飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド MグローレとグローレF2 ドライバー比較

更新:

Mグローレ ドライバー と グローレ F2 ドライバーの打ち比べレポートをシェアします。Mグローレの前作モデルが、グローレF2ドライバーとなりますので、どれほど進化しているのかチェックできると思ったので、ゴルフコースで使ってきました。

 

Mグローレ、グローレF2 どっちが飛ぶ?

どっちが飛ぶのか? その結果としては、グローレF2よりも、Mグローレの方が、約8ヤード~約12ヤード飛んでました。

きっと、Mグローレの方は、クラブ総重量が軽くて、勢いよくフォロースルーを作れていたからだと思います。とにかく、軽くて振りやすいです。そして、スライス回転を減らせます。ドロー回転(フック回転)が入ることで、ボールが着地してからも、かなり転がってくれるので、ランを稼ぐ事ができます。あとは、ハンマーヘッド(ソールの溝)の反発力がスゴイです。

Mグローレはボールスピードが速い

ボールスピードが速くなります。特許技術だからなのかツイストフェースばかりが大きく紹介されている感がありますが、ハンマーヘッド(ソールの溝)の反発力は本当に弾きが良いです。ボールスピードが速くなっていることを実感します。

テーラーメイドMグローレ ドライバーは、ヘッドスピードが35m/s~40m/sくらいまでの人が最大飛距離を出せるドライバーです。

スポンサーリンク  

軽量ドライバーは、必ずしもシニア向けとは言い切れない

Mグローレを打ってみて思ったことは、軽量ドライバーは、必ずしもシニア向けとは言い切れないということです。Mグローレドライバーは、ヘッドとシャフトの相性がとても良いです。シャフト性能も高いので、物足りなさを感じません。純正シャフトでスピーダーが装着されていますが、剛性のあるシャフトです。

軽くて振りやすい

Mグローレドライバーは、軽量ドライバーです。持ってみると、軽くて驚きます。一般的には、軽量ドライバーはシニア向けドライバーとか非力なゴルファー向けというイメージがありますが、必ずしもそうだとは言い切れません。290グラム~300グラムくらいのドライバーを使っているゴルファーが、もう少し軽いドライバーを使うと、速く振ることができるからです。

速く振ることができるということは、ヘッドスピードが速いということであり、ボールスピードも速くすることができます。はっきりいってしまえば、一般的なゴルファーは、軽量ドライバーの方が、無駄なチカラを入れることなく、速く振ることができるので、メリットがあるということです。言い方を変えれば、今使ってるドライバーは、もしかしたら重いかもしれないということです。

スポンサーリンク
 

Mグローレ 飛距離測定

測定器 PRGR RED EYES を使いました。バグが出ることもありますが、これしか用意できませんでしたので。

  • ヘッドスピード 40m/s
  • ボールスピード 60.6m/s
  • ミート率 1.51
  • 推定飛距離 253ヤード

253ヤードは飛び過ぎだと思いますが、220~230ヤードくらいは飛んでいると考えられます。ヘッドスピード40m/s で 220~230ヤードくらい飛ばせれば十分です。

グローレF2は、ヘッドが効いてる

グローレF2ドライバーの方は、ヘッドが効いており、きちんと捻転して振らなければいけません。少しでも、振り方が悪いとキャストしてしまって、クラブが加速し難くなってしまいます。これが原因で、Mグローレに飛距離負けした感じです。MグローレもグローレF2ドライバーも、どちらも飛び性能は高いです。

 

ゴルフコースで使ったスペックは、以下の通り

Mグローレ ドライバー グローレF2 ドライバー
ロフト角 10.5度 10.5度
純正シャフト Speeder EVOLUTION TM GL6600
フレックス SR R
シャフト重さ 約47グラム 50グラム
トルク 5.0 4.2
バランス D4 D3
クラブ総重量 約278グラム 287グラム

 

MグローレとグローレF2は、似ている点が多い

ソールを見比べると、どちらもネック軸寄りにウェイトが配置されており、ドローバイヤスが入っているのが判ります。また、どちらも重心角(重心アングル)が大きく入っていますので、とても捉まりが良くなっています。もともと、捉まったボールが打てる人は、フックが強く入ってしまうので、注意して下さい。

Mグローレは、カーボンが使用されていますので、ヘッドのカラーリングとしては違いがあるものの、ヘッドを上から見ると、ヘッド形状がそっくりです。ヘッドが後方に伸びており、シャロー形状で、重心深度が深くなっていることが伝わってきます。Mグローレドライバーの方が、ヘッドを置いてみると少しだけオープンになっている感じがします。

スポンサーリンク  

フェースは、Mグローレの方がディープな感じがします。Mグローレ、グローレF2 どちらもドローバイヤスが大きくはいっており、捉まりがめちゃくちゃ良いです。そして、どちらもフェースの素材がフォージドとなっているので、打感も打音も良いです。

Mグローレドライバーは、やっぱり捉まる!

グローレF2ドライバーは、グローレシリーズの中でも捉まるモデルです。ですが、Mグローレの方が更に捉まり易くなっています。Mグローレは、捉まるというか、スライス打てません。普通に打って、自然とドローが打てます。なので、少しフェースを開いた感じで、インパクトさせても、ストレートボールが打てます。別の記事にも書きましたが、日本未発売のD-TYPEドライバーに近い捉まりやすさです。D-TYPEドライバーの購入を考えているのであれば、Mグローレか、グローレF2にした方が良いかもしれません。

ハンマーヘッドの反発力が凄い!

M3ドライバー、M4ドライバーにも搭載されている、ハンマーヘッド(ソールの溝)ですが、これが本当に反発力が凄いです。ボールスピードが速くなります。ヘッドスピードが遅くても、打点がズレても、強い反発力で飛ばせます。反発力が高いので、計測器でも、平均ミート率が高くなる傾向にあります。飛距離アップできる秘密は、ハンマーヘッドの反発力にあるのではないだろうかと考えています。

 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

2018年10月26日発売。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー 試打動画

YouTubeチャンネル
今後はYouTubeの方にもチカラを入れていこうと思っていますのでチャンネル登録をお願いします。
ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル

 

テーラーメイド グローレF2ドライバー

2016年に発売されたモデルで、グローレの中でも捉まりが良くて、弾きも良いドライバーです。コスト抑えて、捉まえて、飛ばしたい人にオススメできます。

 

グローレF2ドライバーとMグローレドライバーを比べてみて

どちらも捉まりが良くて、弾くし、飛距離アップが望めるドライバーです。ソールの溝やツイストフェースの有無など大きな違いがあります。また、クラブ総重量が異なります。グローレF2ドライバーの方が若干重め、Mグローレドライバーは軽量です。

大きな違いとしては

グローレF2 Mグローレ
ソールの溝 スピードポケット ハンマーヘッド
フェース面 従来通り ツイストフェース
クラブ総重量 290グラム前後 280グラム前後

 

関連記事

その他、よく読まれている記事

ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
テーラーメイドM6アイアン、M6フェアウェイウッド打ちました... M6ドライバーに続いて、M6アイアン、M6フェアウェイウッドを打ちましたので紹介します。 テーラーメイドM6ア...
ゴルフスイングでバンプさせるコツ 更新:2019年03月03日 ゴルフスイングは下半身先行、腰の回転が必要と言われていますが、この意味を間違えると身...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン