飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

バンカーに入りまくるラウンド | 思考は現実化する

ゴルフをしていて不思議だなと思うことのひとつに、バンカーによく入る日 というのがあります。誰もが経験をしていることかもしれません。一度、バンカーに入ってしまうと、次のホールもバンカーに捉まったりして、さらに大変なことになってしまうということもあります。

とあるPAR5のホールではティーショットがフェアウェイバンカーに捉まって、脱出したと思ったら、グリーン周りのバンカーに捉まって、そこから脱出してグリーンに乗せてという、一度もフェアウェイを使っていない?というような不思議なこともあります。

バンカー

上のバンカーの写真は私がよく行く河川敷ゴルフ場のバンカーです。ここは本当にバンカーが大きくて深くてアゴが高いです。なかにはポットバンカーみたいな深くて小さいバンカーもあります。

 

バンカーに捉まるから、次もバンカーに捉まる?というのはおかしいですね。どうして、バンカーばかり入ってしまうのかを考えてみたところ・・・理由としては私が下手だから、ショットが悪いから・・・ということになります。そんな理由を列挙しても、あまり意味が無いのでもうすこし考えてみると・・・やはりボールを打つゴルファーの心理的な要素が多いように感じますね。

セカンドショット、フェアウェイからグリーンまで170ヤード。グリーン手前にバンカーがある。そのバンカーに捉まってしまったということは、170ヤード弱は飛ばしていることになりますから、まずまずの距離を狙って打てるというショットは持っているということになります。そこそこ打てるのに、どうしてグリーン手前のバンカーに捉まってしまったのか・・・それはバンカーを意識しているからでしょうね。

ゴルフをしているとよく耳にする言葉ですよね。今のミスショットは意識し過ぎとか、考えすぎとか。バンカーによく入る日というのは、バンカーを意識しているからなんだと思います。

バンカー

上のバンカーの写真は河川敷ゴルフ場のフェアウェイに配置された大きなバンカーです。写真の奥の方にグリーンがあり手前にアゴの高いバンカーが見えます。

 

バンカーに入れたくない、バンカーに入れると1打損する。場合によっては2打くらい損してしまうかもしれない。だから、絶対にバンカーには入れたくないんだという悪いことばかりをイメージしてしまうと、そのイメージが頭の中に残ってしまうからなんでしょうね。ですから、バンカーに入れないようにと考えてショットとしてもバンカーに入ってしまうということですね。

思考は現実化する・・・という言葉があるとおり、頭の中で思い描いたことが現実になってしまいます。つまり、バンカーに入れたくないという強い想いが逆にバンカーに入れてしまうという行動になってしまうということですね。

一度、バンカーに捉まって大変な思いをすれば、次のホールではバンカーに入れたくないという想いが芽生えてきます。その、想いがバンカーに入れてしまうショットを打たせてしまいます。そして、またバンカーに捉まってしまいます。マイナスなイメージ、ネガティブなイメージを持たずにショットをすることが大切なんでしょうね。無心でショットをするという言葉の意味も判ってきますね。

ただ、人間の性として良いイメージよりも悪いイメージを思い起こしやすいということが言えます。ナイスショットよりも悪いショットをイメージしてしまいます。それは、良かった想い出よりも悪かった想い出の方が脳裏に焼きついているからだと思います。悪いショットをすれば、スコアは悪くなるし、恥ずかしい思いをすることもあるということから心理的なダメージが大きいからでしょうね。

バンカーだけではなく、ミスショットをしたくないと思えば、ミスショットをイメージしてしまいます。それが悪影響を及ぼしているということですね。

常に良いイメージを持つ、ナイスショットのイメージを持つ、良いゴルフをするというイメージを持つということは大切なんでしょうね。それでもミスショットが出る場合は、本当に自分のスイングやショットが悪いのかもしれません。

もし、思考が現実化するということが本当であれば・・・頭の中で思い描いたことが現実になるのであれば、ゴルフというスポーツの練習のひとつで素振りというのがあります。素振りは最も良いスイング(ショット)が出来ていることが多いと言われたりもします。もしかしたら、それは本当なのかもしれないですね。

ですが、バンカーに入ってばかりというのは苦しいですね。

バンカーに捉まってばかりいると、バンカーショットが上手になるとは思いますが・・・それより、もっと上達したのはバンカーの均し方ですね。私はバンカーを素早く綺麗に均すことができるようになりました(笑)

日々、精進
がんばります

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン