飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報

飛ぶドライバーは、シャフトで決まる

どんなに飛ぶドライバーであっても、シャフトが自分に合ってなければ、飛ばせません。ゴルフクラブの良し悪しを決定づけるのは、シャフトであると言えるほどに、シャフトは重要です。自分のスイングとシャフトがマッチングしているのかどうかによって、打ちやすさ、振りやすさが変わってきます。

フレックスS ヘッドスピード 42m/s~45m/s
フレックスSR ヘッドスピード 38m/s~42m/sくらいまで
フレックスR ヘッドスピード 37m/s~40m/sくらいまで
フレックスX ヘッドスピード 46m/s以上

シャフトは、フレックスだけで選ぶのではく、実際に振ってみるというのが大切です。基本的にシャフトは、軽くなると柔らかくなり、重くなると硬くなります。ですが、柔らかくて重いシャフトが合うというゴルファーも居ますし、硬くて軽い方が良いというゴルファーも居ます。一般的なヘッドスピード40m/sくらいのゴルファーが扱える程度に長くて、軽くて、トルクが大きいシャフトを装着したドライバーが増えてきました。

 

次のページは、クラブレンタルサービスを利用する
1 2 3 4

その他、よく読まれている記事

プロギア RS RED ドライバー 試打・評価... プロギア RS RED ドライバーを打ちましたので、評価・感想を書きます。 プロギア RS RED ドライバー...
プロギア RS E ドライバー 2019年モデル 試打・評価... プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン