飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフクラブの本数

ゴルフクラブは14本までキャディバッグに入れておき、使用することが出来ます。誰もが知っていることだと思います。最近はレッスンの先生と相談をした結果、ゴルフクラブの本数を減らそうということになっています。

スポンサーリンク
 

ゴルフクラブの本数を減らすことで、シンプルなゴルフをしようという考えです。クラブ本数が多ければ、番手選びで悩んでしまうからです。悩むことなく、このクラブしかない、このクラブでどのように打つかと考えられるようにということ。

たしかに、ラウンドしていると結局はドライバーと5番アイアン、7番アイアン、9番アイアン、ウェッジ、パターだけしか使っていないようにも思います。それを見透かした先生の提案によりゴルフクラブの本数を減らすということをしてみようと思っています。

とりあえず、どんなライだろうがフェアウェイウッドを使うというような状況は、ずっと昔に脱していますので、クラブの本数を減らしてみようという提案が出されました。
 

現在は・・・

  • Driver ドライバー 2本
    長尺ドライバーと短尺ドライバー
  • Wood 3番 5番 7番ウッド 1本づつ
  • UT 4番UT 1本
  • Iron 5番~9番アイアン 5本
  • PW 1本
  • SW 1本
  • PUT パター 1本

合計14本

 

先生、曰くSWよりもロフトが少なめのウェッジをもう一本入れると良いのでは?ということと、ドライバーは1本に絞った方がシンプルなゴルフが出来るよとのことでした。とりあえず、冬の間は ドライバーと5番アイアン、7番アイアン、9番アイアン、ウェッジ、パターという6本だけのシンプルな構成でラウンドをしてみようと思っています。さてさて、どうなるでしょうか?

あとは、3W、5Wの使用頻度が少ないので減らしても良いのでは?というアドバイスも頂きました。たしかに、あまり使わないのに入れていても意味がありませんからね。

中部銀次郎さんも ゴルフクラブは6本あれば十分だ と書籍に記載していますからね。クラブ本数が減れば、どのようなクラブを使おうか迷う回数が減ると思います。それは、判ります。でも、キャディバッグに入れてこなかったクラブが使いたいという状況に陥ったときには、どうすれば良いのか。それは、迷うことなく手元にあるクラブで刻むとか、手元にあるクラブでゴルフをするということに徹するということになるはずです。

クラブの本数分だけ迷いがあると言っても良いかもしれません。

実際に、クラブの本数がとても少ない人をたまに見かけますが、ハンディキャップも片手だったりします。そういったベテランな人は、ゴルフのことを熟知しているからなのかもしれません。また、ゴルフのことというよりも、自分のゴルフを良く知っている人なんだろうと思います。自分のドライバーの飛距離、セカンドショットではどの番手を使うとか、そういった組み立て方が既に出来上がっているようにも感じます。

スポンサーリンク
 

でも、クラブの本数を減らすと何故か寂しいというか、退屈な感じがしてしまいます。自分が使いたいクラブを使って思い切り振ってみたいという気持ちがあります。そいうった気持ちが既に、中部銀次郎さん言うところの欲とか、自分の技量を判っていないゴルフということになるのだろうと思います。

昔は使えもしないのに、3番アイアンとか入れてましたからね。理由は、カッコイイから。そんなことでは、いけないのかもしれませんね。スコアを出すには、スコアを出せるゴルフクラブのチョイスが大切なんですね。

先日、先生と練習ラウンドをしてもらったときに、先生はアイアンのみで普通にパープレーでした。アイアンのみ とか ウッドを使うとか ドライバーとか クラブのことじゃないんですよと言っておりましたが、未だに意味が判りません。未熟者です。

 

そして、ゴルフクラブの本数を減らした結果・・・

  • Driver ドライバー 1本
  • Wood 5番 1本
  • UT 4番UT 1本
  • Iron 5番?9番アイアン 5本
  • PW 1本
  • SW 1本
  • PUT パター 1本

合計11本

 
という感じになりました。レッスンの先生、曰く 5番ウッドも4UTも不要じゃないですか?とのことですが、けっこう使用頻度は高いと思うんですけどね?

しばらくは、このセッティングでいこうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン