飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アフターマーケットで販売されるシャフトを装着するのが当たり前の時代?

2017年 マスターズでのドライバー使用率、装着シャフトが紹介されていました。やはり、テーラーメイド、キャロウェイ、タイトリストが多いですね。ドライバーの使用率も興味深いのですが、シャフトがとても気になりました。気になったというか、日本国内では発売されてない良さそうなシャフトが多いなと思いました。

関連ニュース記事
マスターズの上位15選手の1Wを集計! 日本名の新顔シャフトが急伸
 
最近は、USモデルのドライバーは選択できるシャフトが多くなっています。しかも、追加料金無しで、選べるシャフトが多いというのが魅力だったりもします。アフターマーケットで販売されているシャフトを購入して、装着をするのではなくて、最初からシャフトが選べるということです。追加料金が発生しないのであれば、コストパフォーマンス的にも嬉しいですね。

アフターマーケットで販売されているようなシャフトがドライバー購入時に装着できるということは、ほぼ純正シャフトのラインナップになっているのと同じ? そんな気がします。

日本で販売されているドライバーにも色々なシャフトを取り付けることはできるんですけどね。シャフトを選択すると、概ね+17000円以上のコストが嵩んでしまいます。飛ばしやすいクラブにするには、それくらいは必要なのかもしれません。

Tensei

タイガー・ウッズが使用したことで話題となりました。ジャスティン・ローズも使用しています。

ディアマナS+に似た様な感じらしいのですが、使用している素材が11種類となっており、ヘッドスピードをアップさせてくれるようです。Tensei は 転生 からきているようですが、英語では Transform のことらしいです。似た様な意味を持つ言葉をリンクさせているんでしょうね。どちらにしろ、生まれ変わる、転換するほど良い結果が得られるシャフトですという意味が含まれているんだと思います。
 

KURO KAGE Silver Tini / KURO KAGE Black Tini

TiNi はチタンニッケルのことで、チップ部分にチタンニッケルの繊維を採用しており、弾性と剛性のあるシャフトになっています。弾き感がありそうな感じがしますね。私くらいの遅いヘッドスピードのゴルファーにも使用できるスペックが用意されているのが嬉しいです。

セルヒオ・ガルシアが使用していたシャフトは、KURO KAGE Silver DualCore TiNi 80TX です。このシャフト、TX は ツアー向けのシャフトとなっているようです。サイトのラインナップに記載されていませんでした。
 

Truetemper(トゥルーテンパー)

たしか、フィル・ミケルソンが Project X HZRDUSTruetemper(トゥルーテンパー)を装着していました。ハードヒッター向けのシャフトですね。私には絶対に無理ですね。

ゴルフクラブはシャフトで変わります。打ち難かったドライバーが、シャフトを替えただけで、見違えるように飛ぶドライバーになることもありますから不思議です。というよりも、それだけシャフトは重要だということなんでしょうね。日本国内で発売されるドライバーに装着できるシャフトがもっと増えてくれれば嬉しいですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン