飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ショットする前の早い素振りはダメなの?

私はティーショットをする時には、あまり素振りをしない方なのですが、慎重なショットをするときは素振りをすることがあります。素振りというか、軽くクラブを振るという感じですね。

スポンサーリンク
 

ティーショットなどで打つ前に素振りをする時 と 素振りをしない時を比較したことがあったのですが、なかなか興味深いことが判ってきます。私がショットをする前に素振りをするときは、早い素振りをします。クラブを早く振ろうとして、早いスイングをしようとします。早く振ろうとする素振りをした後は、早く振ろうという気持ちが自分の身体にインプットされてしまって、実際のショットは急ぎ打ちになることが多いです。つまりミスショットになってしまうということです。

どのようなミスが出るかというと、大半がトップとか、身体が早く浮き上がってしまうとか、そういったミスが出やすくなるように感じますね。急いでいるというか、早く打とうとしてしまうので、スイングのテンポが早くなってしまっているのでしょうね。

そして、素振りでは早く振ろうとして、めちゃくちゃ早いスイングで、クラブが空気を切る音が凄かったりもするのですが、実際にボールを打つときのスイングは・・・素振りよりもスイングスピードは遅い・・・というのが真実ですね。

素振りは早いけど、実際のショットは遅い。

ならば、遅いスイングで素振りをすれば良いのではと考えたりもするのですが、遅いスイングで素振りをするというよりは、今からティーショットをするという緊張を解す程度の素振りで良いのだと思います。

スポンサーリンク
 

女子プロゴルファーのティーショットのテレビで見ていると、ショット前に勢いよく素振りをしているゴルファーは殆どいません。軽く素振りをしているだけです。それも、スイングのチェックというよりは、緊張する自分の気持ちを落ち着かせるための素振りをしているだけのように感じます。もちろん、なかには素振りなんてしないでショットするゴルファーも居ます。

ショット前の素振りが悪いとかではなくて、素振りの時と実際に打つときのスイングスピードが全く違うということと、素振りで早く振ろうとすると、ミスショットが出やすくなる傾向があるということです。これは、私の場合ですけどね。

つまり、素振りで早く振ろうということが間違っているということになります。何故ならば、実際のスイング、ショットは素振りよりも遅いスピードになってしまうからです。それは、OBしたくないとか、しっかりと打ちたいとか、真っ直ぐに飛ばしたという緊張とか慎重さがあるから、スイングスピードが遅くなるのだろうと思います。練習場ではヘッドスピードが42とか出てもゴルフ場ではヘッドスピードが40くらいしか出ないというのは、緊張とか慎重さがあるからでしょうね。

 

素振りでは早く振ろうとしている・・・だけど実際のショット、スイングは素振りよりも遅いスピード・・・スイングスピードが合致しません。ということは素振りでのイメージと実際のショットが合致しないからミスショットをするということになります。

飛ばす気持ち いっぱいで素振りをしても、実際のショット、スイングスピードが遅くなってしまうのでは意味が無いのかもしれないですね。

素振りを沢山してもミスショットをするというのは、この辺りにヒントがあるように思いますね。

日々、精進
がんばります

PS~
ゴルフ場によってはスロープレーを防ぐために素振りは1回までという看板が立てかけられていることもありますし、ティーグラウンドでの素振り禁止というところもありますからね。ティーグラウンドでの素振りはスロープレー予防というよりは、危険防止の意味の方が強いでしょうね。素振りのし過ぎは要注意です。

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン