飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

コスリ球とかスライスになるアドレスとボール位置

中部銀次郎さんの「もっと深く、もっと楽しく。―アマチュアのためのゴルフ聖書」は今までにも何度も読んでいるのですが、気付いたことがありました。それは、中部銀次郎さんのゴルフスイング理論が書かれており、大切なのはアドレス、そしてボールの位置であること。スイング中は頭を動かさない、というような事が書かれています。

スポンサーリンク
 

中部銀次郎さんのスイング理論だけではなく、ミスショットとなるアドレスの仕方、ボールの位置のことも書かれています。これは、とても大きなヒントとなります。読んでいくと、そういえば自分のアドレスにも少し似たところがあるかもしれないと感じるところもあり、適切なアドレス、適切なボール位置を見つけ出すための大きなヒントとなります。

アドレスで右を向いてしまう

ゴルファーはアドレスで知らずうちに右へ向いてしまうことが多い。だけど、人間の身体は精妙で、こまま打てばボールは絶対に右に飛び出すということを理解している。身体は本能的に補正を行おうとする。ボールを左へ飛ばそうという軌道になるいわゆるアウトサイドインとなり、結果はコスリ球か引っ掛けとなる。

自然と右を向いてしまうというのは、とてもよく判ります。それは、ゴルフというスポーツが飛球線に対して身体を横向きにするからでしょうね。視覚的な錯覚もあるはずです。右を向いたままでショットすればボールは右へ飛んでいく・・・ということを右へ向いてアドレスをした時点で感覚的に身体が「右に向いているかもしれない・・・」と察知してアウトサイドインで打ってしまいスライスとなってしまうということですね。

オープン・スタンスで打つ

スタンスをオープンに変えてフック、引っ掛けを防ごうと考えて、身体は開いて、ボールは左足のつま先に置く。それを右へ押し出すように打つ。そのような打ち方は理屈からいってチカラ強いスイングにはならないし、クラブの芯で打てない。逆に難しいスイングになってしまう。

スポンサーリンク
 

オープン・スタンスでボールを左足のつま先側に置いて、右へ押し出すように打つ・・・というのは関節の可動域に限界がある人間の身体では無理であろうということが判ります。理論としては何となく判ります。フック、引っ掛けを防ぐために身体を開いて、オープンスタンスにする・・・判るのですが、動きに無理が生じます。ですが、スタンスをオープンに変えてフック、引っ掛けを防ごうと考え付いた時には、無理なスイングになるなんてことは思わないんでしょうね。ある意味、落とし穴なのかもしれません。

ボールの位置が左側過ぎる

アドレス時、ボールの位置に関して大きな間違いがあるとしたら、ボールの位置が左へ寄りすぎていることが多い。そのためアドレスで右肩が前へ出るようになる。そして、バックスイングで左肩が十分に回り難い。ダウンスイングになるとクラブフェースをボールに合わせるため身体全体が左へ流れてしまう。結果的には頭が動き、軸がブレるスイングとなってしまう。ボールの位置を5センチ内側に入れることで、コスリ球を減らすことが出来るとのこと。

ずっと昔の私がボールの位置を左足側に置くというクセがありました。アイアンもドライバーも左足側にボールを置いていました。冷静に考えてみると、クラブを低く長く振っていくことが出来なければ、クラブフェースでボールを打つことが出来ないほどの無理なボール位置でした。ただ、ボールの位置を左足側にすることで、窮屈感が無くなるんですよね。なんだか楽に振れるような気がします。それが、錯覚だったのかもしれませんね。

スクエアなアドレス

狙った目標に対して身体を開き加減に・・・つまりスタンスはスクエアにする。上体を開き気味にしているゴルファーは、アドレスで右に向きやすいことを経験則によって無意識に知っている。上半身をややオープンに構えて、フェード・ヒッターじゃなくても目標を見やすくする・・・というような事が書かれています。

スポンサーリンク
 

目標に対して身体を開き加減に・・・つまりスタンスはスクエアにする 身体を開いた状態(アドレス)がスクエアであるという、小難しい事が書かれています。「身体を開き加減でスタンスはスクエア」というのは、大きなヒントになりますね。本当の意味でのスクエアでしょうね。

上述したことを考えると、曲がるかもしれないという考えからアドレスを変えたり、スタンスを変えたりすると、余計にミスショットを誘発してしまうことがあるということでしょうね。本当の意味でのスクエアなスタンス、アドレスを追求していこうと思います。

日々、精進
がんばります

ドライバーのスライス 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学