飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

2018年モデルのドライバー考察

スポンサーリンク

2018年モデルのドライバーが登場しつつあります。新たな飛び性能を搭載しているようですが、何が変わったのか、飛ぶのかどうかを考えてみました。

2018年モデルのドライバー特長

毎年、ドライバーは進化してきていますから、当初は驚きだったような構造も当たり前となってきています。ソール側に溝を設けたり、ヘッドをたわませたりするという工夫も当たり前となりつつあります。

低重心+低スピン+カーボンは当たり前

低重心、浅重心(前重心)、カーボン素材の使用は当たり前となりつつあります。ただ、超低重心化が進んでいるので、もともと低スピンなボールが打ちやすくなりますから、重心深度を深くしているドライバーも増えてきています。

 

低重心ドライバーは、当たり前
低重心ドライバーは、当たり前の時代です。低重心だからこそ、飛ばせる構造を持たせることができます。

カーボン素材を使用したドライバー / コンポジット系

カーボン素材を使用したドライバー、つまりコンポジット系ですね。これが、主流となりつつあります。カーボンを使ったドライバーというのは、以前からあります。キャロウェイのレーザーホークとか、FT-9などなど。レーザーホークは、今でいうところの GBB EPIC フォージド ドライバーに近い打感と打音だった記憶があります。カーボン素材を使いながら、チタン合金をじょうずに使っていたドライバーたちです。

コンポジット系のドライバーは、打音が悪い?

人それぞれ感じ方が異なるかもしれませんが、カーボンを使用したコンポジット系のドライバーは、打音が悪いです。空のペットボトルをぶつけたような、「ポコン」という音に聞こえてしまいます。心地よい金属音がしないので、なんか物足りなさを感じしてしまいます。打音の悪さを改善するために、SP-700チタンを使用して、GBB EPIC FORGED ドライバーが登場したりもしました。従来のEPICスタードライバーよりも、EPIC FORGED ドライバーの方が弾きが良いという話も聞きます。SP-700チタン合金の高強度がボールの弾きに繋がっているのかもしれません。

昔からゴルフを続けている、諸先輩方は、昔のドライバーの方が打音が良いし、打感も良かった気がすると感じてる人は、少なくないと思います。ゴルファーというのは、音でもナイスショットを感じているということです。

以前から、コンポジット系のドライバー在った
以前から、コンポジット系のドライバーは、ありました。ですが、やはりチタン合金独特の打感と打音が恋しくなります。

カーボンを使用したドライバーヘッドの目的

ヘッドクラウン部分にカーボンを採用した理由としては、低重心化を図るためです。低重心化が進めば、重心位置より少し上でボールを打ち、縦のギア効果が発生して、バックスピン量を相殺することできます。つまるところ、低スピンになるということです。重心が浅くても深くても、低重心にしたいのは、バックスピン量を相殺するための、縦のギア効果が欲しいからでしょうね。

低スピン

低スピンが打てると飛距離が伸びる、曲り幅が少なくなると言われることもありますが、個人的には懐疑的だったりもします。 強く打ちにいける人であれば、低スピン効果があるのだろうと思いますが、一般的なスイングパワーのゴルファーの場合は、ある程度のバックスピン量が無ければ、ボールに揚力を与えることが難しくなり、低弾道になってしまうか、ドロップボールと なってしまうことが多いからです。

低スピンで低弾道になると、ロフトアップをして、ロフト角を大きくしていきます。ですが、ゴルフクラブというのは、ロフト角が大きくなれば、スピン量が発生しやすくなりますから、理論的には、バックスピン量が増えやすくなるという小さな矛盾を感じる事もあります。

ましてや、腕で振って、調整しているような打ち方だと、ドライバーヘッドは、アッパーブローじゃなくて、ボールに対してレベルに 入っていきますから、余計に弾道が低くなり、ドライバーが上がらないということになり、結果的に飛ばないということになります。 また、バックスピン量が少ないということは、横回転のスピンが発生した場合に曲がりやすくなります。

アイアンは、真っ直ぐ飛ぶけど、ドライバーは曲がるという人も居るかと思いますが、アイアンの場合は、ロフト角が大きいので、 バックスピン量が多くなります。ですから、曲がる打ち方をしていても、バックスピンが横回転を相殺してくれて、真っ直ぐ飛んでいる ように感じるだけです。ドライバーの場合は、ロフト角が小さいということもあり、少しでも横回転が発生すると、曲がりやすいクラブです。

無駄に低重心、低スピンになってないか?
最近のドライバーは、無駄に低重心で低スピンになっているドライバーが多いように感じます。低スピン過ぎて、高い弾道が打てなくなったという人も少なくありません。

一般的なヘッドスピードのゴルファーは、ボールが上がらない?

一般的なヘッドスピードのゴルファーの場合は、低重心で、低スピンのドライバーを使うと、高い弾道が打てないことが多いです。私は、そのような経験をしました。最近であれば、M2 ドライバー 2016年モデルですね。地味に手強いドライバーでした。ロフト角10.5度では、ボールが上がりきらなかったです。ロフト角がHT 12度で、まずまずな弾道でした。ですから、低スピンドライバーというのは、ロフト角を注意しないと、低弾道しか打てなくなってしまうので、注意が必要です。

強く叩けるゴルファーには、低重心+低スピンは最適
強く叩きにいけるゴルファーには、低重心で低スピンのドライバーは、最適でしょうね。バックスピン量を減らして、吹け上がりを抑えて、棒球を打つことができます。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、バルジとロールが無くなった
1 2 3
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン