飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフ と 禅 ZEN

ゴルフだけではなく、様々なスポーツのトレーニングのひとつにも取り入れられている禅 ZEN。ビジネスシーンでも禅の精神、禅の考え方が役に立つと言われており、既に実践をしている人も多いはずです。

海外では禅のことを ZEN と言います。
仏陀 Buddha とは、また別の扱いがされています。

禅とはいったい何なのでしょうか?

何故、禅はゴルフのトレーニングとして取り入れられているのか?

何故、スポーツのトレーニングに向いているのだろうか?

そして、ビジネスシーンでも禅の考え方が取り入れられている理由は?

禅というもの自体を理解しなければ、その理由が見出せないと思いまして、いろいろな書籍を読み漁りながら考察してみました。

 

禅とは何か知っていましたか?

禅という言葉からは坐禅、瞑想などの単語が頭の中に浮かんできます。
そして、禅は集中力が高まるというイメージもあります。

何故だろうか? 誰かに言われたわけでもないのに、深く教わったわけでもないのに、学校で習った事も無いのに、禅という言葉からは、坐禅、瞑想、集中力、精神という単語が頭の中に勝手に思い浮かんでくるというのも不思議です。

それは、もしかしたら潜在的に禅のことを知っているからなのでは?

それは、もしかしたら日本人だから?

それは、東洋の神秘だから?

誰かに言われなくて、誰かに教わらなくても禅とは、どういった事なのかをぼんやりとですが判っているというか・・・もしかしたら、日本人は生まれ持って禅に通じる心、気持ちを自然と育んでいる民族なのかもしれないと感じる程です。

学校で習ったこともないし、今までに禅に興味を持ったことも無いのに禅と聞くと、坐禅、瞑想、集中力、精神という単語が頭の中に浮かんできます。

昔の私は、禅なんて興味がありませんでした。なんだそれ?という感じでした。瞑想してどうするの?とか、それくらいの感じでした。

それが、いつからか・・・私の場合は、仕事の絡みで某企業の社長、会長の講演に参加をするという機会があり、そこで禅というものを知りました。本当はゴルフで禅を知ったのではなく、仕事のなかで禅を知りました。

禅とは姿勢を正して、坐して、適切な呼吸をし、ひとつのことに集中をする。

そして、私たちが当たり前の様に使っているスマートフォンを生み出した、スティーブ・ジョブズ氏も禅を取り入れていたという話しが自己啓発の書籍などで紹介をされ、禅が瞬く間に広まり、今はまさに禅の大切さ、必要性を感じています。それは、ビジネスにおいての集中を意味しています。無駄を省く、無駄なことをしない、そしてやるべきことを絞って集中をするということに関して禅の教えを取り入れて、実践していました。

少し前までは仏教文化、禅文化が流行しつつもありました。それも、きっとスティーブ・ジョブズ氏をはじめとして、有名で人気のある経営者が禅という文化に傾倒してきたからなのかもしれません。

でも、仏教文化、禅文化などが流行する、人気がある、注目を集めるということは、世の中の全体が疲弊して、心すら疲れているからとも捉えることができます。

どちらにしろ禅とは、なんとなく良いものなんだなという事が判りますし、普通に生活をしていては、養われることの無い集中力を身につけられるのだと思います。

スポンサーリンク
 

 

禅はどこから来てどうなったのか

禅は、インド出身の菩提達磨(ぼだいだるま)が、中国で教えを伝えて確立された、大乗仏教の一派と言われています。その後、鎌倉時代だった日本に禅が伝えられ、明治時代以降は鈴木大拙(すずきだいせつ)先生という仏教学者・禅学者が英語で日本の禅文化の書籍を書きかげて世界的に広まっていきました。

海外でも禅といえば、インドの禅じゃなくて、中国の禅じゃなくて、日本の禅を指していると言われています。スティーブ・ジョブズ氏も禅と日本文化を踏襲したとも言われています。それは、きっと鈴木大拙先生の影響なのだろうと感じます。また、禅の発祥を冷静に考えると、インドから中国、そして日本に入り、明治以降は「日本文化と禅が融合した禅」が広まり、それが今の日本の禅とされています。

ですので、時代の流れ、文化の融合などにより、原点の禅とは異なる「日本文化と禅が融合した禅」が、今の時代の禅なのだということが判って来ます。

そこで、禅から日本文化のことを知る必要性が出てきます。

日本文化と融合した禅・・・
その日本文化とは、日本庭園があるようなイメージでしょうか?
詫び寂びの精神?
それとも武士道?
または、畳があることが日本文化?
植えられた木には葉は一枚も無く一輪の花が咲いているだけの、枯れそうな木のイメージとか。または、古びれた木造の小さな小屋のような建物の屋根や周りには苔が生えており、その小屋のような建物中で座禅をしているようなイメージなのでしょうか?

それは、きっと「簡素」という言葉を飛び越えて「質素」、派手さもない、でも長い年月を感じる、どこか寂しそうな雰囲気があります。そういった、「日本特有の感情に訴えかけるような、情緒を感じる」ような、日本文化と禅が融合したことにより、今の禅があるのではないかと思います。

だから、スティーブ・ジョブズ氏が、この世に送り出したスマートフォンなどは、日本文化で言うところの 「間」 というものを踏襲した、シンプルで簡潔、無駄を省いたミニマルなデザインになったのだろうと思います。

昨今では、ZEN STYLE というデザインのジャンルというかカテゴリーもありますからね。様々な方面で「日本文化と禅が融合した禅」のテイストが加えられているようです。そのデザインも私たちが使っているデバイスだけではなく、ソフトウェアのひとつとして位置づけられるウェブページ、ブログなどのメディアは勿論のこと、建築デザインにまで影響を及ぼしています。

ZEN STYLE の 特徴は日本文化を感じますし、禅の雰囲気も感じます。特徴的なのは「間」です。ウェブページやブログであれば、余白を設けることで窮屈さを感じさせない読みやすさと見やすさがあります。

建築デザインでは、建物の部屋などにスペースを設けたりします。それは、何も無い「間」を設けることで、屋外の光を取り込んで明るさを感じることができるようにしたり、何かが存在するかのような演出をしています。だから、「空間」という静寂さが演出されるのだと思いますし、家を建てたりするときには「間取り」を決めるのでしょう。

空間の美しさは、日本古来からあります。それは、日本絵画(日本画)です。屏風になったりもします。風神雷神の絵は有名ですね。絵よりも空白のほうが多い、間が多い、その「間」こそが描かれた絵を際立たせるための演出だと言われています。

Appleのウェブサイトは、まさしく日本文化の「間」を取り入れて、余白を大きく取り、製品紹介のための写真を大胆に配置させています。たしかに美しくて見やすいです。 Appleのサイト

禅というよりも日本文化に影響を受けているというか、日本文化に素晴らしさが隠れているように感じます。

 

海外での禅 ZEN

海外では禅のことを ZEN と言います。
ZEN は 精神的な意味があるようです。何があっても落ち着いているとか、動揺しない気持ち、揺らぐことのない心というような意味をもっているようです。日本で言う禅の意味とは少し違うようです。

日本で禅といえば、瞑想、坐禅、集中、悟りというイメージがあります。

海外の人たちには理解し難いことなのかもしれません。故に、感じ取っている禅の意味合いに誤差が出てくるのだろうと思いますが、海外の人たちからしたら、やはり東洋の神秘の素晴らしさに気づいているのだろうと思います。

そして、日本人の悲しい性のひとつとして、海外の人たちが禅に取り組んだり、日本文化に注目をし出すと・・・私たちもやならきゃいけないという気持ちになってしまいます。私もです。もともと、日本の文化なのですから、海外の人たちよりも日本人の私たちのほうが先に取り入れて、良いところを吸収していなきゃいけなかったのかもしれませんね。

 

禅で出来ること

禅で出来ることは・・・よく耳にするのが、集中力 迷いを無くす 無心 平静の心 欲を持たない 強い精神 簡潔・シンプルで質素・・・というようなことが挙げられます。他にも、もっとあるはずです。それは、迷い、束縛、既成概念から脱すること、安らぐ心を得るということ。そのための修行です。そのための、教えが禅には詰め込まれています。

禅、坐禅で出来ることは、潜在意識の制御だと言われています。

私も坐禅をしたことがありますが、瞑想というか、悟りというような感じを受けたことは、未だにありません。きっと修行が足りないのでしょう。

ただ、仕事などを一生懸命こなしていくと、誰も今までに気付くことの無かった効率の良い方法を見つけたりすることがあります。それも、新しいシステムを導入しなくても、人材を雇わなくても、今目の前にある仕組みを活かして効率を上げる方法を見つけたりもします。その瞬間・・・「見えた!」とか「判ったとか!」、「閃いた!」とか、そのような言葉を心の中で叫んでいたりします。そういったことが悟りなのかな? それとも潜在意識の制御なのかな? と勝手に思い込んでいたりもします。

仕事をしているということは、仕事以外のことは考えていない。でも、効率の良い方法を見つけたということは、潜在的に自分の意識とは無関係に効率の良い方法を探していた、考えていたということです。それも仕事だけのことを考えていたからこそ効率の良い方法を見つけ出せたとも言えます。言いかえると、仕事に集中するあまり、無心の状態となっていたとも言えます。

実は、それが潜在意識なのだろうと思います。

自分が考えようと思っていなくても、勝手に考えてしまうこと。または勝手に頭の中に浮かんでくるイメージとも言えます。それは、自分の意識とは別の意識、潜在意識がそうさせているということです。

何かをしているとき、物音が気になったりして集中が出来ないということは、その物音を意識しているからです。何かに本当に集中しているときは、物音を気にすることはありません。自分が没頭していることに意識が向けば、自動車の騒音、しゃべり声、物音すら気になりません。いえ、聞こえなくなります。それも、禅で出来ることのひとつ集中力だと言われています。

禅には潜在意識と自分の意識を制御するヒントがあります。

 

ゴルフと禅

やっとゴルフと禅のお話です。

禅は潜在意識を制御するためのヒントがあり、その教えが詰まっています。潜在意識と自分の意識を制御できれば、ゴルフが上達するはずです。上達をするというか、自分の思い通りのゴルフが出来るようになると思います。

自分の意識を制御するということは、周りのことを気にしない、物音、しゃべり声などを気にするとなく、自分のショットだけに集中をする、自分のショットだけに意識を向けるということが出来ます。何かに邪魔されたり、気が散ってしまうということが無くなるでしょう。

潜在意識が制御できれば、無意識のうちに適切な動作ができるようになります。中部銀次郎さんの言うところの無の心でのショットに近い状態になります。

今のところ私には・・・「ミスショットをしてしまった! ヤバイ! どうしよ?」 と誰でも動揺することはあります。そこで、何も考えずにライが悪くてもグリーンを狙ったりするから、またミスショットをしてしまいます。動揺することなく、ライが悪いからグリーンを狙うことは難しいかもしれないから刻もうと・・・思考回路のスイッチを切り替える事くらいしか出来ません。

ただ、心のトレーニングは、トレーニングジムで筋力をアップさせれば良いと言う訳ではありません。ジョギングをしたり、ウォーキングをすることとも異なります。つまり、心のトレーニングは難しいです。

もっと、禅のことを学んでゴルフに取り入れられるようにしていきます。

日々、精進
がんばります!

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン