飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

倶楽部競技でGPS測定器、レーザースコープで飛距離測定OK!

最近は、倶楽部競技でもレーザースコープで距離測定が許される時代になってきました。レーザースコープでも、GPS測定器でも、どちらでも使用可能という流れになりつつあります。セルフプレーが、増えてきた昨今では、GPSナビが搭載されているカートを導入したゴルフ場も増えてきました。距離が把握できるというのは、それだけで安心感がありますし、悩みが少なくなりますから、結果的にプレーファーストにもつながります。GPS測定器、レーザースコープを使った方が良いのかどうか、また使用時の注意点などを紹介します。

 

ゴルフ規則と距離計測器

基本的に、ゴルフ規則としては、距離計測器を使うことはできないとされています。但し、ローカル・ルール、競技委員会によって使用が認められている場合は、使うことができます。

DMD

距離測定器をDMDと略して記載することがあります。これは、Distance Measuring Device の頭文字をとったものです。

 

 

あくまでも距離を測定するだけ

GPS測定器でも、レーザースコープでも測定しても良いとされているのは、直線距離です。高低差を測ったり、風向き、風の強さを計測することはNGとなっています。

競技モード

多機能型のレーザースコープの場合、競技モードが用意されており、高低差を測定できないようにすることができます。ただ、高低差を測定できるレーザースコープを競技モードにしても、使用禁止となっているローカルルールもあるようなので、注意が必要です。

 

 

レーザースコープとGPS測定器の大まかな違い

レーザースコープ

  • 見えるところしか距離測定ができない
  • サイズが大きくて持ち難い
  • 目標物にレーザーを照射させて距離を測定
GPS測定器

  • 見えないところまでの距離測定ができる
  • 小型で腕時計型があり便利
  • GPSとコースデータにより距離を測定する
  •  

     

    距離測定に関するゴルフ規則、ルール

    委員会がその使用を認めるローカルルールを制定している場合を除き、正規のラウンド中に距離測定器を使用することは認められない(規則14-3注および付属規則Ⅰ(A)7項参照)。

     

     

    セルフのラウンドでは助かる

    セルフのラウンドでは、ゴルフスコープやGPS測定器を使うことで、効率よくラウンドができるようにはなると思います。残りの距離が判らなかったり、悩んだりしながらラウンドするよりも、ゴルフスコープ、GPS測定器を使うことで、明確な距離を把握して、迷わずに番手を選んで打っていけます。逆に、ゴルフスコープ、GPS測定器を操作していて、ラウンドが遅延するということは、避けるようにしたいですね。

    ゴルフスコープを使うと、ストレスになる

    ゴルフスコープを使って、初めてラウンドをすると、けっこうストレスになります。セカンド地点に立ち、スコープを覗いて、レーザーを照射して、距離を測るのですが、なかなかピントが合わないなんてこともあります。傍から見ていると、「はやく打てよ」と思われることもありますので、その場の空気を読まないといけません。

    ゴルフスコープで測定して露呈となること

    ゴルフスコープで距離を測定すると、自分の飛距離が露呈となり、思っていたよりも飛んでないことに気付かされます。けっこう、凹みます。ゴルフ場のヤーデージも甘くなっていることも多くあります。ゴルフ練習場で使ってみようというゴルフ仲間が居ましたが・・・ゴルフスコープを買って、楽しい気持ちは判りますが、ゴルフ練習場でスコープを覗いていたら、変な人ですよね(笑)

     

     

    手が震えて計測できない

    レーザーをグリーンの旗に向けて照射する必要があります。先輩ゴルファーは、レーザー照射をするときに、手が震えて、旗に合わせられないから、もう使わないと言っておりました。レーザースコープの照準を目標物に合わせるという、細かな動作をしようとすると、手ぶれが起きてしまうということです。

     

     

    おすすめのゴルフスコープ

    モデル名 税込価格 サイズ(mm) 重さ 購入
    ニコン
    COOLSHOT 40i
    35,100円 長さ112×高さ70×幅36mm 約160g 価格詳細はコチラ
    ガーミン
    Approach(R) Z80
    73,800円 12.29×8×4.21cm 226g 価格詳細はコチラ
    ブッシュネル
    ピンシーカースロープツアー
    Z6ジョルト
    59,400円 33×102×74mm 227g 価格詳細はコチラ
    ブッシュネル
    ピンシーカープロ
    X2ジョルト
    70,200円 33×102×74mm 227g 価格詳細はコチラ

     

     

    GPS距離測定器 | 2グリーン測定可能 ウォッチ型 GPS

    GPS測定器で人気があるのは、2グリーン同時表示、同時測定ですね。今までは、右グリーン、左グリーンを切り替えなければいけなかったモデルが多かったです。しかも、ゴルフ場によっては、右グリーンだったり、次のホールは左グリーンだったりと統一されてない場合もあります。2グリーン同時測定ができるというのは、とても便利ですね。

    モデル名 税込価格 機能 購入
    イーグルビジョン
    watch4
    18,360円 ハザード位置の表示
    2グリーン同時表示等
    詳細はコチラ
    ゴルフバディー 24,300円 2グリーン同時表示
    ショット飛距離測定
    詳細はコチラ

     

    関連投稿記事
    2018年 全英オープン テーラーメイド限定モデル
    views 62
    2018年 全英オープン テーラーメイド限定モデル メジャーな大会ごとに限定キャディバッグ、限定ヘッドカバーを発表しています。今回は、全英...
    左肘が痛い | ゴルフ肘 | 上腕内側上顆炎
    views 20
    更新:2018年07月23日 最近、ゴルフラウンドが終わった後やゴルフの練習をした後に左の肘がズキズキと痛くなることがあります。今までは、...
    ゴルフと熱中症と紫外線対策
    views 62
    ゴルフと熱中症と紫外線対策 熱中症とは 熱中症になりやすい条件 熱中症になりやすい時間帯 主な熱中症対策 熱中症の症状 ...
    TOSHIN Princeville Golf Course(トーシンプリンスビルゴルフコース)| 三重県...
    views 14
    TOSHINPrincevilleGolfCourse(トーシンプリンスビルゴルフコース)でラウンドしてきました。そろそろ、QT(クォリファ...
    ゴルフ用 コンタクトレンズ
    views 765
    更新:2018年07月22日 ゴルフ用 コンタクトレンズ 目次 ゴルフとコンタクトレンズ ゴルフに最適なコンタクトレンズ コンタ...
    ゴルフ上達の近道は弾道分析 | フライトスコープ ミーボ
    views 27
    飛躍的に向上するドライビングパフォーマンスを測定しているトッププロのスイング分析、弾道分析の手助けをしているのが、トラックマンなどです。レー...
    ゴルフで当たり前と思っていることは変化する
    views 11
    以前にも、変な打ち方をするゴルファーの記事を書いたことがあるのですが、また新しい気付きがありました。自分ができること、自分が思っていること、...
    プーマ フーデッド スウェット
    views 9
    プーマ フーデッド スウェット ジャケット プーマのフーデッド スウェットの紹介です。トレーニング、ランニングなどの時に着用できます。...
    2018年 プーマのPWRADAPT(パワーアダプト)がアップデート!
    views 34
        パワーアダプト詳細 PWRADAPT(パワーアダプト)詳細(PDFファイル) 2018年...
    SNS シェア
    ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ