飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

石川遼のスイング変更から学ぶ点

石川遼選手が日本プロ選手権 日清カップヌードル杯に出場をして注目を浴びています。体調はどうなのでしょうか? もう本調子なのでしょうか? 身体に負荷が掛からないようにスイングを調整してきたとのことです。

ちなみにGDOニュース記事に石川遼選手にインタビューしたときの内容が書かれており、そこには今までのスイングと新しいスイングの違い、スイングの考え方などが書かれていました。これは、良いヒントになります。

GDOニュース記事
石川遼、完全復活への鍵は1W「スイングを一新しないといけない」

石川遼の今までのスイング

今まではボールを左足寄りに置いていた。
そして、フォローで押すようなスイングだった。

たしかに今まではスタンス幅も広く、左足側にボールが置かれているアドレスでした。おもいっきアッパーで打つボール位置でした。ですが、極端なまでにボールを置く位置が左側過ぎると、身体が左へ移動してしまうこともあります。それは、軸がブレてしまうということにも繋がります。また、左足側に置かれたボールを打つには、柔軟な股関節が必要となってきます。これが、身体に負荷を掛ける原因だったのかもしれません。

石川遼の新しいスイング

ボールを内側(右側)に入れた。
シャフトが垂直な状態でボールにインパクトできる。
そこから押し込める。

新しいスイングではボールの位置を内側(右側)に入れたと説明をしています。ですから、今までよりも楽なスイングが出来るだろうし、シャフトが垂直な状態でインパクトできると説明をしている通りにダウンブローな打ち方になります。また、ボールを置いている位置が左足側ではないので、身体が左に移動しない(軸がブレない)ということと、身体への負荷が軽減されます。

ボールの位置を変えたという意味

つまり、これはスイングを変えたのではなくて、ボールの位置を変えたということですね。つまり、アドレスを変えたということになります。ボールの置く位置を変えるだけでも、スイングが変わってきますし、インパクトのタイミングも変わってきます。中部銀次郎さんの書籍にも「スイング中に頭が動いてしまい、スイングの軸がブレてしまうような人はボールの位置が悪いということが多い・・・」と書かれています。

スイングを変えた ではなくて、アドレスを変えたというのが適切な言い方なのかもしれません。ボールの置く位置を右側(内側)に入れるだけでも、当たり前の事ですがスイングが変わってしまいます。どれほどアドレスが大切なのか、ボールの置く位置が大切なのかが判ってきますね。ティーショットで無造作にアドレスをするのではなくて、しっかりと方向を決めて適切なボールの位置でアドレスをすれば、適切なスイングが出来るということですね。

ちなみに石川遼選手の場合は、2010年か2011年頃にドライバーショットでのボールを位置を左足踵線上に変更をしたとか話題となっていた時期があったような記憶があります。曖昧な記憶で申し訳ないですが。ですから、ボールの置く位置を内側(右側)に置いたスイングというのは、新しいスイングではなくて、元のスイングに戻すという意味なのかもしれませんね。

どちらにしろ、ドライバーショットでボールの置く位置を内側(右側)に置いた方が、私のようなアマチュアゴルファーは、もっと打ちやすさを感じます。ドライバーでスライスが出るとか、左へ引っ掛けるというようなことがある場合は、スイングが問題なのではなくて、ボールの置く位置が悪いだけ なのかもしれませんね。

石川遼選手からは、素晴らしいヒントを貰ったような気がしました。
早速、練習場で試してみたいです。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学