飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ボールは曲がってもOK

ゴルフはボールを真っ直ぐに飛ばすのは難しいです。右利きであればボールが右に曲がってしまうというスライスが多くなります。もちろん、左に曲がるとい人も居ますが。ボールが曲がるなら、曲がることを利用してゴルフラウンドをしたら良いですよとレッスンの先生に教わったことを思い出しました。プロゴルファーでもボールは曲がります。しかし、それはコントロールされたものであり、曲がるというよりは曲げています。

スポンサーリンク
 

 

私も少し前まではボールがスライスしまくって悩んでいた時期がありました。とくにアイアンです。肩は開くし、右腕は入るし、ハンドファースト多めでヘッド遅れてフェイスは開いてるし、とにかく右に曲がる要素が盛りたくさんでした。原因が究明できれば修正をすることができます。

でも、直ぐには修正をすることが難しいので、曲がってしまうボールと付き合いながらラウンドをしていた時期があります。どうせ、スライスするなら少し左を向いて打てば良いと言う考えてラウンドをしていた時期があります。

ティーショットは真っ直ぐ打って、アイアンは左を向いて・・・スライス。

アイアンだけは、曲がったボールが自分の持ち球でした。

アイアンでのスライスは、今もそのままです。つまりフェード打ちになるのですが、もともと左にひっかけるのが大嫌いなので、少しスライスしてくれたほうが安心感があるのと、ボールがグリーンで止まりやすくなりました。止まりやすくなったというか、転がる距離が少なくなりました。

どうせボールが曲がるなら、その曲がりを利用してショットをしたほうが効率が良いラウンドが出来ます。効率が良いというか、大きなミスを防ぐことが出来ます。ただ、注意点としては常に同じ方向に曲がるようなショットをしなければいけないということです。

second_shot

 

自分の曲がり幅を知る

曲がったボールでラウンドをするには、練習場である程度の自分のボールの曲がり幅、曲がり具合を知っておく必要性があります。こういった打ち方をするとスライス15ヤードくらいスライスするとか。

私はアイアンショットでは5ヤードくらいスライスをすることがありました。自分の曲がり幅を知ることで、実際のラウンドに活かせることが出来ます。グリーンを狙うときも、真っ直ぐにグリーンを狙うのではなくて、グリーンの左側を狙って、大体このあたりからスライスが入るだろうなというイメージを作ってショットをしていました。ボールが曲がるので飛距離は落ちましたが、スイングを修正するまでは、スライスボールでのラウンドをしていました。

スポンサーリンク
 

最終的には曲がらないボールを打てるようにすること

今は曲がるボールしか打てなかったとしても、将来的には曲がらないボールを打てるようになることを目標にしたほうが良いです。ボールを曲げなければいけない状況に陥ることもありますが、基本的には真っ直ぐ打っていくということが最も無難であり、最もシンプルです。

海外の選手もボールを曲げていたりもしますが、基本的には真っ直ぐに打っていることが多いです。真っ直ぐ飛ばして、難しいことを考えずにゴルフをするということを考えているのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン