飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスコープ、GPS測定器

GPSタイプよりも、使いやすいゴルフスコープ。目標までレーザー照射して、残り距離を測定することができます。まだ、ゴルフ規則としては、使用することが微妙なのですが、プライベート・コンペなどでは、使えることが多くあります。正式な競技では、まだまだ使用することは許されてないことが多いです。ただし、GDO主催の競技などでは、ゴルフスコープ、GPS計測器などが使用できる場合もあります。少しずつですが、機器を使用しての計測に関しては、緩くなってきている感じがします。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

 

ゴルフスコープ、GPS測定器使うメリット

最近、ゴルフ仲間の中で流行しているのが、ゴルフスコープです。正式な競技で使うことはできませんが、GPSよりも正確な距離が測れるとのことで、人気があります。日頃の練習ラウンドで、ゴルフスコープを使って、距離を測ってラウンドをすることで、距離感を養っておこうという考えのようです。ティーショットで、あの辺りにボールを運んだら、セカンドショットでは、概ね150ヤードくらいは残るだろうという感覚を養うことができます。

ゴルフスコープで計測して露呈となること

ゴルフスコープで距離を計測すると、自分の飛距離が露呈となり、思っていたよりも飛んでないことに気付かされます。けっこう、凹みます。ゴルフ場のヤーデージも甘くなっていることも多くあります。ゴルフ練習場で使ってみようというゴルフ仲間が居ましたが・・・ゴルフスコープを買って、楽しい気持ちは判りますが、ゴルフ練習場でスコープを覗いていたら、変な人ですよね(笑)

 

 

ゴルフスコープを使うと、ストレスになる

ゴルフスコープを使って、初めてラウンドをすると、けっこうストレスになります。セカンド地点に立ち、スコープを覗いて、レーザーを照射して、距離を測るのですが、なかなかピントが合わないなんてこともあります。傍から見ていると、「はやく打てよ」と思われることもありますので、その場の空気を読まないといけません。

 

 

ゴルフスコープとゴルフ規則

距離計測器を正規のラウンド中に使用することは認められますか?

認められません(規則14-3を参照のこと)。しかしながら、その競技を統轄する委員会はローカルルールを制定して距離計測器の使用を認めることができます。その場合でも使用が認められるのは「距離のみを計測する機器」であり、プレーヤーのプレーに影響を及ぼすようなその他の状況(風向きや勾配など)を計測できる機能を有した機器の使用は、たとえその機能がオフになっていたり、実際に使用されないとしても認められません(裁定14-3/0.5を参照のこと)。乗用カートに組み込まれたGPSシステムによる距離計測機能も同様の扱いとなります。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

おすすめのゴルフスコープ

モデル名 税込価格 測定可能距離 サイズ(mm) 重さ 購入
キャディトーク
CTL-700
32,400円 4~700m 110(横)
76(縦)
45(高)
172g 詳細はコチラ
AGF-Laser1
27,000円 5~600m 105(横)
72(縦)
39(高)
180g 詳細はコチラ
COOLSHOT 80i
VR LCS80IVR
35,358円 7.5~915m 99(横)
75(縦)
48(高)
200g 詳細はコチラ
COOLSHOT 20
LCS20
19,980円 5~500m 91(横)
73(縦)
37(高)
約125g 詳細はコチラ

 

 

2グリーン測定可能 ウォッチ型 GPS

GPS測定器で人気があるのは、2グリーン同時表示、同時計測ですね。今までは、右グリーン、左グリーンを切り替えなければいけなかったモデルが多かったです。しかも、ゴルフ場によっては、右グリーンだったり、次のホールは左グリーンだったりと統一されてない場合もあります。2グリーン同時計測ができるというのは、とても便利ですね。

モデル名 税込価格 機能 購入
イーグルビジョン
watch4
18,360円 ハザード位置の表示
2グリーン同時表示等
詳細はコチラ
ゴルフバディー
24,300円 2グリーン同時表示
ショット飛距離測定
詳細はコチラ

 

 

セルフのラウンドでは助かる

セルフのラウンドでは、ゴルフスコープやGPS測定器を使うことで、効率よくラウンドができるようにはなると思います。残りの距離が判らなかったり、悩んだりしながらラウンドするよりも、ゴルフスコープ、GPS測定器を使うことで、明確な距離を把握して、迷わずに番手を選んで打っていけます。逆に、ゴルフスコープ、GPS測定器を操作していて、ラウンドが遅延するということは、避けるようにしたいですね。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン