飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛距離は天性のモノなのだろうか

ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。

スポンサーリンク
 

私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを調整したりしましたが、大きく飛距離が伸びるということはありませんでした。多少は飛距離が伸びるようにはなりましたが、自分が納得できるような飛距離アップではありません。

毎度のことながら飛ばすゴルフ仲間、先輩達に飛ばしの秘訣を聞きましたので、まとめてみました。ゴルフ仲間の中で飛ばすゴルファーというだけであって、レッスンプロとかではありませんので、突拍子も無い内容かもしれませんが、飛ばす人の動作を少しでも真似できれば、飛ぶのかな・・・という期待です。

 

コックを意識して振る人

ゴルフ仲間の飛ばす部類に入る友人に飛ばすコツを色々と聞いてみたところ、複雑な考えは持っていないようです。強いて言うのであれば、野球のバッティングのように打つ方向(飛球方向)に向けてドライバーのヘッドを放り投げる感じで打っているとのこと。併せて手首のコックの解放するタイミングの仕方を重要視しているとのことで、手首のコックが早く解けてしまうと、ダフってしまうこともあるだろうし、ドライバーがボールにヒットする前にはスイングが終ってしまうような状態となってしまう。これは、捻転で得られたスイングのパワーを十分にボールに伝えきれなくなってしまうということが判ります。

 

叩く!というイメージを持った先輩

もうひとり、けっこう飛ばす先輩に飛ばしの秘訣を聞いたところ、出てきた言葉は 激しく叩く! とのこと。 ただ、叩くだけでは飛ばないので、右足にチカラを入れたまま叩く! フォロースルーまで右足にチカラが入っていれば、クラブが自然とボールを叩きにいくから・・・これを叩くと呼んでいるらしいです。それが、本当に叩くなのかは判りませんが、人それぞれ感性が違うということと、自分で努力して見つけてきた打ち方のひとつなのだろうと思います。

打ち方というのはコックと右足が重要?

飛ばすには、クラブを加速させる必要性がありますので、スイングではリストコックと右足の強さが重要になってくると思います。右足がすぐに捲れてしまって、踵が浮いてしまうようでは、力強いスイングが出来ませんし、弱々しいスイングになてしまいます。また、打ち放たれたボールには勢いがありません。

ダウンスイングが始まって直ぐにリストコックを解放してしまのではなく、耐えてから解放をするということが必要みたいですね。それが、かなり難しいのですが。

 

ドライバーとアイアンも同じ?

ドライバーもアイアンもクラブが違うだけで、スイングというのは共通している点が多いです。アイアンの場合は5番アイアンはあまり飛ばないけど、7番アイアンの方が飛ぶと感じる場合もあります。それは、リストコックと右足の踏ん張りが足らずにクラブが加速しきれていないからなのだろうと思います。7番アイアンは5番アイアンよりも重いので、その重さだけでボールを打っているだけなのかもしれません。

となると、ドライバーも同じことが言えます。大げさなリストコックは必要無いとは思うのですが、右足の踏ん張りとリストコックがあるからこそ、クラブを加速させて、勢い良くボールにヒットさせることが出来ますし、それが飛距離につながるのだろうと思います。

PS~
練習場で色々と試していたところ、私の場合はボールのティーアップを少し低くしたら良い当たりが出るようになりました。ティーアップが高すぎて、フェース面の真ん中でボールを打てていなかったようですね・・・というようにスイングとは全く異なるところを修正するだけでも、変化がありますから・・・ゴルフは奥が深いですね。

日々、精進
がんばります

ドライバーの練習、打ち方 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン