飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

許仁會【 ホインヘ Hou In-hoi 】

許仁會【 ホ・インヘ Hou In-hoi 】
韓国出身のゴルファーです。

日本ツアーに颯爽と現れて、豪快のゴルフをしていました。テレビで見ながら、何だコイツ?って思いましたね。明らかに日本人とは異なる感覚でゴルフをしていました。飛ばすし、アイアンショットも正確だし、自分の感覚を武器にゴルフをしていました。

スポンサーリンク
 

日本では I・H・ホ と呼ばれていたり、名前が記載されています。

韓国出身の選手で、なんとなくですが、日本のツアーでは少しだけ影が薄い感じになっています。それは、そうですよね。松山秀樹選手が出場していたら、松山秀樹選手ばかり追いかけるでしょうからね。でも、ホ・インヘは、なかなかのゴルフ・センスを持っていると思います。

今現在の日本ツアーでは、かなり面白い選手だと思います。

勢いがあるし、やんちゃな雰囲気がするし、度胸があるし、派手だし・・・豪胆なゴルフラウンドは観客を楽しませてくれていました。

けっこう好きな選手です。

金髪で赤いウェアー、サングラスというのがトレードマークとなりつつありますね。ちなみにサングラスはアルマーニのサングラスらしいですよ。お父さんは、事業家で お金持ちだとか。

なんとなく、垢抜けしない雰囲気が、また好きです。

TOSHIN GOLF TOURNAMENTではアンダー記録を塗り替えつつも優勝をしましたし、トロフィーを持ちながら自分の彼女と一緒にツーショット写真なんか撮影をしていたらしいです。微笑ましいですね。

ホ・インヘ優勝写真 【 facebook 】

ヤーデージブックを持つことなく、自分の感覚を信じてゴルフをしているらしく、アドレスをしたらサッさと打つというスタイルだからなのかラウンドするスピードも速いらしく、前の組に追いついてしまったら、地べたに胡坐をかいて座り込んで待ち時間を過ごしていたりとか、とても個性的な選手。

2014年 ダンロップフェニックストーナメントの3日目では林のなかに打ち込んだボールを打ったら手を怪我してしまって出血をしながらのラウンドをしていました。グリーン脇で松山英樹選手と並んで立ち、ボソボソと何かを話していたのがテレビの映像で映し出されていたのを憶えています。手は大丈夫なの?血が出たの? うん。大丈夫だよ。 そんな会話をしていたのかもしれないですね。

日本語はカタコト。そんなに流暢に日本語を操れるわけではないけど、日本のツアーで日本人のプロたちに混ざって自分のゴルフを試しています。度胸あると思いますよ。それか、何も考えてないのかもしれないけど。

そんな、ホ・インヘ選手は兵役のため2年間お休みをするらしいです。2年間もゴルフから離れて、戻ってきたら全く別のゴルフ界になっているかもしれない。

日本ツアーのなかで、ホ・インへ選手は、とりあえず コイツ面白いな! という選手だと感じます。そういった選手が少なくなっていきますね。寂しいです。

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学