飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか

更新:

 

長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか

長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか・・・狙う距離というのが中途半端なときに判断しなければならないクラブジャッジです。クラブを選択するだけではなく、距離感を合わせてショットするというコントロールも必要となってきますので、なかなかの難しさがあったりもします。

[ad#ad-nala]

私のようなアマチュアゴルファーであれば、7番アイアンで120ヤードを狙うとか、9番アイアンで90ヤードを狙うとか、または140ヤードあるか無いかの距離を8番アイアンでフルスイングをするのかという判断なのだろうと思います。

自分のゴルフラウンドを思い起こしながら、長めのクラブでゆっくり振るのか と 短めのクラブでおもいきり振るのか を考えたみました。

 

長めのクラブでゆっくり振る

長めのクラブでゆっくり振る というのはフルスイングではなく、スリークォーターなショットで打つというイメージがあります。ですが、スリークォーターショットというのは、軽く振ろうとか、ゆっくり振ろうというよりは、ミート率を高めつつ、ラインをだしながらも距離を合わせるというショットなのだと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ただ、私の場合はスリークォーター・ショットをしようとすると、手元で調整しようという意識が強くなってしまい、完全な手打ちとなってしまうことがあります。フルスイングであれば、ゴルフクラブに遠心力が働いて、手打ちを誤魔化せるだろうとは思うのですが・・・お上手な人は9番アイアンで70ヤード、80ヤードを狙ってこれるようですし、8番アイアンで100ヤードを狙ってきたりもします。飛ばすというよりは、狙う、そこにボールを置きにいくというショットです。簡単そうで、なかなか難しいです。

 

短めのクラブでおもいきり振る

短めのクラブでおもいきり振るときは、私の場合は強く振ろうとしているからなのか、速く振ろうとしているからなのか、アイアンでもスライスをしてしまうことがあります。振ろうとしている・・・振り急ぐ傾向があり、頭が上がるのが早くなってしまい、身体が浮いてしまうこともあります。

おもいきり振るときはゴルフクラブに遠心力が働いていますので、手打ち加減が軽減されて、まずまずのショットが打てる確率が高いことも事実です。

ただ、私の場合は手で打とうとしていまいます。この手打ちを直さなければ、良いショットは打てないだろうと判っているのですが、ゴルフ場では平らなライが少なく、どうしてもクラブでボールを打つ というよりは、クラブをボールに当てることを先行させてしまっているのがウィークポイントなのだろうと再認識ました。

 

いつものクラブでフルスイングすることの大切さ

長めのクラブでゆっくり振るのか・・・短めのクラブでおもいきり振るのか・・・悩むならば、長めのクラブで、ゆっくり振った方が良いという考えで今までラウンドをしていたのですが、なかなかうまいこといかないのが正直なところでした。

ハーヴィー・ペニックのレッドブックを読み返したところ、ヒントを得ることができました。

 

いつものクラブでフルスイングすることの大切さ

久しぶりに、ハーヴィー・ペニックのレッドブックを読み返していたのですが、112ページに 大きいクラブで軽く打つよりも、いつものクラブでフルスイングせよ という項目がありました。グリーンを狙うショットで140ヤードであれば、6番アイアンで軽く打つのではなく、7番アイアンでグリーンに届くように思い切り打った方が良い・・・ということが書かれています。

その理由は、大きいクラブで軽く打とうとすると、筋肉に間違ったクラブを使っていることが無意識に伝わってしまう。畏縮して引っかけたり、打ち上げてしまう と書かれています。ちなみに、委縮ではなくて、畏縮という漢字が使われていました。

筋肉に間違ったクラブを使っていることを伝えてしまう というような考えを今まで持っていなかったので衝撃でした。というよりも、今までハーヴィー・ペニックの本を読んでいて気付かなかった自分が悪いのですが。本当に筋肉に間違ったクラブを使っていることが伝わってしまうのか、どうかは判りませんが・・・大きなクラブで軽く打とうとすると自分の身体が畏縮(委縮)してしまうような感覚は、なんとなく判ります。軽く打とうとしているから、振り下ろしてくるクラブの勢いもありませんから、当たり負けしているように感じることもありますし、自分の腕(手)でクラブを加速させようとしてしまうことがあります。これが、引っ掛けてしまったりというミスショットにつながるのだろうと思います。

ハーヴィー・ペニックのレッドブックを読み返して、少しだけ自分の中のモヤモヤが晴れた様な気がしました。

 

グリーンを狙ったショットでショートする場合

グリーンを狙ったショットがショートしてしまうことの理由も、ハーヴィー・ペニックのレッドブックに書かれていました。その理由は、5回に4回はスイートスポットで打ててないからだと書かれています。

スイートスポットで打ててないというのは、よく使う言葉でいうところの 当たりが悪い というショットのことだろうと思います。5回に4回は当たりが悪いアイアンショットを打っているということになります。確かにアイアンは難しいです。平らライではないところから、いかにボールを綺麗に打てるのかということが大切になってきます。

ゴルフレッスンの先生には、1ラウンドで何回ダフって、何回トップして、何回左へ引っかけたのか、回数を提出してくださいと言われていますが、ラウンド中は頭がいっぱいいっぱいで、なかなか数え切れてないのが現状です。

ただ、最近のアイアンはスイートエリアが広くなっていますので、それでもスイートスポットで打ててない? ということは考え難いと思います。となると、自分の打ち方が悪いだけという結論になります。自分の打ち方が悪いというか、傾斜からの打ち方、平らじゃないライからのスイング、打ち方が適切ではないのだろうと思います。

ラフからのアイアンショットだったり、ディポットだったり、左足下がりだったり、左足上がりの爪先上がりだったり、様々な傾斜がありますから、どのようなライであっても、適切な番手でフルスイングができるようにならなければいけないということを再認識しました。

 

短いクラブの方が打ちやすくて飛ぶ?

短いクラブというのは、短尺ドライバーのことです。長いドライバーの方が良いのか、短いドライバーの方が良いか? ということです。

ジミー・ウォーカーが42インチのドライバーを使っているということが話題になりました。そこから思ったことは、やはり短いクラブは打ちやすくて、飛ぶのだろうか? ということです。

私は飛ぶゴルファーではありませんし、ドライバーが得意というわけでもありません。飛ばないのにドライバーショットでOBするというのも、自分に対して憤りを感じる事もあったりします。スプーンでティーショットをして、フェアウェイキープをしてPAR4でボギーオンしつつもパーが拾えることもあったりします。飛ぶ、飛ばないではなくて、次のショットが打ちやすいところにボールを運ぶということが最重要ですね。

ただ、私の場合はドライバーがあまり得意ではないのと、あまり飛ばないということもあり、ドライバーよりも3番ウッド(スプーン)の方が飛んでいると感じる事は多くあります。ドライバーよりも3番ウッド(スプーン)の方が安心、安全であることは確かです。ただ、その反面・・・3番ウッド(スプーン)で打ってもスコアがまとめられなければ、あまり意味がないと思われてしまうこともあります。

短いクラブの有用性を考えてみました。

 

ヤマハ RMX フェアウェイウッド / スプーン並に飛ぶ5番ウッド


※写真はGDOギアカタログより

 
少し前に登場したフェアウェイウッドです。5番ウッドなのですが、3番ウッドと同じくらい飛ぶと話題となったクラブです。また、打ったことがないので試したいとは思っていています。

ただ、ヤマハ RMX フェアウェイウッド の 5番ウッドは ロフトが17°、長さが42.5インチとなっています。そして、フェース面の反発係数は0.81となっているとのことです。こういった細かな情報を公開しているのは、ゴルフクラブ選びをするときには、大きなヒントとなりますので、とても助かりますね。

ヤマハ RMX フェアウェイウッド の 5番ウッド を引っ張り出してきたのは、ジミー・ウォーカーのドライバーの長さが42インチだったというところに理由があります。自分のドライバーをいきなり42インチにカットする勇気はありません。42インチといえば、5番ウッドの長さに近いということもあり、3番ウッド以上に飛ぶと話題となった、ヤマハ RMX フェアウェイウッド の 5番ウッドが自分が使うとしたらイメージに近いと思いました。

 

短いクラブの方が飛ぶ

ドライバーよりも、3番ウッド(スプーン)の方が短くて、飛ぶイメージがあります。ドライバーよりも3番ウッド(スプーン)の方が振りやすくて打ちやすいからだと思います。ですが、3番ウッド(スプーン)よりも5番ウッドの方が打ちやすいと感じます。更に5番ウッドよりも7番ウッドの方が飛んでいると感じることもあります。7番ウッドは長さと重さのバランスが良いからなのか、200ヤード飛んでいるのはないだろうかと思うくらい、飛んでいることもあります。

 

3番ウッド(スプーン)や5番ウッドでもスライスする

ドライバーで飛ばない、ドライバーのOBが嫌だ・・・ということから、ティーショットでウッドを使うことは多々あります。ですが、ドライバーでスライスするということは、他のクラブでもスライスをしてしまいます。ただ、ウッドの方がロフト角の数字が大きいので、左右のスピンを誤魔化してくれるということもあり、ドライバーよりも真っ直ぐ飛んでいると感じるのだと思います。

ドライバーは誤魔化しがきかない。
だけど、ウッドは誤魔化しが通用することもあります。

考え方を変えると、誤魔化さなければいけないようなスイングしかできていないということになりますね。ゴルフクラブを替えて、思い通りのゴルフに近づけることも大切なのですが、適切なスイングができるようになることも必要ですね。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン