ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

ゴルフスクールの有用性

ゴルフスクールに通う上達の近道だと思ってます。最近のゴルフスクールは、インストラクターの主観に捉われることなく、弾道計測機、スイング分析機などを使用して、様々なデータを用いたスクールが増えてきてます。

最近、自分が受けたゴルフスクールの特徴を紹介します。

 

弾道計測機を利用したゴルフスクール

屋内のゴルフスクールの最大のメリットといえば、弾道計測機などを利用して、自分の弾道の特徴を知ることができるという点です。ボールの打ち出し角度、バックスピン量、スライス回転・フック回転などのボールの曲り幅などを知ることができます。

適切な状態にするために、スイングを修正するというで、今以上に飛ばせるようになることができます。

ドライバーショットであれば、適切なスイングで打つことができれば、打ち出し角度17度、バックスピン量 1700回転を目指して打つことができます。この場合、最大飛距離が得られると言われてます。

スポンサーリンク

弾道計測機を利用することで、今の自分の弾道をチェックすることができますし、最適な弾道が打てるようにスイングを修正することができます。インストラクターの主観によってスイングを修正するのではなく、最適な弾道が打てるように、今よりも打てるようになるためにスイング修正することができるので、弾道計測機が使えると、短期間で上達しやすいです。

 

弾道計測機では計測されないことが重要

弾道計測機だけに頼っていては、適切なスイングを習得することはできません。弾道計測機では、把握できないことも多くあります。例えば、グリップ(握り方)、クラブ(番手ごと)別のボールポジションなども弾道計測機では、測れません。だからこそ、インストラクターと共に適切な位置を習う必要があります。

つまり、弾道計測機では測れないところを、正しく・しっかりと習うことができるゴルフスクールがおすすめです。

ゴルフスイングの弾道計測機では測れない重要な点(一例)

  • アドレス(前傾姿勢)
  • グリップ(握り方)
  • ボールポジション(ボールを置く位置)
  • 捻転の深さ
  • トップの高さ

 

女性でも上達しやすいゴルフスクール

弾道計測機を利用することで、女性でも上達しやすくなります。女性ゴルファーも、とりあえず飛ばせた方がスコアがまとめやすくなります。

女性ゴルファーの場合、ティーショットで飛ばせた方が楽になりますし、スコアをまとめやすくなります。レディースティーからのラウンドの場合、PAR4ミドルホールでは、270~290ヤードくらいのホールが多くなります。ティーショットでは、170~180ヤードくらい飛ばせれば、セカンドショットは約100ヤードくらいとなりますから、2オンしてパーが獲れる可能性が高くなります。

女性ゴルファーもスライスが天敵

女性ゴルファーもティーショット(ドライバーショット)のミスとしては、スライスが多いです。真っ直ぐ飛ばせれば、180ヤードくらい飛ばせるのに、スライスしてしまって160ヤードくらいしか飛ばせないということも多いです。

もちろん、飛ばすだけではなく、アプローチなどのショートゲームも重要ですし、スコアを大きく崩してしまうバンカーも大切です。

 

おすすめのゴルフスクール

おすすめのゴルフスクールを紹介します

ゴルフテック

GDOが運営してるゴルフスクールです。全国にありますので、自分が住んでる地域から通いやすいゴルフテックを見つけられます。スイング分析が可能です。自分のスイングをデータ化して、修正点を導き出します。

 

ライザップゴルフ

有名過ぎるゴルスクールかもしれません。かなり宣伝してるので、知らない人は居ないかもしれません。ライザップゴルフも全国に店舗があります。ライザップゴルフもスイング分析、弾道分析が可能です。

 

ワイズワン ゴルフスクエア

ゴルフシミュレーター GDRを導入したゴルフスクールです。スイング分析、弾道解析などが可能です。
スクールは、浅草、豊洲、西葛西にあります。

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン