飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報

2019年 飛ぶドライバーの特長

2019年モデルのドライバーの最大の特長はルール適合内で高反発になっており、ボール初速アップを狙っているモデルが多いという点が挙げられます。

低重心+低スピンは、当たり前となりました。総じてシャフトが長くなってきており、45.75インチがスタンダードとなりつつあります。ヘッドクラウンにカーボンを採用することも、当たり前となりつつあります。殆どのドライバーが、カーボン素材を使用しており、ヘッドの軽量化を図っており、今まで以上の低重心化を目指しています。

2019年 飛ぶドライバーの特長考察

  • カーボン採用+低重心+低スピン+たわみ効果は当たり前
  • シャフトが長い。45.75~46インチがスタンダード
  • オフセンターヒットでも強く弾く
  • ボールスピードが速い
  • バルジとロールが無くなった
  • 重心角が大きいドライバーが多い

フェースの反発力アップ

また、ソールのフェース面寄りにスリットを設けるなどして、フェース面の弾きを強くしようとしています。打点がズレても強い弾きが得られるようになっています。そして、フェース面のバルジとロールが殆どありません。つまるところ、ギア効果が発生しないようになっています。バルジとロールが付いたドライバーの場合は、ギア効果が得られますので、ヒール側で打った場合、ボールは左に飛び出してスライスしてきます。このギア効果が無くなりますから、ヒール側で打ったら、左に飛ばしたままということになります。ただ、打点がズレても強い反発で飛ばせます。

カーボンを使用したドライバーヘッドの目的

ヘッドクラウン部分にカーボンを採用した理由としては、低重心化を図るためです。低重心化が進めば、重心位置より少し上でボールを打ち、縦のギア効果が発生して、バックスピン量を相殺することできます。つまるところ、低スピンになるということです。重心が浅くても深くても、低重心にしたいのは、バックスピン量を相殺するための、縦のギア効果が欲しいからでしょうね。

低スピン

低スピンが打てると飛距離が伸びる、曲り幅が少なくなると言われることもありますが、個人的には懐疑的だったりもします。 強く打ちにいける人であれば、低スピン効果があるのだろうと思いますが、一般的なスイングパワーのゴルファーの場合は、ある程度のバックスピン量が無ければ、ボールに揚力を与えることが難しくなり、低弾道になってしまうか、ドロップボールと なってしまうことが多いからです。

低スピンで低弾道になると、ロフトアップをして、ロフト角を大きくしていきます。ですが、ゴルフクラブというのは、ロフト角が大きくなれば、スピン量が発生しやすくなりますから、理論的には、バックスピン量が増えやすくなるという小さな矛盾を感じる事もあります。

ましてや、腕で振って、調整しているような打ち方だと、ドライバーヘッドは、アッパーブローじゃなくて、ボールに対してレベルに 入っていきますから、余計に弾道が低くなり、ドライバーが上がらないということになり、結果的に飛ばないということになります。 また、バックスピン量が少ないということは、横回転のスピンが発生した場合に曲がりやすくなります。

アイアンは、真っ直ぐ飛ぶけど、ドライバーは曲がるという人も居るかと思いますが、アイアンの場合は、ロフト角が大きいので、 バックスピン量が多くなります。ですから、曲がる打ち方をしていても、バックスピンが横回転を相殺してくれて、真っ直ぐ飛んでいる ように感じるだけです。ドライバーの場合は、ロフト角が小さいということもあり、少しでも横回転が発生すると、曲がりやすいクラブです。

一般的なヘッドスピードのゴルファーは、ボールが上がらない?

一般的なヘッドスピードのゴルファーの場合は、低重心で、低スピンのドライバーを使うと、高い弾道が打てないことが多いです。私は、そのような経験をしました。ロフト角10.5度では、ボールが上がりきらないこともあります。低スピンドライバーというのは、ロフト角を注意しないと、低弾道しか打てなくなってしまうので、注意が必要です。

ドライバーが苦手な人、初心者は捉まり重視のドライバーを選ぶこと

ゴルファーの天敵は、スライスです。特に、ドライバーショットでのスライスというのは、致命的です。OBになってしまえば、大きくスコアを崩してしまいますし、何度もOBが続ければ、トラウマのようになってしまい、苦手意識が芽生えてしまって、打てなくなってしまうこともあります。2018年モデルのドライバーは、総じて捉まりを良くしようとしています。つまり、重心角(重心アングル)が大きく入っているドライバーが増えています。

重心角というのは、ドライバーのヘッドターン(フェースローテーション)のし易さを手伝ってくれる要素です。重心距離とは別の要素です。最近のドライバーの場合は、ヒール側(ネック軸)にウェイトを配置して、ヘッドが閉じやすい回転ができるようになっています。

おすすめできる飛ぶドライバーの構造

(1) 打点がズレても弾くフェース
(2) 反発の高いモデル
(3) 低スピン+高弾道
(4) 重心角大き目で捉まりの良さ

無理せずに振り切れるドライバーを選ぶことが大切です。背伸びしてアスリート向けのモデルを使うよりも、ミスヒットに強い優しいドライバーを使った方が賢明です。上級者は、けっこう優しいクラブを使っていることが殆どです。

 

次のページは、飛ぶドライバーは、シャフトで決まる
1 2 3 4

関連記事

ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
手元が浮いてしまうゴルフスイング ゴルフラウンド中で最も危険な行為は手元が浮いてしまうスイングだと思います。人それぞれ考え方が異なるかもしれませんが、私の場合は手元が浮いてしまうことで、多くのミ...
右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ... ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、...
池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング... 池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング 体重移動と2軸スイング 池田勇太のドライビングパフォーマンス アドレス・テイクバック ...
タイガー・ウッズ P7 TW アイアン | 2019年5月24日発売... タイガー・ウッズ レプリカモデル アイアン登場! 2019年 マスターズで優勝をして、完全復活を果たしたタイガー・ウッズのシグネチャーモデルともいえる、テーラー...
インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング... 現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題と...
アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 タイガー・ウッズ 優勝時のセッティング テーラーメイド...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンで左1軸なスイングという点です。1プレーンなスイングが個性的過ぎて、そちらに意識が向...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン