飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

松山英樹が使っているパター

WGCブリヂストン招待で優勝した松山英樹選手ですが、使っていたパターがローリー・マキロイと同じとのこと。松山英樹選手が使っているパターを追いかけてみました。

スポンサーリンク
 

テーラーメイド TP コレクション ミューレン


※写真はGDOギアカタログ

 

松山英樹選手が優勝したときに使っていたパターが、実はテーラーメイドのTP コレクション ミューレンです。厳密には、プロトタイプになるようです。ソールには、英語で HIDEKI と刻印されています。以前は、スコッティキャメロンを使っていることもありましたが、色々と悩んで、色々なパターを試した結果として、テーラーメイドのTP コレクション ミューレン プロトタイプにしたんでしょうね。

もともと、松山英樹選手は、パターに関しては多くの悩みがあるように思います。ですが、悩みのあるパッティングを助けるかのようにアイアンショットの精度が高いです。アイアンショットの精度の高さは、海外メディアも注目している程です。WGCブリヂストン招待での優勝は、パターが良かったのか、ショットが良かったのか・・・それは本人のみぞ知るところかと思いますが、全てのショットが噛みあっていたように感じます。

スポンサーリンク
 

ここからは、憶測の話なので独り言と思ってください。
松山英樹選手は、もともとダンロップと用具契約をしていますが、ドライバーはキャロウェイの2015年モデルのGBBを使用しています。そして、パターはテーラーメイドのミューレンを使用しています。

もしかしたら、他のメーカーから用具契約のオファーが来てるのかもしれませんね。ロレックスとも契約している程ですから、強くPRをしようとしているゴルフクラブメーカーとしては、注目の選手かもしれませんね。

WGCブリヂストン招待で優勝した勢いを保ったまま、今週は全米プロ選手権が開催されますので、こちらでの活躍も楽しみです。

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン