飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフレッスンで習えないこと 【 心 技 体 】

ゴルフレッスンで習えないこと・・・それはメンタル面です。ゴルフレッスンの先生は、ゴルフ技術に長けているし、ゴルフ理論も確立されており、その技術や理論を教わるわけです。

適切なアドレス、グリップ、適切なボール位置などは、確実に覚えることが出来ます。そして、スイングを作るということに関しては、やはりゴルフレッスンの先生にしっかりと習って、どの番手でも、どのクラブでも同じスイングが出来るようにするということは大切ですね。

ただ、ゴルフレッスンの先生はメンタルヘルスの先生ではないから、自分の内面から発生するメンタル的な問題を解決することは出来ません。緊張したり、ドライバーに対する不安とか、ラウンド全体に関する不安などを解消することは難しいです。

自分が苦手としているタイプのゴルファーと同じ組になってしまってボロボロになった・・・というのは明らかにゴルフ技術やゴルフ理論の問題ではありませんからね。自分の内面から発生する問題です。

ティーショットでいつも緊張をして朝一のドライバーはチョロしてしまうという場合は、スイングに問題があるからチョロをするわけなのですが、きまって朝一のドライバーでチョロをするというのは、その時にだけスイングがおかしくなるというkとですよね。ということは、朝一という、今日初めてのショットだから、という緊張があるわけであり、その緊張が自分の身体をスムーズに動かすことを抑制してしまっているんだと思います。

ですが、言い方を変えるとこのような考えも出来ます。常に適切なボール位置、グリップ、アドレスができて、適切なスイング、適切なショットが出来るようになれば、朝一という条件だろうとナイスショットをすることができるようになると思います。朝一だからミスしてはいけないとか周りの人たちが見ているからという意識があるから、既にボールの位置やアドレスから間違っていることもあるんだと思います。

ジュニアクラスのラウンドレッスンなんて大変ですよ。時々、ホームコースでジュニアクラスのレッスンラウンドを見かけますが、グリーン周りのバンカーに入れたら怒られるし、1発でバンカーから出せなかったら・・・また怒られます。彼らは、将来的にはゴルフに関わるような仕事を目指していると思いますから、怒られて当然なのかもしれません。グリーンまで170ヤード、180ヤードの距離は確実にグリーンに乗せてこないと怒られますからね。しかもベタピンとか。それは、ジュニアの子達はそういったことが出来るという能力があるから、それが出来ないことに対して先生が怒るんでしょうね。ジュニアの子達が怒られるといっても、スパルタな雰囲気ではないですよ。でも、体育会系な雰囲気ですけどね。

出来ないことに関して怒られるということを考えてみると、ゴルフ技術を身に付けようと思ってゴルフレッスンに通っている私もなかなか上手くいかないことがありますが、そういった場合は怒られて当然なのかもしれないですね。何度やって同じミスをしてしまうというのは、ゴルフ技術とか、ゴルフ理論とかじゃなくて、きっと自分のメンタルの問題なんだと思います。苦手意識が染み付いてしまっているのだろうと思います。ミスして当然とか思っている自分が居るのかもしれないですね。そういった半ば諦めたような気持ちを払拭することが重要なんだろうなと感じています。

JALを立て直した経営の神様も 出来ないと思うな、出来ないようなことでも出来ると思えば、出来るようになる というようなことを書籍に書いていましたね。それは、まるで無理強いするようなイメージがありますが、実は人間の能力を開花させるメソッドなのかもしれないですね。

JALを立て直した経営の神様の人生方程式というのがありまして、能力は才能・知能を意味しており、先天的な資質のこと。熱意は努力をする心であり、それは情熱であり、後天的な努力を意味する。考え方は哲学・思想・倫理であり生きる姿勢を意味するとのことです。なんとなくゴルフに通じるものを感じますね。

ゴルフレッスンに通っていても上達しないのは、先生が悪いわけではなくて、ゴルフクラブが悪いわけでも無い。実は自分の内面、メンタルの問題だったりすることが多いのだろうと思います。自分の内面が変われば、あっという間に上達をするのかもしれないですね。

心技体という言葉がありますが、その意味が判ってきますね。
心が如何に大切なのか再認識できます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン