飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

左腕主導を考えて右手を緩めた握り方

レッスンの先生に右手のグリップを外した方が良いと言われました。特には親指をグリップに触れないようにさせること。右手の人差し指と親指で輪をつくり、その輪の中にグリップを包み込む感じ。

それでも、右腕が強い(右手が入る)と感じるのであれば、親指も人差し指も伸ばしたままにしておく。つまり、小指、薬指、中指だけでグリップをするということ。人差し指と親指はとても器用で反応しやすい指とのこと。小指は不器用だけど、チカラを入れるときには小指を締めることでチカラが入りやすくなるとのこと。

右腕が強いというのは、以前から自覚がありました。右腕だけが強いのです。左腕と右腕のチカラを比較すると、右腕の方がとても強いのです。右利きですから当たり前なのですが。

右腕(右手)にチカラが入ると・・・

右腕(右手)にチカラが入ると、どのような弊害が発生するのかを考えてみました。

右腕が入るとアウトサイドイン軌道になる
>手で合わせようとしているので、外側から打とうとしてしまう。ボールを真っ直ぐに打つのではなく、斜めから打つ形となってしまう。

左方向へボールが飛び出すことが多い
>アウトサイドインの軌道になっているから、外側から入って左前方にクラブが抜けていくから、ボールは左へ飛んでいくことが多い。そして、ドライバーなどは擦り球となりスライスになる。

インパクトを迎える前にコックが解ける
>右腕(右手)にチカラが入っているので、自然なコック解放にならない。

ボールの手前でダフりやすくなる
>インパクト前にコックが解けているのでダフってしまう。インパクト前にスイングが終ってしまっているとも言えます。辺りが悪いと言うよりは、弱々しいチカラの抜けたインパクトになってしまう。

ヘッドスピードが遅くなる
>右腕(右手)にチカラが入っているので、その弊害としてクラブが加速するのを抑えてしまっている。

アウトサイドイン軌道で打つドライバーとアイアン

ドライバーでのフェードというのは殆どがアウトサイドイン軌道となっており、フェードというよりは単なるスライスです。アウトサイドイン軌道になっていても、フェース面が真っ直ぐにインパクトをすれば、左前方に真っ直ぐボールが飛んでいきます。

そして、ショートアイアンなどで左への引っ掛けなども右手にチカラが入っているというか、手で合わせにいっていることが原因でしょうね。外から入ってきたクラブが左方向へ抜けていく訳ですから、結果的にはアウトサイドイン軌道となっているので、ボールは左前方へ飛び出す・・・または強烈なフックが掛かったりもします。

 

右手を緩めて左腕主導のスイング

チカラを抜いてスイングをすればナイスショットが出るというのは、無駄なチカラを抜くことでクラブが加速しやすい状態になっているからなのだろうと思います。右利きで右打ちのゴルファーは左腕主導と言われたりもしますが、利き腕じゃない方を主導させるというのは、なかなか難しいものがありますし、左腕にチカラが入りにくいというのもあります。

ハンドグリップを使って左手の握力を強くすることと、左手の反応を敏感にしようとしている先輩も居ますが、それはある意味必要なことなのかもしれません。

たまたま、私の場合は左と右を比べたら、右が異常に強すぎたているようです。グリップを握る強さというのは、強弱も大切ですが左右同じプレッシャー(強さ)が最も良いとのことです。

右手のグリップを外して、緩めることで、自然と左腕(左手)主導になったように感じます。アプローチショットなどは、ボールが真っ直ぐ飛んで、真っ直ぐ転がるようになりましたので、なかなか良い感じがします。今までは右手(右腕)が強く入っていたので、少し左方向へ飛んでいました。

 

しばらくは右手のグリップを外して、右側が強くならないように練習してみようと思います。

日々、精進
がんばります

ドライバーのスライス 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン