飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ヘンリク・ステンソン と ジョーダン・スピース は 共に左利き

フェデックスカップ プレーオフ最終戦 ツアー選手権はジョーダン・スピースが優勝をして年間王者となりました。ツアー選手権の最終日 ジョーダン・スピースと一騎打ちでラウンドをしていたのは、ヘンリク・ステンソンです。ヘンリク・ステンソンも年間王者になったことのある選手です。

ヘンリク・ステンソン と ジョーダン・スピース は ちょこっとだけ似ているところがあるように感じます。私が勝手にそう思っているだけなのかもしれませんが。

2人の共通点 は 左利き 右打ち

2人を比べるとスイングも違うし、ティーショットで使うクラブも違うし、パッティングスタイルも全く違います。ですが、共通点が1つあり、それは2人とも左利きの右打ちというところです。

似ていると感じたのは、2人とも左利きだけど右利きの打ち方だからなのかもしれません。つまり、左腕が利き腕になるので、スイングの要となる左腕を上手に使えると思います。人間というのは、利き腕側の身体が強くなるそうですね。右利きの人であれば、右半身をよく使うので、右半身の方が筋肉が発達していることが多いようです。

わたしも自分がスイングをしていて感じることは、右腕の方が本能的に反応しやすいので、左腕(左手)よりも微調整ができてしまい、右腕(右手)でクラブを押してしまうような動作が入ってしまうことがあります。やはり、利き腕の方が機敏な動きが出来るし、細かな動きが出来るんだと思います。

スポンサーリンク

2人とも左利きだけど得意としていることは違うみたいですね。ジョーダン・スピースはパッティングが得意でショートゲームでスコアをつくるタイプ。ヘンリク・ステンソンはどちらかというと精確なショットを武器にスコアを作るというタイプですね。ちなみにヘンリク・ステンソンはティーショットでは殆どスプーンを使っています。それでも飛距離が300ヤード近く飛ばしますから、相当なロングヒッターだろうと思います。

逆にジョーダン・スピースの方はドライバーで290ヤードくらい。しかも、フェアウェイキープ率もあまり良くないみたいですね。ですが、得意なショートゲームと絶妙なパッティングでスコアを作っているんでしょうね。たしかにツアー選手権の最終日もティーショットを右に曲げたり、左に曲げたりしながらも、絶妙なパッティングで凌いでいましたね。

 

 

2人とも神経質過ぎるところがある

ヘンリク・ステンソン と ジョーダン・スピース は 神経質というところも似ています。特にヘンリク・ステンソンは繊細だと思います。少しの物音も嫌いますし、服が汚れたりなんかすることも嫌がるような選手です。常に神経を尖らせているような人なんでしょうね。

神経質なゴルファーだなと思ったのは、ヘンリク・ステンソン の パンツ姿でのショットです。泥しぶきがウェアに付着するのが嫌だからウェアを脱いで下着だけでスイングをしました。

ヘンリク・ステンソン 下着姿でのショット

ウェアが汚れることが嫌なのに、泥なんて付着したら発狂してしまうくらい嫌なのかもしれないですね。綺麗好きを通り越しています。ヘンリク・ステンソンも泥が付着したウェアで残りのホールをラウンドするのは嫌だみたいなことを発言していました。確かに汚れたウェアを着用しているところをメディアで報道されても・・・でも下着姿でのショットは、かなりの珍プレイですよね。

一方、ジョーダン・スピースの方はというと、ラウンド中に神経質だなと感じさせることはあまりありませんが、2015年 マスターズの最終日は神経質になりすぎて夜は眠れなかったと発言しています。ただ、ジョーダン・スピースの場合はデリケートなあまり、ティーショットで曲げてしまうことが多いように感じます。ゴルフ技術の問題ではなく、メンタル的な問題なのかなと感じさせることがあります。

ジョーダン・スピース の スイング

ジョーダン・スピースのスイングは左腕の曲げ方が特徴的ですね。

ヘンリク・ステンソン の スイング

ヘンリク・ステンソンのスイングは、テイクバック始動時に右足を少し動かすというか、傾かせるような動作が入りますね。スウェーしないための工夫かもしれません。

 

 

ステンソン と スピース は 不思議な縁がある?

ヘンリク・ステンソンが2013年 ツアー選手権で優勝をして年間王者となったときのことですが、2位タイだったのがジョーダン・スピースです。ジョーダン・スピースは既に2013年から自分の能力を発揮していたことが窺えますね。ちなみに、ヘンリク・ステンソンは、この頃からティーショットでスプーンを多用していましたね。

昔の試合結果などを見ていると、なかなか面白いですね。

 

 

ヘンリク・ステンソン プロフィール

  • 1976年4月5日生まれ
  • スウェーデン ヨーテボリ 出身
  • 身長 : 185センチ

 

 

ジョーダン・スピース プロフィール

  • 1993年7月27日生まれ
  • アメリカ テキサス州 出身
  • 身長 : 185センチ

 

 

フィル・ミケルソンは右利きで左打ち

ちなみに、フィル・ミケルソンは右利きだけど、左打ちです。ミケルソンも利腕である右腕を主導させてゴルフスイングができます。ミケルソンも名手ですね。とくに、ウェッジの扱い方は抜群です。もしかしたら、右腕を主導としてスイングができるから、巧みなコントロールができるんでしょうね。

ミケルソンとステンソンは利き腕主導で名手? という記事も読んでみて下さい。

 

関連記事

タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比較... タイトリスト TS1 ドライバー、TS4 ドライバーを打ち比べてみましたので違いをレポートします。 タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン