飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ジミー・ウォーカー の ドライバーは42インチ

更新:

 

ジミー・ウォーカーのドライバー


※写真はGDOギアカタログより

2017年の初戦となる SBSトーナメントofチャンピオンズ ですが、新しいシーズン初めということもあり、様々な話題が取り上げられています。キャロウェイの新モデル GBB Epic Driver ( エピックドライバー )が登場したということも話題となっていました。

そして、ジミー・ウォーカーのドライバーが42インチであるということも話題となっています。ドライバーで42インチというのは、とても珍しいと思います。45インチ以下のドライバーを使う選手は居ますが、42インチのドライバーというのは、あまり聞いたことがありませんので、驚きです。ドライバーを42インチにした理由はフェアウェイキープ率を高めるためとのことです。

スポンサーリンク  

ジミー・ウォーカーは、TITLEIST 917D2 を使用しています。917D2ドライバーの標準シャフトの長さは45.5インチです。そして、ジミー・ウォーカーはシャフトの長さを42インチとしています。とても珍しいセッティングとなっています。

最近のスプーン(3番ウッド)の長さが43インチ、43.5インチくらいですから、それよりも短いということになりますね。42インチといえば、5番ウッド並の長さですね。5番ウッドと同じくらいの長さのドライバー・・・とても珍しいです。

海外のメディアでは、ジミー・ウォーカーの42インチ ドライバーのことをミニドライバー、ショートドライバーと表現をしていました。42インチのドライバーですから、短くて小さく見えたから、ミニドライバーと表現したのかもしれませんね。

 

ジミー・ウォーカーの飛距離、ミート率など

ジミー・ウォーカーの飛距離、ミート率を調べてみました。PGATOUR.COMサイトより、ばっすいなのですが、42インチのドライバーを使ったドライビング・パフォーマンスではないかもしれませんので、このデータが確実であるとはいえません。

  • DRIVING DISTANCE : 335.8
  • CLUB HEAD SPEED : 117.45
  • SMASH FACTOR : 1.507

ヘッドスピードはマイル表記となっていますので、毎秒に変換して、ボールスピードも計算をすると以下の通りとなります。

  • 平均ドライビングディスタンス : 335.8ヤード
  • ヘッドスピード平均 : 52.5m/s
  • ミート率 : 1.507
  • ボールスピード : 79.11m/s

上述したデータからして、ジミー・ウォーカーはもともと飛ぶタイプのゴルファーですから、シャフトを42インチにして、少し飛距離が落ちたとしても、あまり気にならないのかもしれませんね。飛距離よりもフェアウェイキープ率を高めることを優先したということでしょうね。

もともと飛ぶゴルファーは、飛距離が以外のところで悩みが発生するものなんだなということに気付きました。また、ドライバーのシャフトを42インチまでカットしてしまという大胆な発想は、すごいですね。

 

ジミー・ウォーカーのスイング

自身のINSTAGRAMにアイアンショットの動画が投稿されていました。よく見ると、インパクトの瞬間に顔が上がっているように見えますが・・・


 

ジミー・ウォーカー

  • 1979年1月16日 生まれ
  • アメリカ出身
  • 使用クラブ : TITLEIST

 

関連ニュース記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン