ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

フォーティーン CT518 ドライバー 試打しました

飛ばすには、やっぱり長尺ドライバーが良いということで、フォーティーン CT518 ドライバーを打ちました。感想などを書きますので、参考にしてください。

 

フォーティーン CT518 ドライバー 試打したスペック

FT-15d カーボンシャフト装着モデルを打ちました。シャフト長さは、47.75インチ、46インチがあり、どちらか選べます。今回は、46インチのシャフトを選びました。

  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:46インチ
  • フレックス SR
  • シャフト重さ 50グラム
  • トルク:5.9
  • 調子:中調子
  • 総重量:295グラム

 

打ってみた感想

長尺ドライバーといっても、46インチなので、それほど長く感じません。振り切れる程度に重さ、バランスも調整されており、全体的にバランスが良いです。

実際に打ってみると、シャフトの撓りが大きく感じました。シャフトの撓りが多いので、ヘッドが遅れて入ってきて、スライスしやすい印象がありました。

スポンサーリンク

また、インパクトが軽いというか、打音も軽くて乾いた音でしたので、分厚いインパクトで打ててる感じがありませんでした。速く振るというよりは、ヘッドの重さを感じながら、シャフト運動(撓り)を活かして、ヘッドをゆったりと加速させるイメージの方が飛ばせます。

流石、長尺ドライバーだなと思ったのは、シャフトが長いだけでヘッドスピード2m/sくらい速くなりました。ただ、シャフトとの相性がとても難しいです。ヘッドスピードが速くなれば、もうすこしトルクが少ないシャフトが欲しくなります。

あまりにもシャフトの撓りが多いと、バックスピン量が増えてしまって、飛距離ロスしてしまう可能性があるからです。弾道調整機能もありませんし、ウェイトが取り外せたり、移動できたりするワケではありませんので、とてもシンプルな構造となってます。

 

ヘッドが3種類

特徴としては、ヘッド体積が445cc、450cc、415cc 3種類あります。ヘッド体積が異なれば、重心位置の数値も異なってきます。
試打したのは、450ccヘッドです。

ヘッド体積 445cc

重心の高さ 22.5mm
重心距離 41.5mm
重心深度 37mm
スポンサーリンク

ヘッド体積 450cc

重心の高さ 20.5mm
重心距離 44mm
重心深度 39mm

ヘッド体積 415cc

重心の高さ 19.5mm
重心距離 43mm
重心深度 38mm

 

フォーティーン CT518 ドライバー 購入

フォーティーン CT518 ドライバー | フォーティーン公式サイト

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン