飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーショットの打点、ミート率上げて飛ばす

自分のドライバーショットがフェース面のどこにヒットしているのかを知るということは大切なことです。ミスショットしたり、当たりが悪いというときの殆どがスイートスポットを外していることが多いです。最近のドライバーは460ccという大きなヘッドになったことにより、真芯を外してある程度は飛んでくれるように、スイートエリアが広くなっています。

ですが、本当に効率よくボールを飛ばすにはスイートスポットでボールをヒットすることが大切ですね。
ドライバーショットの打点のバラつきを抑えることを考えてみました。

 

スポンサーリンク
 
 
 

アドレス時のボール位置

アドレス時にドライバーのフェース面の真ん中にボールがくるようにするとヒール側にボールがヒットすることがあります。これは、トゥダウン現象の影響なのかもしれませんね。スイングでインパクトを迎える時に手元が上がっているか、上下にシャフトがしなってしまって、ヒール側が高くなっているから、フェースのヒール側でボールをヒットしてしまうのだろうと思います。

ということは、アドレス時にフェースのトゥ側にボールがくるようにすれば、フェース面の真ん中でボールをヒットさせることができるという算段になります。

また、逆にアドレス時にはフェースのヒール側にボールがくるようにするというゴルファーも多いみたいですね。この場合は、スイング時に腕を巻き込んでいくので、イン側から打つ軌道が強くなるので、インパクト時はちょうど良い部分にボールがヒットするみたいですね。

アドレス時にボールがフェースのトゥ側にくるようにして、スイングをしてもボールがヒットするのはフェースのトゥ側になるという人も居ます。ヒール側にボールがくるようにアドレスをしても、ヒール側でボールをヒットしてしまうというゴルファーも居ます。

自分のスイング、シャフト、クラブ性能などなど・・・色々な要素が絡み合っていることが想像できます。また、フェースの真ん中でボールを捉えることが如何に難しいかが判ってきますね。

スポンサーリンク
 

 

ただ、昨今のドライバーはスイートエリアが広いので、フェースのどこでヒットしても、それなりにボールが飛んでくれます。たしかに飛んでくれるのですが、スイングの精度が悪くなってしまいそうな気がしますね。スイングの精度が悪くなるというか、スイングの精度が悪くなっていることに気付き難くくなってしまうような印象を受けます。真芯で打てていないのに、それなりのボールは飛んでくれるから、これでも良いか・・・という感じになってしまいます。

 
 

フェースのトゥ側に当たると

フェースのトゥ側にボールがヒットすると右へプッシュしてしまうことがあります。つまりスライスです。ですが、最近のドライバーの場合は、トゥ側にボールがヒットした方がギア効果が得らるという場合もあります。それは、ドライバーの性能というか、そういったバルジになっているからですね。トゥ側にボールがヒットした場合には、ボールは少し右方向に飛び出して、フック回転が発生して左に戻ってくるという弾道になります。

 
 

フェースのヒール側に当たると

フェースのヒール側にボールがヒットしてしまうと、左へボールが飛び出してしまいます。時折、とんでもないフックが発生することもあります。最近のドライバーであればギア効果が得られるので、ボールは左へ飛び出して、スライス回転が発生して右へ戻ってくるという弾道になります。

スポンサーリンク  

 
 

もっとも良いのは真ん中

やはり、フェースの真ん中でボールをヒットするのが最も良いのだろうと思います。重心のあるところ、スイートスポットが最も飛ぶのだろうと思いますけどね。トランポリン効果という言葉がありますが、トランポリンは真ん中の方が良く飛びそうなイメージがあります。隅っこの方は反発力が少ないイメージがあります。ということから、ドライバーのフェースの真ん中がもっとも反発が大きいのだろうと感じます。ですが・・・なかなか、真ん中でボールをヒットさせることは難しいです。

 
 

自分の打点を知ってますか?

 
特には、ドライバーショットの打点を知ってますか? まずは自分の打点を把握しておくことが大切です。トゥ側でヒットしていたり、ヒール側で打っていたりと、打点がズレていることはありませんか?飛ばそうと思って、強く振れば振るほどに、打点がズレてしまうことがありますので、丁寧なインパクトを心掛けて、丁寧に振ってみると良いです。

スポンサーリンク
 

打点がズレてしまうと、ヘッドスピードが速くても飛距離は落ちます。理由は、フェース面の反発力が落ちるからです。ゴルフクラブメーカーも、最も強い反発が得られるのは、フェース面の真ん中であるとしています。ただ、フェース面の真ん中からズレても、それなりの反発が得られるように、スイートエリアの拡大がされているモデルが増えています。ですが、もっとも飛ばせるのは、フェース面の真ん中、つまりスイートエリアです。

 
 

速く振っても、ゆっくり振っても飛距離はあまり変わらない

飛ばそうと思って、速く振っても、ゆっくり振っても、あまり飛距離が変わらないことがあります。

速く振った場合
理由は、速く振ると打点がズレてしまって、スイートエリアで打ててないからです。打点がズレても、速く振っているので、そこそこ飛ばせているという感じです。
ゆっくり振った場合
ゆっくり振るというのは、言葉を変えて表現すると、丁寧なインパクトを意識しているということです。ゆっくり振ると打点のズレが軽減されて、スイートエリア近くで打ちやすくなり、フェース面の強い反発でボールを飛ばすことができますので、意外にも適切な打ち出し角、適切なバックスピン量で打てていることがあります。

 
 

スイースポットで打つことを心掛ける

 
スイートスポットで打つ練習はどうすれば良いのかと考えると、ヘッドスピードを速くするよりは、丁寧なインパクトを心掛けることです。腕は振ろうとせずに、身体に引き付けて、シャフトの撓りを活かして、フェース面の真ん中で打つことができれば、ミート率が上がります。
ミート率が、0.01高まると、概ね5ヤードから8ヤードくらいの飛距離アップができます。これは、私自身が経験しています。

今までは、ミート率1.36、ミート率1.38程度だったのですが、ミート率が上がって、ミート率1.44くらいをマークできるようになってからは、最大で40ヤードくらい飛距離アップできています。

以前のドライビングパフォーマンス

  • ヘッドスピード 42.4m/s
  • 飛距離 203ヤード
  • ミート率 1.36
練習を続けた結果

  • ヘッドスピード 41.93m/s
  • ミート率 1.44
  • 推定飛距離 245.19ヤード

上述したように、ヘッドスピードが速くなくても、スイートスポットでボールを打つことができれば、ミート率が上がりますし、ボールスピードが速くなりますし、ドライバークラブの性能を活かして、ボールを飛ばすことができるようになります。

 
 

ヘッドスピードが速い方が飛ぶ?

ヘッドスピードが速い方が飛ぶのかどうかというと、飛びます。ヘッドスピードが速い方が飛ばせます。それは、ドライバーヘッドという物体を勢いよくボールに衝突させているので、その衝撃でボールが弾き飛ばされるというイメージです。ですから、ヘッドスピードが速ければ速いほど、ボールスピードは速くなる傾向にあります。ただし、スイートスポットで打つことができなければ、ヘッドスピードが速くても、あまり飛ばないという現象に悩むことになります。

 

日々、精進
がんばります

ドライバーの練習、打ち方 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン