飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ゴルフ ナイスショットをする4つのポイント

岩間健二郎さんの書籍 ゴルフ ここだけ直せばうまくなる に 書いてあったことなのですが。それも10年以上前の書籍なので、現代的に通用するかどうは分かりませんが、とても良いことが書いてありました。古い書籍なのですが、内容としては十分に今の私のゴルフに活かせる内容が書かれています。たまに自室の本棚を整理すると色々と古い書籍が出てくるんですよね。

岩間健二郎さんの書籍には、タイガー・ウッズやジム・フューリックなどの海外プロゴルファーのスイングを参考にしたナイスショットの秘訣が書かれています。また、アウトサイドにクラブを引いてしまうタイプにはジム・フューリックのスイングを手本にすると良いというようなことが書かれています。アウトサイドにクラブを引くということはループスイングのことだろうと思います。

そして、書籍には要点が4つ記載されています。

  • ボールの位置
  • アドレスの姿勢と体重配分
  • 右ヒザの軸
  • 不動のフィニッシュ

 

やはりアドレスとボールの位置が重要なんだということが伝わってきます。

基本的なことが記載されていますが、基本だからこそおろそかになってしまうことがあります。また、自分では出来ていると思っても、適正なボールの位置じゃなかったり、適切なアドレスになっていないこともあります。

とくにドライバーショットでの右ヒザの使い方というか動作のことが細かく書かれています。素振りは悪くないのに、実際に打つとボールの弾道がブレるのは右ヒザに原因があるというようなことが書かれています。テイクバック?バックスイングでは、右側に体重を移動させるという考えがありますので、右ヒザが沈んでしまい高さが低くなったり、インパクトの瞬間では右ヒザが伸び上がってしまい、腰の右側が伸び上がってしまうことがあるというようなことが書かれています。

右ヒザが沈み込むということは、右半身が沈み込みますから、腰の右側も沈んでしまうし、右肩も下がってしまうことになります。

さらに興味深いなと思ったのがセルシオ・ガルシアのスイングでひとつだけ真似た方が良いポイントが記載されています。それは、クラブを地面にソールさせないことだと書かれています。ソールさせないからこそ、腕にチカラが入ることなくテイクバックが開始されると書かれています。クラブを地面にソールさせない方が腕、肩にチカラが入らないと書かれています。

クラブを浮かせておくと良いという理由としては、クラブを浮かせておくというのは、既に肩や腕にゴルフクラブの重量負荷がかかっている状態。クラブを地面にソールさせておくとチカラが入ってしまう理由としては、クラブを地面にソールをしておくということは、肩、腕にはクラブの重量の負荷がかかっていない状態になっている。重量負荷が無いところからテイクバック始動をするので、無駄なチカラが入ってしまうことがあるという説明がされています。つまり静から動への移行のスムーズさを手助けしてくれるのが、ゴルフクラブを地面にソールしないということなんだと思います。

併せて、ショートパットが苦手な人はパターをソールしない方が良い結果が得られるというようなことが書かれています。この辺りのパッティング・スタイルは人それぞれ感性があるので、ソールしない方が良いといっても、ソールした方が良いこともあったりするので難しいところですね。

ゴルフここだけ直せばうまくなる という書籍です。
中古で1円くらいです。送料の方が高いです。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】
views 306
今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?
views 211
飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつ...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ
views 224
先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありま...
雨が降るとゴルフをすぐにキャンセルする人
views 661
2018/07/04更新 梅雨に入りましたからね、雨が降る確率が高くなってきました。雨が降り出すと、増えてくるのがドタキャンですね。雨が降ったり、天候が悪くなるとすぐにキャンセルをしてくる人が居ます。いつも決まって、同じ人がキャンセルをしてきます。 雨が降るとゴルフをすぐにキャンセルする...
速く振る と 打ち急ぎ の 違い
views 85
急いで打たないと思っていても、打ち急ぎが良くないと判っていても、ゴルフ場では急いで打ってしまいます。打ち急ぎというか、しっかりと捻転してトップが作られていないのにダウンスイングを始めてしまうという感じでしょうか。 これは、手打ちですね。捻転が浅くて直ぐに元のアドレスに戻ろうとしてしまってい...
逆境 と 順境 【 ゴルフは人生の縮図 】
views 127
スポーツの世界でもビジネスの世界でも逆境に強いという人は多くいます。逆境に強くなければスポーツでは勝てないだろうし、逆境に打ち勝ってこそ、未来が開けてきます。ですが、ビジネスの世界はスポーツとは違って、勝った負けたで勝敗を決めて直ぐに答えを出すというわけにはいきません。長く逆境が続くこともあります。...
迷彩柄のウェアってダメなの? 【 ゴルフウェア 】
views 625
ゴルフというスポーツにはドレスコードがあります。そんなことは、誰もが知っていることだとは思います。ジャケット着用、襟付きシャツ、シャツの裾はズボンの中に入れる、そして服装に見合った靴を履くこと。 迷彩柄のウェアは基本的にNG 迷彩柄のウェアは基本的にNGです。スニーカーやサンダルを履いて...
距離の長いコースと短いコース アイアンの使用頻度
views 99
距離の長いコースでラウンドをするよりも河川敷のゴルフ場で狭くて距離が短いコースの方が難しいと感じる今日この頃です。というよりも距離が長くても短くてもスコアは、あまり変わりません。何か理由があるのだろうということから、色々と自分なりに分析をしてみました。私のホームコースは概ね全長が約6,800ヤード程...
距離が長い短い と 広い狭い は どちらがスコアに影響するのか...
views 99
バックティーからのラウンドとレギュラーティーからのラウンドを比較するとスコアは変わるか・・・ というのを考えました。次は、ゴルフコースの全長距離 と ゴルフコースの狭さ広さではどちらがスコアに影響をするかということを考えてみました。つまり、全長距離 か コースの幅 どちらがスコアに大きく影響するのか...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ