飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスコープ、GPS測定器

スポンサーリンク

GPSタイプよりも、使いやすいゴルフスコープ。目標までレーザー照射して、残り距離を測定することができます。まだ、ゴルフ規則としては、使用することが微妙なのですが、プライベート・コンペなどでは、使えることが多くあります。正式な競技では、まだまだ使用することは許されてないことが多いです。ただし、GDO主催の競技などでは、ゴルフスコープ、GPS計測器などが使用できる場合もあります。少しずつですが、機器を使用しての計測に関しては、緩くなってきている感じがします。

ゴルフスコープ、GPS測定器使うメリット

最近、ゴルフ仲間の中で流行しているのが、ゴルフスコープです。正式な競技で使うことはできませんが、GPSよりも正確な距離が測れるとのことで、人気があります。日頃の練習ラウンドで、ゴルフスコープを使って、距離を測ってラウンドをすることで、距離感を養っておこうという考えのようです。ティーショットで、あの辺りにボールを運んだら、セカンドショットでは、概ね150ヤードくらいは残るだろうという感覚を養うことができます。

ゴルフスコープで計測して露呈となること

ゴルフスコープで距離を計測すると、自分の飛距離が露呈となり、思っていたよりも飛んでないことに気付かされます。けっこう、凹みます。ゴルフ場のヤーデージも甘くなっていることも多くあります。ゴルフ練習場で使ってみようというゴルフ仲間が居ましたが・・・ゴルフスコープを買って、楽しい気持ちは判りますが、ゴルフ練習場でスコープを覗いていたら、変な人ですよね(笑)

ゴルフスコープを使うと、ストレスになる

ゴルフスコープを使って、初めてラウンドをすると、けっこうストレスになります。セカンド地点に立ち、スコープを覗いて、レーザーを照射して、距離を測るのですが、なかなかピントが合わないなんてこともあります。傍から見ていると、「はやく打てよ」と思われることもありますので、その場の空気を読まないといけません。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、ゴルフスコープとゴルフ規則
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン