飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

チャーリー・ホフマンというゴルファー

更新:

2017年 マスターズ初日からホフマンが好調です。いきなり、ホフマンが上がってくるとは思いませんでした。初日からスコア65、7アンダーです。飛ぶ選手ではないのですが、今回はパターが好調のようです。

 

チャーリー・ホフマン

チャーリー・ホフマンといえば、金髪の長い髪の毛がトレードマークでしたが、最近は短髪にしているようです。まるでサーファーかミュージシャンの様な髪型をしていました。そんな、ホフマンも気が付けば既に40歳となりました。色々な意味でターニングポイントを迎える年齢です。そのタイミングでマスターズ首位というのは素晴らしいと思います。

ちなみに、緑色も彼の個性をあらわしています。グローブ、帽子、サングラスなどには、必ずといってよいほど緑色が入ってます。ゴルフ・パフォーマンスは決して派手ではありません。どちらかというと地味な印象があるゴルファーです。めちゃくちゃ飛ぶわけではありませんし、アイアンの精度が特別に優れているという感じではありません。オーソドックスなスタイルのゴルファーです。

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿



チャーリー・ホフマン プロフィール

  • 1976年12月27日 生まれ
  • アメリカ出身
  • 使用クラブ:タイトリスト

 

ドライビング・パフォーマンス

  • DRIVING DISTANCE:293.5
  • CLUB HEAD SPEED:116.89mph
  • SMASHFACTOR:1.476

マイル表記となっていますので、メートル毎秒に変換し、ヘッドスピードとミート率からボール初速を計算しますと、以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス:293.5ヤード
  • ヘッドスピード:52.25m/s
  • ミート率:1.476
  • ボール初速:77.121m/s

 

既に40歳となったチャーリー・ホフマン。最近の若手選手の勢いに圧されてしまっている感じはします。ですが、ある程度の年齢に差し掛かった大人のゆとり、落ち着いた雰囲気、今までの経験を活かして、今以上に良いゴルフを展開してほしいです。

関連記事

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン