飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

倶楽部競技でGPS測定器、レーザースコープで飛距離測定OK!

最近は、倶楽部競技でもレーザースコープで距離測定が許される時代になってきました。レーザースコープでも、GPS測定器でも、どちらでも使用可能という流れになりつつあります。セルフプレーが、増えてきた昨今では、GPSナビが搭載されているカートを導入したゴルフ場も増えてきました。距離が把握できるというのは、それだけで安心感がありますし、悩みが少なくなりますから、結果的にプレーファーストにもつながります。GPS測定器、レーザースコープを使った方が良いのかどうか、また使用時の注意点などを紹介します。

 

ゴルフ規則と距離計測器

基本的に、ゴルフ規則としては、距離計測器を使うことはできないとされています。但し、ローカル・ルール、競技委員会によって使用が認められている場合は、使うことができます。

DMD

距離測定器をDMDと略して記載することがあります。これは、Distance Measuring Device の頭文字をとったものです。

 

 

あくまでも距離を測定するだけ

GPS測定器でも、レーザースコープでも測定しても良いとされているのは、直線距離です。高低差を測ったり、風向き、風の強さを計測することはNGとなっています。

競技モード

多機能型のレーザースコープの場合、競技モードが用意されており、高低差を測定できないようにすることができます。ただ、高低差を測定できるレーザースコープを競技モードにしても、使用禁止となっているローカルルールもあるようなので、注意が必要です。

 

 

レーザースコープとGPS測定器の大まかな違い

レーザースコープ

  • 見えるところしか距離測定ができない
  • サイズが大きくて持ち難い
  • 目標物にレーザーを照射させて距離を測定
GPS測定器

  • 見えないところまでの距離測定ができる
  • 小型で腕時計型があり便利
  • GPSとコースデータにより距離を測定する
  •  

     

    距離測定に関するゴルフ規則、ルール

    委員会がその使用を認めるローカルルールを制定している場合を除き、正規のラウンド中に距離測定器を使用することは認められない(規則14-3注および付属規則Ⅰ(A)7項参照)。

     

     

    セルフのラウンドでは助かる

    セルフのラウンドでは、ゴルフスコープやGPS測定器を使うことで、効率よくラウンドができるようにはなると思います。残りの距離が判らなかったり、悩んだりしながらラウンドするよりも、ゴルフスコープ、GPS測定器を使うことで、明確な距離を把握して、迷わずに番手を選んで打っていけます。逆に、ゴルフスコープ、GPS測定器を操作していて、ラウンドが遅延するということは、避けるようにしたいですね。

    ゴルフスコープを使うと、ストレスになる

    ゴルフスコープを使って、初めてラウンドをすると、けっこうストレスになります。セカンド地点に立ち、スコープを覗いて、レーザーを照射して、距離を測るのですが、なかなかピントが合わないなんてこともあります。傍から見ていると、「はやく打てよ」と思われることもありますので、その場の空気を読まないといけません。

    ゴルフスコープで測定して露呈となること

    ゴルフスコープで距離を測定すると、自分の飛距離が露呈となり、思っていたよりも飛んでないことに気付かされます。けっこう、凹みます。ゴルフ場のヤーデージも甘くなっていることも多くあります。ゴルフ練習場で使ってみようというゴルフ仲間が居ましたが・・・ゴルフスコープを買って、楽しい気持ちは判りますが、ゴルフ練習場でスコープを覗いていたら、変な人ですよね(笑)

     

     

    手が震えて計測できない

    レーザーをグリーンの旗に向けて照射する必要があります。先輩ゴルファーは、レーザー照射をするときに、手が震えて、旗に合わせられないから、もう使わないと言っておりました。レーザースコープの照準を目標物に合わせるという、細かな動作をしようとすると、手ぶれが起きてしまうということです。

     

     

    おすすめのゴルフスコープ

    モデル名 税込価格 サイズ(mm) 重さ 購入
    ニコン
    COOLSHOT 40i
    35,100円 長さ112×高さ70×幅36mm 約160g 価格詳細はコチラ
    ガーミン
    Approach(R) Z80
    73,800円 12.29×8×4.21cm 226g 価格詳細はコチラ
    ブッシュネル
    ピンシーカースロープツアー
    Z6ジョルト
    59,400円 33×102×74mm 227g 価格詳細はコチラ
    ブッシュネル
    ピンシーカープロ
    X2ジョルト
    70,200円 33×102×74mm 227g 価格詳細はコチラ

     

     

    GPS距離測定器 | 2グリーン測定可能 ウォッチ型 GPS

    GPS測定器で人気があるのは、2グリーン同時表示、同時測定ですね。今までは、右グリーン、左グリーンを切り替えなければいけなかったモデルが多かったです。しかも、ゴルフ場によっては、右グリーンだったり、次のホールは左グリーンだったりと統一されてない場合もあります。2グリーン同時測定ができるというのは、とても便利ですね。

    モデル名 税込価格 機能 購入
    イーグルビジョン
    watch4
    18,360円 ハザード位置の表示
    2グリーン同時表示等
    詳細はコチラ
    ゴルフバディー 24,300円 2グリーン同時表示
    ショット飛距離測定
    詳細はコチラ

     

    SNS シェア
    ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン