飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報

更新:

ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボールスピードを速くして、平均飛距離アップできるドライバーこそが、飛ぶドライバーです。 併せて、初心者向け飛ぶドライバーを紹介してます。

2018年~2019年モデルのドライバーは、(1)ヘッドスピードが遅い+(2)当たりが悪い+(3)曲がる=(A)飛ばない というゴルファーのためのドライバーが多くなっています。シャフトスペック、フレックスとロフト角の選択間違えがなければ、飛距離180ヤード~190ヤードくらいからプラス10~15ヤードは飛ばせるようになります。高反発モデルのハヤブサドライバーを使えば、もっと飛ばせます。

 

ハヤブサ ビヨンド 高反発モデル ドライバー

高反発+長尺シャフトで飛ばせるドライバー

高反発のフェース面と たわむヘッド で ボールを強く弾き飛ばすドライバーです。長目のシャフトでヘッドスピードを速くして、強いインパクトで打てる高反発ドライバーです。反発係数が高くて飛ぶドライバーです。ヘッド体積は460ccとなっているものの、構えると小振りなヘッドになっており、重心距離も短めとなっています。捉まえて飛ばすことができます。スライスを軽減してくれるだけでも飛距離アップができます。捉まえて、スライスを減らして、高反発で飛ぶドライバーです。

ルール不適合・高反発モデル

実際に試打しましたが、ヘッドの返りが良いので、重心距離が短くて、シャフトの性能が良いです。捉まりが良いので、スライスを減らして平均飛距離アップを狙うことができる、飛ぶドライバーです。ハヤブサドライバーは、地クラブ的な存在の飛ぶドライバーですので、知名度は高くないものの、飛び性能を持ったドライバーです。

フェース面は、バルジとロールが薄くなっており、打点がズレても大きく曲り戻ってくるようなことはありません。最近のドライバーのように、打点がズレても曲り幅を減らして、直進性の高いボールが打てる構造となっています。

ハヤブサドライバーの特長

  • 重心角大き目でスライスが減らせる
  • 低スピンで強いボールが打てる
  • 高反発で誰でもボールスピードが速くなる
ハヤブサドライバー スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度
  • 長さ:46インチ
  • ライ角:61度
ハヤブサドライバーが向いているゴルファー

  • ヘッドスピードが遅くなってきたゴルファー
  • 飛距離アップを目指しているゴルファー
  • SLEルールを気にしないゴルファー
  • 高反発モデルで飛ばしたい人
特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
SLEルール不適合モデル
高反発仕様
反発係数0.83超え
高反発で弾きが良い 打点ズレが起きても強く弾く 低スピン 高弾道が打ちやすい 若干フックフェース
捉まり重視の重心アングル大き目
捉まり良い スライスが減らせる
直進性抜群
高反発+長尺=飛ぶ! レベルを問わず扱えるドライバー

※横スクロールで見れます

 

 

テーラーメイド 2019年モデル M5、M6が登場します

テーラーメイド2019年モデルの紹介です。
M5ドライバー、M6ドライバーが登場します。ヘッド種類は3種類あります。M5ドライバー、M5 Tour ドライバー、M6ドライバーとなります。ツイストフェース、ハンマーヘッド2.0、スピードインジェクションなど飛ばすための新しい工夫が取り入れられています。ボールスピードを速くするための工夫が取り入れられています。ここで言えるのは反発力の高いドライバーは飛ぶということです。

 

キャロウェイ 2019年モデル EPIC FLASHシリーズが登場します

キャロウェイの201年モデル EPIC FLASHシリーズが登場します。2019年1月8日にディテールが公開されました。発売は2019年2月1日の予定となっています。キャロウェイ公式オンライストアにて先行予約可能です。EPIC FLASH、EPIC FLASH SUBZERO、EPIC FLASH という3モデルのドライバーヘッドが用意されています。

詳細情報
キャロウェイ公式オンラインストアにて先行予約受付中です。先行予約プレゼントもあります(限定)。
キャロウェイ EPIC FLASH | 2019年2月1日発売

 

2019年モデル 飛ぶドライバー

2年に1度アップデートされるモデルが順次発売されます。Mグローレ、スリクソンZ585、グローブライドなど。これらのモデルは、前作が2016年発売、ニューモデルが2018年後期発売となりますが、2019年モデルとなります。次のニューモデルの登場は、2020年となります。

他では、未だまとめられていません。
少し早いですが、2019年モデルのドライバーもまとめて紹介していきます。

どのモデルも共通していえるのは、フェース面の反発の高さから得られるボールスピードです。ボールスピードを速くして、平均飛距離アップを狙ってるドライバーが増えています。また、アスリート向けドライバーとアベレージ向けドライバーの垣根が無くなってきました。どのドライバーも優しく打てるモデルとなっています。もう、わざわざ難しいゴルフクラブ使うという不毛な考えは古いのかもしれません。

2019年モデルのドライバー | 2年に1度モデルチェンジする

2年に1度モデルチェンジをする人気の飛ぶドライバーの紹介です。2年間という時を経て、飛躍的に進化したドライバーもあります。こちらで紹介するドライバーは、2018年に発売された2018年~2019年のモデルです。次回、発売されるとしたら、2020年となるドライバー達です。

ヘッドスピードが遅くても今より飛ぶドライバー

ヘッドスピードが遅くても今より飛ぶドライバーを紹介します。ヘッドスピード40m/s以上という人は、もともと飛ばせるので、どんなドライバーを使っても飛ばせるでしょう。こちらでは、ヘッドスピードが遅くても今より飛ばせるドライバーを紹介します。

色々な意見、ホームコースのゴルフ仲間から意見を聞くと飛距離不足で悩んでいるゴルファーの多くは、ヘッドスピード40m/s以下です。ですから、ヘッドスピード35m/s~38m/s前後のゴルファーが飛距離アップを感じることができる飛ぶドライバーを集めて比較してみました。実際にドライバー試打したときもヘッドスピード38m/sくらいで打ってます。

比較したドライバー

テーラーメイド Mグローレ ドライバー


写真:テーラーメイドゴルフ

テーラーメイド Mグローレ ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
ハンマーヘッドで弾く ツイストフェースで無駄なギア効果をコントロール 打点がズレても弾いて飛ぶ 少ない 高弾道 オープフェース気味 ネック軸周りのウェイトと大きい重心角で捉まる スライス減らせるどころかスライス打てない 飛距離アップを感じる 初級~上級

2018年10月26日発売。Mシリーズとグローレが融合した、新しいグローレです。M3ドライバー、M4ドライバーに搭載されている ツイストフェースとハンマーヘッドが搭載されており、捉まりの良さと直進性と飛び性能を兼ね備えたドライバーです。捉まって、簡単に高弾道が打てる、優しく飛ぶドライバーです。優飛び(やさとび)ドライバーです。

Mグローレを使ってラウンド

Mグローレドライバーを実際に使ってラウンドをしましたが、とても打ちやすいドライバーです。捉まるし、弾くし、軽量で振りやすいです。あまりにも軽すぎて、スイング軌道がズレてしまうこともありますが、慣れてくると振りやすいです。

打ってみた感覚では、シャフトフレックスSRで良い感じでした。高弾道が打ちやすいので、フレックスSRでロフト角9.5度がベストチョイスかもしれません。純正シャフトのフレックスSでクラブ総重量281グラム、SRでクラブ総重量278グラムなので、重くて振り切れないという不安がありません。ロフト角10度は高弾道過ぎる感じがしました。

スライスが打てない

スライスバスターここに参上! スライスをやっつけてくれるドライバーです。
スライスが多いゴルファーに朗報です。Mグローレドライバーはスライスが打てません。とても捉まるので、スライス回転を減らすことができます。直進性を高めることで、飛距離アップできます。今までスライスに悩んでいるゴルファーは試してみる価値があります。

テーラーメイド Mグローレ ドライバーの口コミ・評価

テーラーメイドのネットショップの口コミレビューの殆どが高評価となっています。総じて、曲がらない、飛んでいるという感想が多いです。実際に私もゴルフ場で使いましたが、スライスが出ません。ほぼストーレボールかドローボールです。練習場の鳥カゴではなくゴルフ場で使いましたので、リアルな感想です。

テーラーメイド Mグローレ ドライバー 試打動画

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル
今後はYouTubeの方にもチカラを入れていこうと思っていますのでチャンネル登録をお願いします。
ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル

 

 

キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー

1発目打ったときの感想、高反発ドライバー? そう思いました。SLEルール適合モデルすが、ルール適合内で超反発となっています。緩く打ってもかなりの反発力で飛ばせます。これなら、ヘッドスピードが遅くても飛ばせるはずです。

GBB EPIC STAR(2017)とROGUE STAR(2018)の悪いとこを修正して、良いところを融合させた感じのドライバーです。GBB EPIC STARではボールが上がり難かったし、捉まりが悪かった。ROGUE STARでは捉まり過ぎてボールが左に飛び出すという、打ち難さが修正されたモデルとなっています。GBB EPIC STARのときは弾き感が地クラブ並と思ったのですが、EPIC FLASHの場合は高反発ドライバーのような反発力で驚きました。

キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
人工知能開発のフラッシュフェース搭載
ペリメイターウェイティングシステム復活
超弾く 芯外しても飛ぶ 少ない 超高弾道 スクエア やや捉まる
シャフト運動により捉まる
スライス減らせない
フェードが打ちやすい
ペリメイターウェイティングシステムで
ドローorフェードの調整可
飛ぶ 初級~上級

※横スクロールで見れます

ボールスピードが速い

人工知能によってデザインされたフラッシュフェースと2本の柱(ジェイルブレイクテクノロジー)による影響なのか、ボールスピードがとても速いです。曲がる前にボールが高く、前方に飛ぶという感じです。ヘッドスピードが遅くても、ボールスピードを速くすることができますし、キャリーアップが望めるドライバーです。捉まえようとして打つと、ロフトが立ってインパクトします。すると、ボールが上がり難いこともありましたので、地味に手強い側面を持っているドライバーと言えます。

低スピンで高弾道が打てる

低スピンが打ちやすいので、ボールが上がり難いこともありますが、しっかりとアッパーブローで打てると、超高弾道が打てます。

 

 

グローブライド オノフ AKA (2018-2019)

グローブライド オノフ AKA (2018-2019)性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
パワートレンチによりヘッドの撓みで飛ぶ
フェースにミーリングが施されてる
強く弾く 芯外しても飛ぶ 多い 高弾道が打ちやすい フックフェースが入っている
若干、出っ歯な感じ
重心角大きい
FP(フェースプログレッション)も大きくて捉まる
スライスを減らせる 安定して飛ばせる 初級~上級

※横スクロールで見れます

グローブライドオノフというのは、地味なイメージがありますが、丁寧にゴルフクラブを作ってます。今回のオノフAKA(2018)も前作同様に捉まるし、弾くし、高弾道が打てるドライバーとなっています。ヘッドの撓みを活かして飛ばせるという構造になっており、本当にヘッドが撓んでいるのを感じます。

ヘッドの構造と標準シャフトの先調子性能で捉まり向上を目指しています。フェース面にミーリングが施されており、飛球線に向けてのスピン(縦のスピン)が多く発生しているからなのか、サイドスピン(左右のスピン)が少なく感じます。故に曲がりにくいという特長を持っており、直進性を高められる構造になってます。

ヘッドの撓みを活かすためにパワートレンチというスリットが設けられています。勢いよくフォロースルーをつくると、パワートレンチという溝が空気を切る笛を吹くような音がします。これは、弱点かもしれませんね。

適応ヘッドスピード目安

ヘッドスピード 35m/s~40m/sくらいまでのゴルファーに向いてます。

オノフ 赤 ドライバー 2018年発売モデル 試打動画

 

 

スリクソン Z585 ドライバー

スリクソン Z585 ドライバー性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
カーボン採用
進化したカップフェース構造を採用
強く弾く 芯外しても飛ぶ かなり多い 超高弾道 オープフェース気味 重心角が大きい
とシャフト運動により捉まる
スライス減らせる 安定して飛ばせる 中級~上級

※横スクロールで見れます

打った時の感触と打音は、ゼクシオにそっくりです。というよりも、ゼクシオをベースにカーボンを採用してシャフトを変更したという感じのドライバーです。打音はとても甲高い音です。高反発か?と思うくらいです。練習場で打ち続けていると、打音が響いて恥ずかしも。でも、心地よい打音です。それも、そのはずでフェース面のカップフェースは、ゼクシオテンに使用した構造を取り入れているからです。

ある程度のヘッドスピードが必要

ヘッドにはカーボンを採用して、軽量化を図り、低重心となっていますので、普通に低スピンがボールが打てます。優しく打てるドライバーにシフトチェンジして捉まり易さも注目されているものの、ヘッドスピードが遅いゴルファーの場合、ややボールが上がり難い印象を受けるかもしれません。アベレージゴルファーでも優しく打てると言うものの、やっぱりアスリート向けのドライバーです。

やっぱりアスリート向けドライバーだった

油断すると簡単にスライスしてしまいますし、意外とシャットに打てないとボールが捉まらないという手強さがあります。といっても、今までのスリクソンZシリーズと比較すると捉まりやすくはなっています。逆にフック回転のボールが打ち難いイメージがありましたので、もともとフック持ちのゴルファーがそこそこ捉まえて飛ばせられるという感じのドライバーです。

適応ヘッドスピード目安

ヘッドスピード 38m/s~45m/sくらいまでのゴルファーに向いてます。シビアに考えるとヘッドスピード40m/sくらいあると、ドライバーヘッドとシャフトの性能が活かされます。

スリクソン Z585 ドライバー 試打動画

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル
今後はYouTubeの方にもチカラを入れていこうと思っていますのでチャンネル登録をお願いします。
ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル

 

 

XXIO(ゼクシオテン)

シャフトとヘッドのマッチングが抜群

XXIO(ゼクシオテン) ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
Hi-Energy Impact Head と Smart Impact Shaft
芯を食いやすい
強く弾く 芯外しても飛ぶ 多い 高弾道が打ちやすい
高弾道過ぎるかも
若干フックフェースが入っている フックフェースで捉まえる 減らせない
前作よりスライスしやすいかも
飛ぶ 初級~上級

※横スクロールで見れます

2018年のゼクシオテンは、打点のバラつきを抑えることに着眼しています。ヘッド重量配分の見直しを図り、スイングを安定させるためにシャフト剛性が見直されています。今まで通り、シャローなヘッド形状となっています。ヘッド後方には、ウェイトが取り付けられており、重心深度を深くして、慣性モーメントを高めています。誰でも高弾道が打てるモデルとなっています。シャフトスペックもソフトとなっており、優しく高弾道が打てます。

適応ヘッドスピード目安

ヘッドスピード 35m/s~40m/sくらいまでのゴルファーに向いてます。

基本スペック
純正装着シャフト:MP1000カーボン
ヘッド体積:460cm3
長さ:45.75インチ

ゼクシオテンドライバー 試打動画

 

 

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー

重心角25度で捉まるし高弾道が打てる

本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
GROOVE POWER AREAで反発エリア拡大
曲がっても戻ってくるギア効果
重心角25度捉まり最強
強い 芯外しても飛ぶ 少な目 高弾道が打ちやすい
むしろ高弾道過ぎる気がする
フェースはスクエアで合わせやすい 捉まり抜群 スライス減らせる
直進性抜群
前作より飛ぶ 初級~上級

※横スクロールで見れます

本間ゴルフ2018年モデルBeZEALです。ソフトスペックとなっているので、アベレージなゴルファーにぴったりです。また、シャフトのスペック的には、ゼクシオに近いイメージがありますので、今までゼクシオを使ってきたという人にも向いているモデルです。前作よりも、かなり進化してきています。実際に私も打たせてもらいましたが、とにかく真っ直ぐ飛びます。完全に捉まり重視のドライバーです。

安定した飛び性能

併せて、フェースの弾きも強いので、安定したティーショットができます。1発の飛びの期待はできないかもしれませんが、安定して直進性の高いボールが打てるので、平均飛距離は伸びます。本間ゴルフさんの場合は、重心距離、重心深度なども公表しており、地クラブ並に丁寧なつくりとなっている点には、好感が持てます。ヘッドスピード40m/sくらいで、ティーショットを安定させて、直進性を高めたいゴルファーに向いています。

適応ヘッドスピード目安

ヘッドスピード 35m/s~40m/sくらいまでのゴルファーに向いてます。

基本スペック
純正シャフト:VIZARD for Be ZEAL 535
ヘッド体積:460cm3
ライ角:59.5°
長さ:45.75インチ
本間ゴルフ ビジール 525 / 535 比較

 

 

タイトリスト TS2 ドライバー

優しくなったアスリート向けドライバー、やっぱり手強い?

タイトリストといえば、難しくて、上級者じゃなければ扱えないドライバーというイメージがありますが、TS2ドライバーはアベレージゴルファーでも扱える優しいモデルとなっています。捉まりが良いとか言われていますが、ある程度のヘッドスピードで飛ばせるゴルファーは、捉まりが良くなります。というものの、純正シャフトが先中調子となっており、パワーがある方がシャフト運動を利用して、ボールを捉まえることができます。ヘッドスピード40m/sくらいは必要です。

構えてみると軽くないです。重さを感じます。ヘッドが効いているという感じでも無いのですが、シャフトが先中調子でヘッドが動きやすい感じがするので、ヘッドが効いているという錯覚をしてしまいます。

地味に手強いドライバーだった

実際に試打をしましたが、TitleistSpeeder519EVOLUTION(SR)、ロフト角10.5度を打ちましたが、ヘッドスピード遅めで打つとボールが上がり難いですし、捉まりが悪いです。速く振った方が、シャフト運動を使って、捉まえることができます。優しくなったといってもやっぱりアスリート向けのドライバーであると言えます。ヘッドスピードが遅いゴルファーが、飛ばせる感じではなく、もともとヘッドスピードが速いゴルファーがさらに飛ばせるという感じのモデルとなっています。

タイトリスト TS2 ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
奥行きのあるシャロー形状のヘッド
けっこう低スピン
強く弾く 芯を外すと飛ばない感じ 少な目 パワーが無いとボールが上がらない オープフェースに見えるスクエア シャフト運動で捉まえる感じ 減らせない
緩むとスライスする
飛ぶ 中級~上級

適応ヘッドスピード目安

Titleist Speeder 519 EVOLUTION (R)でもヘッドスピード38~40m/sくらいあると性能を活かせることができます。

タイトリスト TS2 ドライバー試打動画

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル
今後はYouTubeの方にもチカラを入れていこうと思っていますのでチャンネル登録をお願いします。
ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル

 

 

各ドライバー特長一覧表

各モデルの特長を一覧表にすると、その特長が判りやすいです。ほとんどのメーカーがフェースの反発力(弾き感)にベクトルを向けており、つまるところボール初速アップを狙っています。併せて捉まりやすさ向上を目指しており、スライスし難いドライバーが多いです。

モデル名 特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
Mグローレ ハンマーヘッドで弾く
ツイストフェースで無駄なギア効果をコントロール
強い弾き 打点がズレても弾いて飛ぶ 少ない 高弾道 オープフェース気味 ネック軸周りのウェイトと大きい重心角で捉まる スライス減らせるどころかスライス打てない 飛距離アップを感じる 初級~上級
オノフAKAドライバー パワートレンチによりヘッドの撓みで飛ぶ
フェースにミーリングが施されてる
強く弾く 芯外しても飛ぶ 多い 高弾道が打ちやすい フックフェースが入っている
若干、出っ歯な感じ
重心角大きい
FP(フェースプログレッション)も大きくて捉まる
スライスを減らせる 安定して飛ばせる 初級~上級
Z585ドライバー カーボン採用
進化したカップフェース構造を採用
強く弾く 芯外しても飛ぶ かなり多い 超高弾道 オープフェース気味 重心角が大きい
とシャフト運動により捉まる
スライス減らせる 安定して飛ばせる 中級~上級
ゼクシオ テン ドライバー Hi-Energy Impact Head と Smart Impact Shaft
芯を食いやすい
強く弾く 芯外しても飛ぶ 多い 高弾道が打ちやすい
高弾道過ぎるかも
若干フックフェースが入っている フックフェースで捉まえる 減らせない
前作よりスライスしやすいかも
飛ぶ 初級~上級
ビジール535ドライバー GROOVE POWER AREAで反発エリア拡大
曲がっても戻ってくるギア効果
重心角25度捉まり最強
強い 芯外しても飛ぶ 少な目 高弾道が打ちやすい
むしろ高弾道過ぎる気がする
フェースはスクエアで合わせやすい 大きい重心角で捉まり抜群 スライス減らせる
直進性抜群
前作より飛ぶ 初級~上級
タイトリスト TS2 ドライバー 奥行きのあるシャロー形状のヘッド 強く弾く 芯を外すと飛ばない感じ 少な目 パワーが無いとボールが上がらない オープフェースに見えるスクエア シャフト運動で捉まえる感じ 減らせない
緩むとスライスする
飛ぶ 中級~上級

※横スクロールで見れます

 

 

最新モデルのドライバーを分類

ヘッドスピードが遅い人は、打ち方が悪かったり、打点がズレると大きく飛距離を落としてしまいます。飛ぶドライバーで人気があってもアスリート向けのモデルだったりすることもあります。ヘッドスピードが速い人が使えば飛ぶけど、ヘッドスピードが遅い人は全く飛ばないということになり兼ねません。この辺りの錯誤を排除することができればと考えております。

ヘッドスピードが速いゴルファーが打って、飛びますレビューというのは、よくあります。ヘッドスピードが速ければ飛ばせて当たり前です。うちのサイトでは、ヘッドスピードが遅くても、飛ぶドライバーを紹介していきます。来年2019年はもうすこし掘り下げていくつもりです。

買ってみたら重くて振れないとか、スライスが増えたというのは、よく聞きます。最新モデルのドライバーをアベレージ向け、セミアスリート向け、アスリート向けに分類してみましたので、ドライバー選びの参考にしてください。

 

 

飛ぶドライバーの打ち比べ比較

ドライバー選びに悩んでいる人向けのコンテンツです。実際に打ち比べてみたので、参考にしてみて下さい。Mグローレドライバーと打ち比べ比較などをしました。最近のドライバーは、重心角を大きくして、捉まりを向上させているドライバーが増えてきました。スライスを回転を少しでも減らして直進性の高いボールが打てるような構造となっています。

MグローレドライバーとグローレF2ドライバー比較

MグローレドライバーとグローレF2ドライバーを打ち比べました。どのような進化をしてMグローレになったのか明らかになります。
MグローレドライバーとグローレF2ドライバー比較 | 詳細コチラ

 

MグローレドライバーとM2ドライバー(2016)比較

MグローレとM2ドライバー(2016)の打ち比べです。コンセプトが真逆のドライバーですが、打ち比べることで、それぞれの良さが見えてきます。
MグローレドライバーとM2ドライバー(2016)比較 | 詳細コチラ

 

グローレF2ドライバーとM2ドライバー(2016) 比較

グローレF2ドライバーとM2ドライバー(2016)の打ち比べです。これも、コンセプトが真逆のドライバーです。だからこそ、打ち比べる意味もあったりします。
グローレF2ドライバーとM2ドライバー(2016) 比較 | 詳細コチラ

 

テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較

今までの発売されたグローレドライバーの紹介です。それぞれの良さを知ることで、自分に合ったグローレを知ることができます。
テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較 | 詳細コチラ

 

M2・M4ドライバー・エアロバーナー比較・特長

ヘッド、シャフト、グリップの軽量化と長いシャフトでダイナミックでパワフルに最大飛距離を実現するという、バーナーシリーズのDNAを引き継いだドライバー達の紹介です。
M2・M4ドライバー・エアロバーナー比較・特長 | 詳細コチラ

 

本間ゴルフ ビジール 比較 | Be ZEAL 535 / 525 ドライバー比較

本間のビジール525とビジール535ドライバーの比較です。ぶっ飛び系のドライバーでは、ありませんが、安定したティーショットができるドライバーです。
本間ゴルフ ビジール 比較 | Be ZEAL 535 / 525 ドライバー比較 | 詳細コチラ

 

歴代グローレ ドライバー 比較

テーラーメイドの人気シリーズ、グローレ。歴代グローレシリーズのドライバーの比較表を作りました。自分に合ったグローレを探してる人は参考にしてください。グローレF2ドライバー(2016)は、もしかしたらMシリーズのドライバーより飛ぶかも?
歴代グローレ ドライバー 比較 | 比較

 

歴代ゼクシオ 5モデル 比較紹介

歴代ゼクシオドライバー5つのモデルを比較。シャフトスペック、それぞれの特長を紹介しています。それぞれの特長を把握して、自分に合ったゼクシオを見つけてください。
歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介 | 詳細コチラ

 

 

 

テーラーメイド M4 ドライバー 2018年

ツイストフェース+ハンマーヘッドで曲がり難くて飛ぶ

テーラーメイド M4 ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
ツイストフェイスでギア効果最適化
ハンマーヘッドで最大反発力で飛ばせる
弾き感がスゴイ 芯外しても飛ぶ けっこう少ない アッパーブローで打てないと上がり難い 若干オープンフェース気味で構えやすい 捉まり抑え気味
チーピン・左のミスを減らせる
打点ズレの曲り幅は減らせる
スライスを減らす機能じゃない
完全にぶっ飛び系! 中級~上級

※横スクロールで見れます

2018年のテーラーメイドは、またまた進化しました。M4ドライバーを打たせてもらったのですが、はっきりいって飛びます。発売されるまでは、テーラーメイドの特許技術である、ツイストフェイスが大きな話題となっていました。それよりも、スピードポケットが進化し続けてきた完成型とも言えるハンマーヘッドと名付けられたソールの溝の反発力が凄いです。

テーラーメイド曰く、ルールギリギリの最大の反発力で飛ばせるとのことですが、本当に反発力が強いです。これなら、DJも400ヤード飛ばせるかもと思ってしまいます。ツイストフェースよりも、ハンマーヘッドによる飛び性能向上が大きいように感じました。溝を横断するように2本のリブが入っており、フェースとヘッドの無駄な撓みをインパクトエネルギーに変換して、ボールを弾きとばしてくれます。

前作のM2ドライバーよりも、ソール後方に取り付けられたウェイトが重くなって、慣性モーメントが高くなっているので、オフセンターヒットでもヘッドの開き(フェースの開き)が抑えられるようになっています。これは、誰が打っても飛びます。テーラーメイドのテストでは、反発係数0.80以上をマークするとのこと。やや、オープンフェース気味なので、スライスにトラウマを持っている人は苦手意識を持つかもしれません。だけど、飛びます。

基本スペック
純正シャフト:FUBUKI TM5
ヘッド体積:460cm3
ライ角:58°
長さ:45.75インチ
スペック詳細
テーラーメイド|クラブ・レンタルサービス
テーラーメイドゴルフ直販
新規会員登録で今すぐ使えるサービスクーポンが貰えます。
テーラーメイドゴルフ M4 ドライバー/FUBUKI TM5

 

 

キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー 2018年

GBB EPIC よりも捉まるし高弾道が打てる


GDOギアカタログ

キャロウェイ ローグ スター ドライバー 性能

特長 フェースの弾き感 オフセンターヒット性能 スピン量 ボールの上がりやすさ 構えた感じ 捉まりやすさ スライス減らせるか? 飛距離 扱えるゴルファー
ジェイルブレイクテクノロジー搭載で高い反発
重心角大きい(数値非公表)
強く弾く 芯外しても飛ぶ GBB EPICと比べて多い GBB EPICと比べて上がりやすい 若干ヘッドが後方に倒れてフェースが開く感じ
フック持ちの人でも構えやすい
まずまず捉まる 減らせる
だけどスライス減らすための機能じゃない
飛ばせる 初級~上級

※横スクロールで見れます

捉まりを重視した構造となっています。2018年モデルのキャロウェイは、ローグ・ドライバー、ローグ・スターー、ローグ・サブゼロの3モデルのドライバーが発売される予定です。ローグ・スタードライバーが主軸モデルとなり、ローグ・ドロー、ローグ・サブゼロは数量限定で発売されるとのこと。

キャロウェイゴルフ
キャロウェイゴルフ 公式オンラインストア

 

 

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー(2016)

今までのグローレドライバーの中でもけっこう競技ゴルファー向けな感じとなってます。ヘッド形状は洋ナシ形状でヘッドが小さくコンパクトに見えます。

進化したスピードポケット(ソールの溝)と大きい重心角で捉まりが良いです。相当に変な打ち方をしない限り、スライスが出ないのではと思うほどに捉まりが良いです。故に左方向にボールが飛びやすい傾向があります。弾きが良いので、ミート率が高くなります。Mグローレが登場することから、マークダウンして購入しやすくなっています。

最近、私もグローレF2ドライバーを使用していますが、本当によく飛びます。スライスを減らすことができるので、直進性が良くなって、平均飛距離アップできます。とても、オススメのドライバーです。グローレF2ドライバーは、シニア向けなイメージがありますが、全くそんなことありません。クラブ総重量は、若干軽くなってますが、シャフトは引き締まっており、無駄にトルクが多い感じという訳でもありません。M2ドライバー、M4ドライバーを打ってみたら、スライスが増えたという人に向いています。

テーラーメイドゴルフ直販
新規会員登録で直ぐに使えるサービスクーポン貰えます。中古ドライバーを買うより安いかもしれません。
テーラーメイド グローレ F2 ドライバー/GL6600

 

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル

スイートエリアが広いし、弾きも良いし、打点がズレてもかなり飛んでくれます。2016年モデルと比べて、ボールも上がりやすくなりました。全体的なバランスがとれた飛ぶドライバーです。

やっぱり、このドライバーは飛びますね。誰が打っても、飛距離アップを体感できます。テーラーメイド公式ネットショップの口コミでも好評です。名器認定しても良いくらいの安定した飛び性能です。中古ドライバーを買うよりも安くなってます。

テーラーメイドゴルフ直販
新規会員登録で、今すぐに使えるサービスクーポン貰えます。送料無料となっており、中古よりも安い!?コスパの良いドライバー買い替えができます。
テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル 購入はコチラ

 

 

クレイジー CRZ-435 ドライバー | 地クラブ

地クラブのなかでも飛ぶドライバーとして人気が高いモデル


写真:アトミックゴルフ

有名な地クラブです。葭葉ルミが使い始めてから、一躍有名となったドライバーヘッドです。登場したのが、2010年のドライバーですから、既に8年程経過しています。それでも、飛び性能は全く衰えていません。というよりも、最近の新しいモデルのドライバーよりも飛び性能が高いと感じます。トリプルウェイティングシステムという、ソール側に3つウェイトを配置した、絶妙な重心設計となっています。この重心位置のバランス、設計こそが、新しいモデルと比べても遜色ない飛び性能を誇っています。

もともと、jBeamがつくったFXBM-435ドライバーヘッドをクレイジーのシャフトにマッチするように、マイナーチェンジしたのが、CRZ435ドライバーです。jBeamとクレイジーは、以前よりビジネス・アライアンスにより、協業にてゴルフクラブをつくっています。

jBeamでは、FX BM-435というネーミングで、ソールには、jBeamのロゴが刻印されてます。

クレイジーでは、CRZ-435 と名付けられて、ソールには、CRAZYのロゴが刻印されてます。

 

 

カムイ TP-09S ドライバー

フェースに、SP-700チタンを使用した弾き感抜群のドライバーです。本当によく弾きます。練習場で打っていると高反発に間違われる程です。ヘッドが少しこぶりの450cc、洋ナシ型となっており、どことなく懐かしさを感じるドライバーです。地クラブなのですが、純正シャフトが装着されており、インスタントに購入して使えるというところが、地クラブの購入し難さという敷居を下げてくれています。

 

 

SRIXON スリクソンの昔の名器 ドライバー

スリクソンのドライバーは、古くても高性能で、捉まりを抑えられたモデルが多いです。松山英樹が使用してたZR-30ドライバーも古いもですが、既に低スピンで強いボールが打てるモデルとなっていました。純正シャフトもハードなスペックとなっており、近寄りがたいモデルというイメージがありますが、実際はそんなことはありません。古いモデルなら中古市場で格安で購入ができます。セカンドドライバーとして、練習用として使えます。

 

次のページは、2019年モデルのドライバー特長
1 2 3 4

その他、よく読まれている記事

キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフスイングのテイクバック始動の順番... アドレスをしてテイクバックをするときには、身体のどこから動かすのか?どのような順番でテイクバックをしたら良いのか判らなく...
パターヘッド形状の種類と特徴 最近のラウンドで3パットが多く、18ホールで40パット以上となることが増えてきました。パット数が多いと、ショットが良くて...
キャロウェイ EPIC FLASH | 2019年2月1日発売... 更新:2019年01月10日 EPIC FLASH STAR ドライバー試打しました。 キャロウェイ EPIC ...
ゴルフスイング物理学 | 小澤康祐 ゴルフスイング理論の書籍というのは、冒頭にベン・ホーガン、レッドベターのことが紹介されつつ、そこから進化した事柄が書かれ...
テーラーメイド 2019年モデル | M5ドライバー、M6ドライバー... 更新:2019年01月11日 テーラーメイドが2019年モデルをリリースするようです。 2019年1月11日に詳...
2019年 明けましておめでとうございます... 無事に2019年を迎えることができました。 ありがとうございます。 2019年 本年もよろしくお願いいたしま...
ゴルフトレーニングで飛距離アップ 更新:2019年1月1日 ゴルフトレーニングで飛距離アップ 2018年11月からパーソナルトレーニングを...
MグローレとTS2ドライバー比較 テーラーメイドMグローレドライバーとタイトリストTS2ドライバーを打ち比べ比較してみましたので、そのレポートを紹介します...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン