飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ と メンタル

ゴルフはメンタルのスポーツと言われます。メンタルが強くないといけないのだろうか?プレッシャーに強いほうが、やはりゴルフが有利に進められるのではと考えています。というよりも、ミスショットの原因の大半が、自分の気持ち、メンタルによるものです。きちんと打てるけど、打てない・・・これはメンタル面が大きく作用してます。
 

 

スポンサーリンク
 

 

 

メンタルとは

メンタルとは精神力という意味で通用していますが、メンタルの意味は直訳すると、心、意識、理念、理性、気力などの意味が含まれており、日本語で言うところの精神という言葉で包括しきれない奥が深い言葉だと思います。

というよりも、メンタルという言葉は幾つもの意味を持ち合わせているので、曖昧な面があります。メンタルを直訳すると、精神、心、意識などの意味があります。

日本語での精神、心、意識はそれぞれ意味が異なります。故にメンタルが必要なのかどうかを考えた場合には、曖昧な考えでしかまとまらないとも言えます。

何故ならば、メンタルという言葉からは、精神的なことかもしれないけど、心のことでもあるけど、意識的な問題もあるかもしれないということになってしまうからです。

 

 

ミスをすると心に変化が現れる

心を強くするということは、ゴルフというスポーツだけではなく、仕事などにも通じる面があります。

メンタルが弱いというのは、プレッシャーに弱いということ。緊張、ストレスに対しての耐性が低いと言えます。プレッシャーに弱い、緊張、ストレスに対して耐性が弱いというのは、具体的には自分が想定しない出来事が発生すると、気が動転してしまって、現状把握が出来なくなったり、自分を見失ってしまうこともあります。

スポンサーリンク
 

仕事はミスをしないように正確な仕事をしていてもミスをすることはあります。ミスをして注意されたり、叱られたりすると、ミスをしてはいけないという潜在意識が働いてしまい、萎縮してしまった仕事しか出来ません。つまり、言い方は悪いですが無責任な仕事、責任逃れの仕事しか出来なくなってしまいます。そんなことでは、その人の本当の能力を活かすことが出来ません。

ミスをして何かしらの外的な刺激(叱られたり、注意されたり、恥ずかしい想いをしたりetc)を受けることで、ミスをしない から ミスをしたくない に変わってしまいます。その考えの変化こそが、ゴルフの上達を阻む潜在意識につながることなのかもしれません。

何かしらのミスをしたり、辛いことがあったりすると、落ち込んでしまったり、気持ちが落ち込んだままで回復することが出来ないという人も居ます。ゴルフのように長時間に及ぶスポーツは気持ちの変化をコントロールしなければいけませんし、気持ちの切り替えも大切です。

メンタルをトレーニングする、心を強くするというと、不安、自信喪失、落胆、焦り、苛立ちなどネガティブな負の要素ばかり連想してしまいますが、もっと前向きでポジティブな考え、前向きな言葉を発するようにすることが大切です。

 

 

ミスを忘れる

ラウンド中にミスをしても、すぐにミスを忘れろというのは、ミスしたことを引きずってしまうことによる、心身の萎縮が起こるからです。つまり、思うように身体が動かなくなってしまいます。次のショットに影響が出来ないように次のことしか考えないということが大切です。

心を鍛錬することは難しいですが、不可能では無いです。たぶん誰にでも出来ることなのだと思います。

スポンサーリンク
 

私は、既に技術的な問題とかじゃなくて心の問題でしょうとレッスンの先生に言われております。以前に良いスコアを出したことがあるということは、良いスコアを出せる技術があるけど、引き出せていないだけなのだろうと自分でも思います。

メンタルを鍛えるための、その具体的な方法は、まだまだ模索中です。

 

 

練習場で打てるけどゴルフ場で打てない理由が見つかるかも

ゴルファーなら誰もが感じることのひとつ。練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない・・・つまり練習場では、ナイスショットばかりだったのに、ゴルフ場ではミスショットばかりだということ。メンタルを追求していくと、この理由も判ってきます。

練習場で打っているときとゴルフ場で打っているときを比較すると、打ち方が変わっていることが多いです。どうしてでしょうか? それは、ゴルフ場では飛ばそうと思ったり、狙おうと思っているからです。つまり、練習場では感じることのないプレッシャーや狙って打つことの想いがゴルフスイングに作用しているということです。これも、メンタルのひとつだと言われています。

練習場でも、ゴルフ場でも、チカラを抜いて、リラックスして、アバウトな気持ちで打つことができれば、常にナイスショットが打てるようになります。ただ、それが難しいのです。プロゴルファーですから、今日のラウンドでナイスショットは、5発しか無かったということもあるようです。となると私のようなアマチュアゴルファーであれば、ラウンドでナイスショットが一発も無かったということは、当たり前のことです。そして、ナイスショットが無くてもスコアをまとめられるようなマネジメント、考え方が必要となります。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン