飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

石川遼 優勝 第44回RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2016

石川兄弟が出場するとのことで話題となっていました、第44回RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2016 ですが、石川遼選手が優勝をしました。

スポンサーリンク
 

RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントが25日から開催されます。そして、石川遼選手が出場します。それだけではなく、弟の石川航さんも出場をします。ちなみに、弟の石川航さんのキャディを務めるのが妹の葉子さん(石川航さんから見たら姉)とのこと。つまり、石川三兄弟が勢揃いするということになります。

弟の石川航さんは、2000年02月23日生まれとのことで、まだ16歳です。お兄さんの石川遼さんは、16歳でプロとなりました。史上最年少のツアープロ誕生ということで話題となりましたね。弟の石川航さんも早めのプロ転向を目指すのでしょうか・・・それよりも、どのようなゴルフをするのか楽しみですね。

RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 概要

  • 開催期間 : 2016年8月25日?2016年8月28日
  • 開催ゴルフ場 : 芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)
  • 賞金総額 : 100,000,000円
  • 優勝賞金 : 20,000,000円
  • 関連サイト : http://www.kbc.co.jp/sports/augusta/

 

初日から2日目にかけても、かなり調子が良さそうでしたし、アプローチとパッティングの精度がとても高くなっているような感じがしましたね・・・なんてことを私がコメントするなんて、大変おこがましいのですが。ですが、本当にそんな感じがしました。

ドライバーショットは多少のブレがあるものの、ライの悪いところからのアイアンショット、アプローチの精度は素晴らしかったですね。パッティングも読み切っていましたから、グリーン上でのモヤモヤした気持ちが無さそうでした。

昔のように、ガツガツ攻める感じのゴルフではないですが、今のゴルフの方が石川遼という感じがしますね。今の石川遼・・・いつまでも、10代の時のようなゴルフは出来なくなっているのかもしれませんが、それを乗り越えていくことも必要なんでしょうね。

最終日は雷雲が接近しているとのことで、中断がありました。それでも、再開された後も乱れることなく自分のゴルフを突き詰めていきました。

印象的だったのが、刻んだところです。13番 PAR5 535ヤードではティーショットを左に曲げてしまいました。3打目勝負を考えてセカンドは出すだけ・・・だったのですが思わぬラフに入ってしまいました。そこから、ラフからの3打目。しかも、木がグリーンを狙うラインを邪魔している。3オンを諦めて刻んで4オンして1パットでパーでした。石川遼らしくないゴルフだったのかもしれませんが、こういった諦めというか、避ける、逃げる、安全に・・・というゴルフができるようになったというのは、それなりの成長があったからなのかもしれませんね。もちろん、スコア的にも余裕があったというのもあるかもしれません。

新鮮な石川遼を見れました。
これからも頑張ってほしいです。

各選手スコア

1位 優勝 石川遼 スコア通算:-15
2位T 高山忠洋 スコア通算:-10
2位T M.ヘンドリー スコア通算:-10
2位T B.ケネディ スコア通算:-10
5位T 宮本勝昌 スコア通算:-9
5位T 藤本佳則 スコア通算:-9
5位T 谷原秀人 スコア通算:-9

RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 概要

  • 開催期間 : 2016年8月25日?2016年8月28日
  • 開催ゴルフ場 : 芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)
  • 賞金総額 : 100,000,000円
  • 優勝賞金 : 20,000,000円
  • 関連サイト : http://www.kbc.co.jp/sports/augusta/

 

スポンサーリンク
 

関連記事

石川遼が完全V ケガから“復活”通算14勝目

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学