飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ場 の 会員 いろいろ

ゴルフ会員権ではなく、そのゴルフ場の簡易的な会員を募集していることがあります。例えば、友の会とかウェブ会員とか、メール会員とかそういった会員になることで、リーズナブルにゴルフをすることが出来ます。私もいくつかのゴルフ場の友の会に入会をしています。

スポンサーリンク
 

友の会に入会するには年会費が必要となる場合がありますので、手当たり次第に入会するということはナンセンスです。ですが、自分が気に入ったゴルフ場があり、そのゴルフ場が友の会を募集しているのであれば、入会すると楽しいゴルフライフを送ることが出来ます。

最近はインターネットの1人予約と絡めて友の会やウェブ会員などを募集していることが多いです。友の会などに入会をしても、友人知人が居なければラウンドが出来ません。ですが、1人予約という仕組みがあれば、自分1人でゴルフをすることができますし、他の友の会に入会した人たちとラウンドをすることができますので、ゴルフ仲間が増えてきます。

ウェブ会員
よくあるのがウェブ会員ですね。そのゴルフ場のウェブサイトから会員登録ができるようになっており、氏名、連絡先、住所、メールアドレスを登録をすることで、そのゴルフ場のウェブサイトからゴルフ場の予約が可能になったり、一般ビジターよりも少し安い金額でラウンドが出来ます。
友の会
友の会もよくあるパターンです。概ね、年会費が10,000円前後必要になることがあります。競技に参加できる場合もあるようです。もちろんハンディキャップも取得が出来るようです。ビジターよりもラウンドフィーが安く設定されていることが多いです。
メール会員
ゴルフ場の掲示板などに、たまに掲げられていることがあります。QRコードを読み込んで、自分のメールアドレスを登録すると、そのゴルフ場のサービスプランやシークレットプランなどの情報がメールで送られてきます。一般的なビジターよりもリーズナブルにラウンドが出来る情報を早く入手することが出来ます。
スポンサーリンク
 

それぞれ、ゴルフ場によって募集内容が異なりますので、確認してから応募すると良いと思います。わたしは、いくつかのメール会員、ウェブ会員になっています。シークレットプランという、とてもお得なラウンドフィーでの予約ができる案内を頂いております。

その他、ゴルフ場を運営している外資系企業の株式を購入するという方法も良いです。株取引で儲けるのではなく、株式を保有して株主優待を得ることが出来ます。ちょっとした優待券ですが、2000円?3000円程度の割引が得られることがあります。

最近は、ゴルフばかりに行っているので、コストが嵩みます。やはり、サラリーマン・ゴルファーだからこそゴルフ会員権は買ったほうが良いのかもしれないと感じています。

ゴルフ会員権 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン