可動しているということです。深い捻転をするには、身体を捻るだけではなくて、左肩をアゴに入れるという動作だけではなく、右肩も回転させること。そして、肩甲骨まわりの柔軟性が必要になってくるということになります。

(3) 右脚の踏ん張りがない

飛ばないと感じたり、クラブが走る感覚が無いときは、右脚の踏ん張りが足りないときが多いように感じます。トップスイングつくって、クラブを下ろしてくる瞬間に、右脚の踵が浮いてしまっています。

つまり、クラブにエネルギーが伝わる前に、捻転のエネルギーを解放してしまっているということになります。実際のラウンドでは、疲れてくると下半身にチカラが入らなくなります。となると、クラブを走らせるようなスイングが出来なくなってきます。強い捻転をしているのに、クラブがボールを強く弾いてくれないので、クラブを加速させようと、自分の腕(手)で打とうとしてしまい、完全な手打ちとなり、大変なことになってしまうことがあります。

結局は、簡単な動作が出来ているのかどうかということなのだろうと思います。簡単な動作こそおろそかにしてしまいますし、練習をしなくても良いと思ってしまっているのかもしれません。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 175
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
難しいクラブの特長とミスショットの頻度
views 289
最近のラウンドで気付いたことは、難しいクラブの特長です。難しいクラブの特長は、大雑把に分類すると、ロフト角が大きいクラブか、ロフト角が小さい...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 248
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 95
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 63
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 154
色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加速する感じがしないという場合は、...
アイアン で ティーショット
views 1123
更新:2018年06月14日 ティーショットはドライバーで打たなければいけないとか、ドライバーでティーショットをしないのは邪道だとか言われ...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 118
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1161
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ