飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

パッティングで入れボギ は 入るけど入れパーが入らない

アプローチが悪いと思えば、アイアンショットが悪くなるし・・・いくつかの問題が修正できれば、パターが入らなくなってしまいますし・・・色々と課題が次から次へと発生してきます。

スポンサーリンク
 

だから、ゴルフは面白いのかもしれません。最近は入れパー(パーパット)が入りません。そのくせ、長い距離の入れボギ(ボギーパット)は入ったりなんかします。

入れパーが入らない / パーパットが入らない

このパットが入ればパー・・・外してしまってもボギーで凌げるという甘い考えがあるからなのか、駄々草なストロークをしてしまっている可能性があります。また、逆にパーパットだからということで、狙いすぎてしまっている場合もあります。例えば、たったの1メートルという距離のパーパットの場合は、カップインしてないのにも関わらずパーを獲った気持ちになっているのかもしれません。

パーパットが入らない理由を考えてみました

  • パーを獲った気持ちになっている
  • ボギーでも良いと諦めている
  • 狙いすぎている
  • 緊張でタッチの強弱が合わない

パーパットだからこそ、緊張してしまって、慎重になり過ぎている傾向があるように感じます。故にアドレスしてからストロークまでの時間が長かったりして、スムーズなストロークがし難くなる原因を自分でつくってしまっているような気がします。

スポンサーリンク
 

入れボギが入る / ボギーパットが入る

パーパットを外した後のボギーパットは殆どが入ります。ボギーパットを外してしまったら、ダブルボギーになってしまうという緊張感と慎重さがあるのかもしれません。パーパットを外しているくせに、パーパットよりも距離があるだろうと思われるようなボギーパットも入ることがあります。

ボギーパットが入る理由を考えてみました

  • ボギーパットなので必死で狙っている
  • パーパットを外したので慎重になっている
  • 丁寧なストロークを心掛けている

ボギーパットは、これを外してしまったらダブルボギーとなってしまうため、パーパットよりも必死になっていることが多いように思います。そして、慎重にストロークをしている場合が多いです。

パッティングでミスをする傾向を掴む

私の場合は、パッティングでミスをする場合といえば、左に引っ掛ける場合とショートしてしまう場合が多いです。左に引っ掛けてしまっている場合には、入れたい気持ちが強くなっており、完全に手でストロークをしてしまっています。ですから、ほんの少しですが、パターのフェースがアウトからはいってイン方向に向いていきます。ですから、ボールも左方向へ転がり出してしまいます。

スポンサーリンク
 

ショートする場合は、弱気になっている場合が多いですね。どんなストロークをしたら良いのか、強弱のタッチすら判らない時には、ショートしてしまうことが多いです。パッティングでショートする場合は、他のショットにも影響をしてきますから、大変なことになります。

プロゴルファーやゴルフが上手な人は、パーパットを外したりという凡ミスは忘れると言いますが、なかなか忘れることが出来ませんし。モヤモヤした気持ちが残ったりします。

200ヤードでも1打、1メートルも1打、30センチも1打・・・ゴルフは奥が深いです。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン